and SOROR のブログ

色えんぴつのアーティストTONと
アートプロデューサーの朱晶による
アートなユニット

☆ おしらせ ☆

TONと朱晶によるアートなユニット
and SOROR (アンド ソロル)  
and SOROR の ホームページ はこちら。

■TON facebook ページできました!
アーティストTON facebook ページ
「いいね」してくださいね!

TONに聞きたいことは? その9

2016年05月31日 | TONに聞きたいことは?
TONに聞きたいことは?をお届けします。


今回の質問はこちら

この作品はどのような主旨で描かれたのですか?

20代か30代女性からの質問。


この作品とは、こちらの作品のこと。



タイトルは
「補色の部屋」


補色(ほしょく)って何?

ざっくり説明します。

色相環というのをご存知でしょうか?
美術の時間などで習ったかと思われます。
円形に色がグラデーションに並んでいるやつです。
学校では12色相環がよく出てくるでしょうか?

その色の円の対角線上にある色というのは
ざっくり反対の色になります。
意外な組み合わせもありますが
これが反対の色になるのです。

この正反対の二つの色は混ぜると
無彩色になります。
無彩色。
白・灰色・黒。

詳しい説明は省きますが
絵の具では、混色して「白」は作れません。
白は光の補色の混色でできるようです。
ちなみに、学童用の水彩絵の具では
「黒」にもならないそうです。

なので、絵の具や画材の混色で再現できる無彩色は
まぁ、ほぼ灰色。
薄い、から、濃いまで、灰色。

補色。
正反対の色。
混ぜたら、灰色。

とりあえず、これだけ知っていただければ
この作品の話はできると思われます。
説明、てきとうなので間違ってるかもしれません。
もっと詳しく知りたい方は調べてみてくださいナ。



作品に戻りましょう。

灰色、ですね。
どんより、灰色です。
女の子の色味も、ほとんどありません。
顔色もかなり、悪いですw

この灰色は、補色の灰色です。

正反対の色が混ざると灰色なら
正反対の感情も混ざると灰色となる。

この部屋には正反対の感情がある。

この部屋から出て行きたいのに、出られない気持ちと
出て行けるのに、出ていかない気持ち。

ネガティブに囚われているポジティブ。
ポジティブに手を伸ばすネガティブ。

女の子の足元には
くるくると絡む植物のような模様。
でも、この模様は女の子には絡んでいない。
そして模様同士も絡んでいない。

絡みつくようで
干渉しない周囲。


唯一、色があるのは
窓の外の世界だけ。
それも、鮮やかな空。

そこは憧れる世界なのか。


空が青く見えるのは
太陽の可視光の波長がうんたらとか
なんとか散乱がどうとか
あるらしいんですが

どこかで聞いた、本当かどうだかよく分からん
「空が青く見えるのはイリュージョン」
という言葉が頭に残っていて
その言葉から、窓の外の空に
「幻想」というイメージも重ねてあります。


正反対の感情に囚われて
身動きがとれなくなる

補色の部屋。


そんな「PAIN」な作品です。


実はもうひとつ、補色が隠されています。

背景の格子模様。

当初、ピンクと黄緑にしようかと悩んだのです。
ピンクと黄緑とは、気持ちの悪い取り合わせですねー。
虫みたい。しかもたぶん 毒があるww

ピンクと黄緑
完全な補色ではないですが、反対の色。っぽい。

私にとって、この2色の組み合わせには
感覚を狂わされる、現実の空間ではない、
そんなイメージがあります。

でも、空と部屋の対比を出したかったので
ピンクと黄緑は断念。

なので、背景の灰色には
ピンクと黄緑が隠されています。




しかししかし
ピンクと黄緑に心残りがあったので(?)
3年後の新作でリベンジ(?)



「真実の隠し場所」

感覚を狂わされた
現実の空間ではない
どこに
この子は
真実を隠したのか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TONに聞きたいことは? その8

2016年05月27日 | TONに聞きたいことは?

TONに聞きたいことは?をお届けします。


今回の質問はこちら

TONさんが痛みを感じる時はどんなトキですか?

20代?30代??女性からの質問。

どんな時だろう・・・

この質問をいただいた作品展「PAIN」の際
作品展意図として掲示していた言葉があります。

その一部。

迷いは痛く
悩みは痛く
嘆きは痛く
失意は痛く
怒りも痛く・・・



この時の作品展のテーマ、
それぞれの作品のテーマの
「痛み」は
これらの「痛み」からきています。

どれが、というわけでもなく
どんな時、というのは難しい。
でも、平たく言うと
プラスでない感情は
「痛み」を伴うと思うのです。


この時の新作は8点。
その中で1番「痛み」が込められているのは
この作品です。



「揺らぎの閉塞感」

この時の作品展の案内状にも使っていた
この作品展を象徴する作品です。

自分で自分の作品を
「あぁ、いい作品だなぁ・・・」と
しみじみ感じられる作品があります。
(親バカ的な?ww)

どの作品もそれなりにそう感じられますが
(でなきゃ発表してない)
いくつかの作品は、もう絶対に描けない
ある意味越えられないものを持った作品があります。

この作品も、そんな作品のひとつです。

この時の「痛み」の全てが込められた
この時の自分自身に、きっと1番近い作品です。

痛みに立ち向かう力もなく
痛みを受け入れる器もなく
痛みに負けることすらできない
あの時の痛みの全てです。

これから先も、きっと大切な1枚です。


でも、実はあんまり人気ない w

人気ないこともないけど、そんなに人気でもない ww

華やかではないよな。
表情もないしな。
おでこ後退しすぎやからやろか!?


自分の思い入れの強い作品というのは
往々にしてそういうことが多い。

なぜだろうかww
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明石市立天文科学館とYENA☆ コラボグッズ登場!

2016年05月23日 | YENA☆
日本標準時子午線上にある明石のランドマーク
明石市立天文科学館
明石ケーブルテレビがプロデュースする
明石発のご当地アイドルグループYENA☆
コラボレーショングッズ登場!

TONの描いた YENA☆のイメージ画が使われています!

天文科学館とYENA☆とTONの夢のコラボ!
強引に自分も入ってみた!!



携帯クリーナー
大きめ
これまでになかったグッズですねー。

どれぐらい大きいかというと
これぐらい



モデル ゆりあちゃん

写真は明石ケーブルテレビさん(Iさん)より
掲載許可をいただいています


ゆりあちゃんが持ってくれてさ、嬉しいんだけどさ
似てないの・・・バレるから・・・ヒヤヒヤ・・・


1個 500円

しかも天文科学館のみの限定販売!!

これまでYENA☆のイベントでしか購入できなかった
YENA☆グッズが天文科学館で購入できます!
むしろ天文科学館でしか購入できません!!

さらに、各メンバー20個ずつの
超限定のようですよっ!!

お気に入りメンバーがなくなってしまう前に
是非、天文科学館へ!!


ちなみに、メンバーのサイン会用のペンケースが
このようなアレンジになってます。



それぞれのカラーのペンと黒と白などがセットになって
それぞれのペンケースに入ってるんですって。

よく見ると、缶バッチも付いてるね。
ちゃんと自分が描かれてる上に付いてる☆

なんかさ、これ、私、超うれしいやん!
ま、全部同じ絵やけどww

水玉で缶バッチ作ってないもんね。
携帯クリーナーじゃなくてキーホルダーでよかったんじゃ・・・

天文科学館のTwitterでも紹介されています。

赤ボールペンは大きさ比較です

多分、グッズ買うだけでもいけると思うです。
思うですが、せっかくそこまで行ってるのですから
プラネタリウムも見ましょうねー。

明石市立天文科学館のプラネタリウムは
稼働日数 日本一!
5月30日には稼働日数20444日になります!!

そして、そこはYENA☆誕生の地。
聖地です!

携帯クリーナを買って
YENA☆と宇宙に想いを馳せるひと時を☆



1枚目の写真を見てお気づきかと思いますが
メンバーのみならず、イエナちゃんもあります。
上段真ん中、薄いピンクの子

イエナちゃんとは
YENA☆というグループ全体を1人の女の子として表した
YENA☆のデビューとともに誕生した
TONのオリジナルキャラクターです。

YENA☆のメンバーじゃないです。

にも関わらず、いつもメンバーと一緒に使って頂いたり
グッズにしてもらったり
ファンの皆様にも愛して頂いている
しあわせな子です。

でもでも、いつも不安です。

売れ残らない!?
大丈夫???


メンバーにいないし
踊らないし
笑わないよ・・・ww


誰か一人なんて選べない!
全員好きなの!!

というあなた!

イエナちゃんが便利です!!

イエナちゃん推し!
というマニアなあなたも!

TON推し!?な方も・・・
そこはイエナちゃん関係ないか・・・?

いや、この際
是非イエナちゃんを!!ww


あぁ、先方にご迷惑がかかりませんように・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TONに聞きたいことは? その7

2016年05月21日 | TONに聞きたいことは?
前回から引き続き
TONに聞きたいことは?をお届けします。


今回の質問はこちら

以前の作品よりも背景の主張が強くなった気がするのは気のせいですか?

大阪府の30代男性からの質問です。


気のせいではありません。
その通りです!


おわっちゃった・・・? ww



いや、本当にその通りでね。

この頃から背景に
描かれている人の背景や
その作品に込められた想いを描くようになりました。

TONの図録には、
初期の頃から2014年までの作品がほぼ載っていますので
それ見ていただくと、変わっていくのがよく分かると思います。

描きたいのは「人」じゃないのですよ。

描きたいのは「感情」だったり
「思い」だったり「思想」だったり・・・
そういうのは「人」だけじゃ描けないものがあって。


あと、単純に
描くのが早くなった。ってのもありますw

大きい作品を描くのに慣れてきて
いろいろ描き込めるようになった!


描くのは早くなっても
どう描くか、どうすれば納得できるところにゆけるのか
というのには時間がかかるので
結局完成までに時間がかかるのは、変わらないw





この質問は2012年の
新作展「PAIN」での質問でした。

この時の新作展は
自分にとって大きな転換期でした。

それまで1番信じていたものが
1番信じられないものになり、
自分の中の「軸」が変わりました。

それでも描くことを選び
向き合うことを選んだ、
そこから生まれた作品たちでした。

この時の作品たちには
これから先、どんなにいい作品を描いても
越えることのできないものがある。

かもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TONに聞きたいことは? その6

2016年05月16日 | TONに聞きたいことは?
このところのTON

絵を描きました

が、まだ何を描いたのか
お見せできません。

もうちょっと先。

いろいろやりたいなー、なこと
考えたり、計画したりしていますが
まだ実行になるか分かりません。

もうちょっと先。


って感じで

ブログに書けること・・・

ない・・・


そうだ、こんな時は

いや、こんな時のために

あったじゃないか、このネタが!


ということで、久しぶりに思い出した
「TONに聞きたいことは?」のコーナー!!

作品展でのアンケートに書いていただいだTONへの質問に
気まぐれに答えるコーナーです。

何回かやると、すぐ忘れてしまう・・・

前に答えてから、1年10ヶ月も経ってる!!(ひどい!)

しかも、これ、文章考えるのにどえらい時間がかかる。
たいした文章でもないくせに、色々考えてしまうので
思ってるより時間がかかってしまうのです。

なので、何回かやると滞ってしまう・・・

でも、ま、思い出したし
他に書けることないし、やりまーす。


さて、今日の質問は

なんで静寂に崩れという名前にしたんですか?

奈良県の小学生の男の子からの質問。




「静寂に崩れ」

作品展「PAIN」の新作
この作品のタイトルです。

難しい質問だな・・・


タイトルを付けるのは難しい。

タイトルで作品を語りすぎたくない。

かといって、作品と離れすぎても意味がない。

作品を語らず、
作品の世界や背景、思考、思想を語る。
そんなタイトルにしたいのです。
そして、作品に語ってもらいたいのです。

作品自体も、同じです。

作品の主題となっているものを
直接的に描きたいわけではなくて
その主題を、TONを通した世界観として
想いとして表したいのです。

そして、見ている方に
作品が語ってほしいのです。


なので、なぜ「静寂に崩れ」になったのかを
事細かに私が語ってしまうと
作品が語らなくなってしまうので
やめておきましょう。


ただ、
静寂の中に崩れ落ちていく音は
やはり、静寂なのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5年ぶりのフェルトしか

2016年05月10日 | TON
現在「とんとろ」展開中の
明石の雑貨屋さん Ayumimi

こちらは、TONのもう1つのキャラ
「しか」ともご縁が深いのです。



「しか」

オリジナル原画は、これですね。

5年前、作品展でこの絵を見たAyumimiさんが
原毛フェルトで立体の「しか」を作ってくださったのです。

あれから5年
お店も始められて
原毛フェルトのアイテムもたくさん作られて

「しか」再チャレンジ!

ってなブログを書かれています
    ↓

Ayumimiさんの「しか」ブログ

かわいい!
かわいいです!!

大きさは手のひらに乗る程度で
ツノをこれ以上小さくできないらしく
何か違う方法がないものか、と思案されていました。

十分かわいいですやん。

確実に原毛フェルトとのお友達度が上がっていると思うのですが
ご本人は、針を刺すスピードが上がっただけ、とか言ってますww


ちなみに、この数日前に、制作中の記事も書かれています
    ↓

Ayumimiさんの「しか」制作中

こ、こぇー。
目、取れかけ、こえぇぇーww

制作途中で
「目と鼻が大きいかも」なんてお話をしたら
修正してくださいました。

すごいね、取れるのね。
もぎ取る、って感じですけどww


原毛フェルト、なかなか面白いね。

以前私も、Ayumimiさんに教えていただきながら
メロンパン作ったけど
美味しそうなメロンパンが作れたもの!

Ayumimiさんには
Ayumimiさん作のフェルトアイテムがいろいろ販売されてますよ。

かわいいものから、謎なものまで。

カレイとかww

また、お店でイロイロ講座もされていますので
これが作りたい・・・とか、直接ご相談してみてください。

詳しいメニューが分からんので
詳しくはお店で聞いてね☆

お店では「とんとろ」もお待ちしていますよ。


「しか」も最近やってないなぁ・・・


                 

手作り雑貨・文具・手芸用品のお店 Ayumimi(アユミミ)

〒673-0886
明石市東仲ノ町11-21 森岡ビル2階

入り口が紫色のビル。表に看板が出てます。

11:00~18:00
水曜日 定休日
その他お休みは、ホームページの営業日カレンダーでご確認ください

HP   http://ayumimi.zakka.cool
ブログ  http://ameblo.jp/zakka-ayumimi/

                 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調子に乗ってます!

2016年05月05日 | お知らせ
ここ最近活動を再開し
このブログにもしばしば登場

写真集なんか出して
写真展までしちゃって
調子に乗ってる

とんとろ

調子に乗ってるついでに

Twitterはじめました!



IDは @artunit_tontoro

ここからもリンクできるかな → とんとろツイッター

ま、とんとろなんで
きまぐれに
たまーにあなたを癒します

愛でてくださる方
どうぞよろしく


ちなみにTONの描くキャラ(ゆるキャラ??)には
「とんとろ」によく似た位置付けの
「しか」なんてキャラもおりますが
キャラクター(性格)としては

「しか」が、TON
「とんとろ」が、すあき

に近いのではないかと思っております

ということで
とんとろTwitterの8割は
すあき(とろさん)となる予定

どうぞよろしく

とろさんも、どうぞよろしく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真集出ました!?

2016年05月03日 | TON
4月23日のブログで登場した

「とんとろ」

(その時の記事 → 「とんとろの箱」

明石の雑貨屋さんAyumimiに出現です!



しかも、写真集出ました!

「とんとろ」の。

とんとろ写真集
「とんとろたびにでる」
出版記念 展覧会です!



今年の2月、旅に出ていた彼ら。

行き先は、英国。ロンドンです。

彼らの小さな魅力と、異国の香りが少し詰まった
ささやかな写真集。

大きさはCDの歌詞カードぐらいの大きさ。

「とんとろたびにでる」
1部 1000円+税 です。



裏には、とんとろのサインと
シリアルナンバーが入っています。



しっぽのクリンとしてるところに、ナンバー。

早い番号を選ぶもよし。
自分のラッキーナンバーを選ぶもよし。
好みの顔の豚を選ぶもよし。です。


出版記念 展覧会

ですからね
壁面には、旅写真が展示されています。

8枚展示しているうち、写真集に入っているのは1枚だけ。
ということは、他の7枚の写真はココでしか見られません。

是非、会場で彼らの勇姿をご覧ください。

写真撮影、OKですよ☆

写真を、写真撮影ww


写真集だけではありません。
今回の旅写真。

生写真も販売です!



5種類あります。

こちらも、生写真にしかなっていないものもありますよ。

しかも1枚はロンドンじゃないものもある・・・
豚が「おるせー」とつぶやいています・・・
パリ・・・??w


そして、生写真には・・・



豚が1匹付いています!

サイン入り、豚扱説明書付き
1枚 300円+税 です。


通常「とんとろ」をする時は
お好きな豚を選んでいただいて
お腹に日付とサインを入れて
1匹 100円 で販売するのです。

が、今回は毎日そこに私がいるわけではないので
購入される豚に、その場でサインを入れることができません。

なので1匹売りは ありません。

その代わり、というわけではありませんが
生写真に豚を1匹付けてみました。

「とんとろ」において
作品は「豚」なのです。

写真集や写真は、あくまで
「グッズ」なのです。

作品も欲しいぞ、という方。
生写真に付いてきます!


しかし、しかし
バラ売りは断念しましたが

お触りはできます!

Ayumimiさんで、TONのコーナーは
机ひとつを使わせていただき
こんな感じになっています。



むむ。

引き出しが・・・



みっしり。

引き出しの中に、豚、つまってます。

こちらで、思う存分お戯れください!!


でも、やっぱり、作品が、
この豚が欲しいねん!

というあなた。

こういうのも作っております。

豚の瓶詰め



すぐに脱走を謀る豚たちが
鑑賞にも、持ち運びにも便利な瓶詰めに!

お好みのお顔はお選びいただけませんが
お部屋や職場でも存分に豚を愛でていただけます。

瓶の大きさ、種類、入っている数も色々。

詳しくはお店でご確認ください。

売り切れ、御免!
であります。


瓶詰めの豚も、生写真の豚も、
その場で書けないので
日付は入っていませんが、
すべての豚に、サインは入っていますよ。


「とん」と「とろ」の
悪ノリ脱力系アートユニット
「とんとろ」

一緒に笑ってお付き合いいただければ幸せです。


おまけ

こんなのも展示してます。



しゃしんみてね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Beyond the PAIN

2016年05月01日 | TON
今日から5月です。

寒い日もあるけれど
それでもやっぱり冬とは違う
緩んだ空気と
柔らかい新緑と
キラキラした太陽の光

なんだか心も軽くなるよう。

さ、カレンダーも新しいページに!


おっと・・・



明るくは・・・

ないな。

どんより、ではないけど

明るい!

では・・・ないな。

毎度こんな感じのこと言ってるけど
基本、TONの絵は
こっち寄りのものが多いので・・・

でもね、でもね、言い訳させて。

この絵、そんなに暗くないのよ。

色は青いし
下の方はぐぐっと暗いし
女の子表情ないし、顔色もあんまり良くないけど・・・

そんなに暗くないのよ!!
(説得力ない・・・)


この作品は前回から今回へ、
2012年開催の新作展から、2015年の新作展へ
つなぐ作品です。

2012年の新作展のタイトルは

「PAIN」

その新作の中で中心となった作品がコレ



「揺らぎの閉塞感」

タイトル通り、閉塞されたこの場所



そこから立ち上がり
踏み出してゆく

そんな気持ちを込めた作品です。

タイトルは「Beyond the PAIN」

下の方の深い青
丸いモチーフは
「揺らぎの閉塞感」のイメージを踏襲しています。

今はまだ立ち上がったところ
でも、あの時とは違うものが
この先には待っている

きっと、ここから明るくなる作品です。


制作裏話

「揺らぎの閉塞感」を描いた時は
背景に悩みに悩み
なんどもなんども色を塗り重ね
絵の具→色えんぴつ→絵の具→絵の具→色えんぴつ→絵の具・・・

そしてやっと完成に至った作品でした。

もうね、こんなん描けない!

今回「Beyond the PAIN」の下の部分に
同じモチーフを同じように入れようと思ったのに

全然ならんねん、同じように!!!

使った画材も、色も、手順もさ

覚えてないもん!

覚えてて、全く同じように描いても
まぁ、同じにはできないんだけど。

なので途中で諦めて
今の方向に転換した。


でもね、同じにならない本当の理由は

自分

なのです。

描き方

じゃなくて。

3年前とは違うのです。

感情も
作品に向かう気持ちも
見えている、物も、形も、色も

3年前とは変わっているのです。

そしてこれからも変わってゆくのです。

作品が明るかろうが、暗かろうが
問題はそこじゃなくて、
誠実に今の自分でありたい。

そうやって、作品と向き合い続けたい。

と、思うのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加