アトリエ 籠れ美

絵画制作、展覧会、美術書、趣味、その他日常の出来事について
平成27(2015)年5月4日より

アルケミスト双書「錯視芸術」

2018-08-10 05:27:37 | 美術書全般、美術番組
アルケミスト双書 錯視芸術 遠近法と視覚の科学
  フィービ・マクノートン 著 駒田曜 訳
              定価1200円+税 創元社

 線遠近法、空気遠近法、だまし絵、目の錯覚、そういったことについて書かれた本。視覚トリック全般について書かれているので、そうしたことについてはこれ一冊で十分。特に絵画制作者や美術鑑賞をする人にとっては手元にあると便利な本。

 たった59ページしかない本書は手軽そうに見えて、その内容は幅広く、そして深い。筆者の見識の高さが窺える。単に視覚トリック全般について紹介しているに留まらず、20ページの「影 光の不在」や56ページの「現実の捉え方 世界を新しい見方で見る」に筆者の一貫した考えが表れている。

 先週紹介した、同じアルケミスト双書の「黄金比 自然と芸術にひそむもっとも不思議な数の話」に引けを取らない充実した内容で、甲乙つけがたい。

 この「錯視芸術 遠近法と視覚の科学」もお薦めです。よろしかったら、ぜひお読みください。
コメント

アルケミスト双書「黄金比」

2018-08-03 06:37:41 | 美術書全般、美術番組
アルケミスト双書 黄金比 自然と芸術にひそむもっとも不思議な数の話
  スコット・オルセン 著 藤田優香子 訳
              定価1200円+税 創元社

 黄金比(または黄金分割とも言いますが)についてわかりやすく書かれた本は意外と少ない。本書はそんな貴重な一冊。黄金比については、これ一冊あれば十分です。

 65ページと薄い本ですが、必要なことは全て書かれています。図版も多数掲載されているので読みやすい。
 
 黄金比について書かれた何か良い本はないかとずっと探していて、書店でこの本を見つけた私はすぐに買いました。

 この本は別段、絵画制作者向けということではありません。数学や西洋美術に興味のある人の期待にも十分応える内容です。

 とにかくお薦めです。よろしかったら、ぜひお読みください。きっと満足してもらえると思います。
コメント

アート・ライブラリー「カナレット」

2018-07-20 06:30:23 | 美術書全般、美術番組
アート・ライブラリー カナレット 
 クリストファー・ベイカー著 越川倫明・新田健史訳
           定価2400円+税 西村書店

 待望のカナレットの画集を発見! それがこの「アート・ライブラリー カナレット」です。この間、ブックファースト新宿店へ行ったときに偶然見つけた次第。

 でもこのシリーズ、当初は全120巻だったとか。英国ファイドン社との共同出版で(ただし原書は英語)、その日本語版は西村書店が出すということだったらしい。ところが売れずに44巻で頓挫。

 へえーっ、そうだったの。詳しいラインナップは西村書店のホームページで見てもらうとして、あまり画集のない画家が含まれているのでなかなか魅力的です。

 とはいえタッシェン日本語版とかぶる画家もあり、そうなると微妙。果たしてどちらがいいのかは実際に中身を見て判断するしかない。

 全44巻で完したこのアート・ライブラリー、欠品しているものもあるそうですが、まだまだ入手できます。今のうちに欲しい画家のを買っておくのを勧めます。
コメント

「美の巨人たち」と建築(続き)

2018-06-08 06:00:38 | 美術書全般、美術番組


 上記の記事は、今年3月25日の朝日新聞朝刊に掲載されたものですが、やっぱり建築が人気だったのね。

 以前「『美の巨人たち』と建築」(2016-06-26 の記事) で書いたことが当たりましたっ!

 建築は立体物なので、写真よりも、カメラを回した映像の方が良いに決まってますもんね。その方がより理解しやすい。

 でもねえ、最近、建築ばっかり取り上げている印象なんですが(同じく「ぶらぶら美術・博物館」もその傾向強し)。

 もうさんざん有名な西洋絵画はやったものだから、取り上げるネタが枯渇しているときに、建築で番組を作り、かつそれが好評だったら、どんどん続けちゃうものねえ。

 いやー、しかし個人的には、やっぱり絵画か彫刻中心でお願いしたいです。

 さすがにそこまで建築に正直、興味ないです(あー、そういうこと言っちゃいます?)

 っていうか、取り上げる頻度が高すぎません? もちろん建築も偉大な芸術でありますが。

 えっ、何? 私の修業が足りないと。もっともっと芸術全般に深い興味を持てと。仰る通りでございます、反省。
コメント

「江戸の銅版画〈新訂版〉」

2017-06-02 06:07:45 | 美術書全般、美術番組
江戸の銅版画〈新訂版〉 菅野陽 2400円+税 臨川書店

 葛飾北斎の代表作に「冨嶽三十六景」があるが、私は昔からこの作品を見ていて、いつも違和感があった。

 なんか違うなあ、何かが違う。でも何がどう違うのか、説明できない。そんな風にずっと感じていたのだが、本書を読んでその謎が解けた。

 それというのも、もともと北斎は西洋の銅版画がやりたかったのである。ところが司馬江漢が教えてくれなかったので、銅版画制作ができず、悔しくて仕方なかったらしい。

 なるほどと思った。私が長年感じていた違和感は、この「冨嶽三十六景」という木版画のシリーズに、銅版画っぽさ、銅版画の臭いを感じていたからだ。要するに西洋っぽいのである、この「冨嶽三十六景」は。

 本書は江戸の銅版画について書かれた地味な本であるが、なかなか興味深いことが多々書いてある。本格的な研究書ゆえ、興味がないと退屈しがちかもしれないが、美術好きならぜひ一読を勧めたい。銅版画を制作している人なら、なおのことである。

 付)こうした研究書がもっと出版されるといいな、と私は思うのだが、なかなか難しいかなあと。
コメント

「美の巨人たち」傑作選

2016-10-28 06:10:28 | 美術書全般、美術番組
 私が美術番組「美の巨人たち」を見ているのを知った友人から、自分の母親が油絵教室へ通っているから、何か面白そうなのを選んで送ってくれと、何年か前に頼まれたことがある。そこで私は適当に見繕って送ったらとても面白かったと大好評だった。

 当時ビデオに録画して保存していたものをHDD内蔵DVDレコーダーに取り込んで、DVD-Rへダビングしたものだから、画質はかなり悪かった。もちろん今はBDレコーダーで毎週予約録画をしている。

 さてその好評だったDVD-Rのリストを紹介したいと思う。選ぶときに条件にしたのは、面白いのはもちろんだが、幕間劇も十分楽しめるということだった。毎回番組内に、取り上げる作品に関連した寸劇が入るのだが、これがつまらなかったりする。だからそうしたものは候補にしない。つまり番組を通しで見て面白いもの限定で選び、なおかつ出来の良いもの、ためになるもの、という基準で順位をつけた。

 とはいえ私はこの番組を初回から熱心に見ていたわけではなく、最初の1年くらいは見ていなかったし、見始めてからもしばらくは、取り上げる作品が個人的につまらなそうだと思ったら、見ていなかった。今はそんなことはなく毎回見ているが、当時の私には、まだ貪欲さが足りなかった。

 そういうわけだから、熱心な「美の巨人たち」ファンの方は、あまり目くじら立てずに、ご愛嬌ということで。

 では「美の巨人たち」傑作選のリストを紹介。

 ①フラゴナール「ブランコ」
   2005(平成17)年10月8日放送
 ②スーチン「ドアボーイ」
   2002(平成14)年9月7日放送
 ③ジャコメッティ「歩く男」
   2002(平成14)年8月24日放送
 ④バラガン「ヒラルディ邸」
   2003(平成15)年1月11日放送
 ⑤ブラック「ポルトガル人」
   2002(平成14)10月29日放送
 ⑥歌川国芳「みかけはこわいがとんだいい人だ」
   2004(平成16)年2月7日放送
 ⑦ホガース「放蕩息子一代記」
   2006(平成18)年1月14日放送
 ⑧曽我蕭白「群仙図屏風」
   2001(平成13)年12月22日放送
 ⑨東洲斎写楽「三世大谷鬼次の奴江戸兵衛」
   2002(平成14)年5月18日放送
 ⑩藤田嗣治「ライオンのいる構図」
   2006(平成18)年4月8日放送
 ⑪川瀬巴水「新版画」
   2006(平成18)年1月29日放送
 ⑫ヴラマンク「サン・モーリス・レ・シャランセイ」
   2003(平成15)年2月8日放送
 ⑬横山操「炎炎桜島」
   2005(平成17)年10月15日放送
 ⑭スーラ「グランド・ジャッド島の日曜日の午後」
   2001(平成13)年7月28日放送

 と、まあこんな感じです。ということで、私が「美の巨人たち」の放送分で一番好きなのは、フラゴナール「ブランコ」ですかね。ユーモアたっぷりで、面白いし、ためになる。以下バラガン「ヒラルディ邸」までのベスト4は、特に出来がいい。

 こうして改めてリストを見てみると、やっぱり昔の「美の巨人たち」は面白かったなあ、と。もしこの番組の過去の放送分で面白いもの、ためになるものを探している方は、このリストを当てにしてもらって結構です。かなりの厳選です。

 付)最近の「美の巨人たち」はさえないなあ。完全に2週目に入っていて、もはや新規の視聴者が対象で、私のような古株はもう相手にしてくれない(というか、そんな余裕はないというのが正直なところだったりして)。そんなにそんなに新しいネタないものね。切り口変えるったって限度あるし。仕方ないところでしょうか。
コメント

「あやしいルネサンス」

2016-09-13 06:43:07 | 美術書全般、美術番組
すぐわかる 画家別 幻想美術の見かた【改訂版】
 千足伸行著
 2000円+税 東京美術 *写真左

あやしいルネサンス
 池上英洋 監修・著 深田麻理亜 著
 1800円+税 東京美術 *写真右

 書店で安価な幻想美術の画集を探していて、写真左の「すぐわかる 画家別 幻想美術の見かた」しか見つからず、がっかりしていた方に朗報。ついに出た、待望の一冊が写真右の「あやしいルネサンス」だ。

 幻想美術の解釈によるが、写真左の「すぐわかる 画家別 幻想美術の見かた」は、例えて言えば、全ての文学作品はSFだ、の論理に従い(そういうことを言うSFファンも一部いて、それはそれで一理あるのだが)、SFガイドブックに多数の古典文学を紹介するようなもので、何かが間違っている。
 モロー、ベックリン、デ・キリコなどは許容してもいいけれど(それすら駄目って人だって中には当然いるでしょうが)、アングルやゴーギャン、ロートレック、ルソーとなると、もう完全に話が違う。読者はそんなものを求めてはいない。多分に美術史寄りの選択で、偉い大学の先生に任せるとこうなってしまう典型でもある。

 幻想美術といって、一般の人が求めるのは、もっと空想的なもの、今となっては異質な、現代人の目から見れば不思議な、異様なものであるはずだ。そうした欲求に見事に応えてくれるのが写真右の「あやしいルネサンス」だ。
 題名が「あやしいルネサンス」なだけに、ルネサンス限定だが、見る者の想像を刺激し、見る者に読み解くことを要求する作品が満載だ。画家が想像力を駆使して描き出したこれらの世界は、現代人には大変魅力的で訴求力がある。

 さて、この本を買って満足された方も多いだろうが(かく言う私もその一人だが)、掲載作品の大半を知っている人も多いはず(私も八割方知ってました)。とはいえこうして1冊にまとめてあるのはうれしいし便利だ。なあーんだ、知っている作品ばかりじゃん、と言わずに買いましょう。
 個人的には第2弾を希望。ルネサンスは探せばいくらでも「あやしい」作品はあるし、何もルネサンスに限らなくていいから、この視点で見つけてくれればいい。第3弾、第4弾と、行けるところまで行ってほしい。でもそのためには売れないといけない。だからみんな、この本買って。
コメント

吉田博の木版画

2016-08-16 06:45:40 | 美術書全般、美術番組
 今年、2016年の7月10日の日曜美術館は「木版画 未踏の頂へ~吉田博の挑戦~」だった。とても貴重な回で、吉田博の木版画をまとめて見ることができた。木版画だけでなく、スケッチや油彩も見れたのも大きかった。

 何せ私は吉田博の木版画をわずかしか見たことがなかったので、私の中では評価保留だった。良いとは思うものの、もう少し作品を見ないと何とも言えないよなあ、と思っていた。で、今回、番組でまとめて見ることができ、吉田博の木版画は良いなあと実感しました。

 よく考えると川瀬巴水と同時代なので、版元は渡邊庄三郎になるのね。私は川瀬巴水が大好きなんですが、これからは吉田博も私のお気に入りの木版画家になります。渡邊庄三郎って、関東大震災の影響で大変苦労した版元なんですが、川瀬巴水と吉田博という両巨匠の作品を扱えたわけで、その意味では大変幸せな人生だったんじゃないでしょうか。

 でもってこの番組の最後に、「生誕140年 吉田博展」の巡回展が、東京は新宿の「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」で2017年の7月8日から8月27日まで開催されるという告知が。

 狂喜したんだけど、2017年って、来年じゃん。来年まで待たないといけないの? げっ。今すぐ見たいんだけど。しょうがないなあ。来年絶対に行きます。這ってでも行きます(「お金がなかったら、親から借りて行く」の意)。

 もう今年の手帳に、来年の7月に吉田博展があると書き込みしました。それまでは仕方がないので、録画したこの番組を見て溜飲を下げることにします。

 付)滅多にない機会になると思いますので、油絵しか興味のない人も、行けるならぜひ行きましょう。私は図録も買うつもりです。
コメント

「Q&A方式 水墨画制作ハンドブック」

2016-04-13 06:11:06 | 美術書全般、美術番組
 Q&A方式 水墨画制作ハンドブック 斉藤南北著
  発行:可成屋 発売:木耳社
   定価(本体1942円+税)*定価は当時のもの。


 この本は水墨画制作を目指す人はもちろんだが、むしろ、敢えて水墨画を鑑賞する人に推薦したい。Q&A方式なのでどこから読んでもいいし、辞書代わりに使うことができる。

 私も美術館の企画展で水墨画を鑑賞し始めた頃、気になることがいくつも出てきた。そんなとき、たまたま書店でこの本を見つけて、買って読んで疑問が解消した。

 内容は多岐に渡るので、水墨画に関心のある方は一度読んでみてほしい。気軽に水墨画への理解が深めることができる。
コメント

まど・みちおの絵画

2016-04-12 06:48:12 | 美術書全般、美術番組
 去年、つまり2015(平成27)年の9月27日放送の日曜美術館は「まど・みちおの秘密の絵」だった。

 まど・みちおは、50代の、3年半に約100点描き、長い間押入れにしまっていたという。しかしこの絵はどれも質が高く、素晴らしい出来映えだ。私は、まど・みちおが絵を描いていたなんてことは知らなかっただけに、この番組でその絵を見て、ちょっと驚いた。おお、やるじゃん。いい絵だなあと思った。

 まど・みちおの絵が世間に知られるようになったのは約20年前だという。で世間に知られるようになってその絵の評価はどうなのか。私は高く評価されていいと思っているが、果たしてどうなのか。

 とにかくよく描き込まれているのがよい。とにかく濃密なのだ。この異様な濃密さこそが、まど・みちおの絵の特質なのだ。私はもっと作品が見たいと思う。もし展覧会があれば是非行ってみたいし、画集があれば是非欲しいと思っている。

 まど・みちおは再評価待ちの画家である。いったい日本の美術評論家たちは何をしているんだろうか。

 付)どうやら詩画集なら新潮社から出ているみたいです(約3500円)。今度書店で中身を確認してから、買ってこようと思ってます。
コメント