絵画教室アトリエ伊丹ブログ

伊丹市、川西市、西宮市、宝塚市、尼崎市、池田市、豊中市近郊の絵画教室/画塾です。

「チップスター、じゃがいも、色画用紙」

2018年08月16日 | 美大受験クラス

8月中旬。まだまだ暑い日が続いていますが、残りの夏期講習会を充実した時間にしましょう。

先日の国公立対策レッスンでは「チップスター、じゃがいも、色画用紙」(4時間)を描きました。

本日は『縦構図・横構図の与える印象』について。

デッサンでは縦構図と横構図どちらを見る機会が多いでしょうか。おそらく、横構図の方が多いと思います。

これは、人間の目に関係しています。目は横に2つ並んでいるので縦位置よりも横位置の方が自然に感じることができるのです。

縦構図の効果

  • 臨場感の演出・個性の発揮
  • 「空間の奥行き」や「遠近感」や「高さ」を強調する表現

横構図の効果

  • 客観的な構図
  • 安心感や安定感を得やすい

京芸の描写科目でも横構図が一般的ですが、画像のように縦構図の良さを十分に発揮すれば高得点に繋がることがあります。

構図・構成で点数は大きく変動します。縦構図で描いたことのない人は一度チャレンジしてみてください。

  ➡『国公立対策レッスンのご案内

 

『絵画教室アトリエ伊丹ホームページ』  美大受験クラス・描写作品集

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 浪人生から学ぶこと | トップ | 夏期講習会の様子 »
最近の画像もっと見る

美大受験クラス」カテゴリの最新記事