and SOROR のブログ

色えんぴつのアーティストTONと
アートディレクターの朱晶による
アートなユニット

☆ おしらせ ☆

TONと朱晶によるアートなユニット
and SOROR (アンド ソロル)  
and SOROR の ホームページ はこちら。

TON のおしらせ☆
TON 作品 出展
■ART POINT in LONDON
2019年9月24日(火)〜9月29日(日)
espacio gallery(イギリス・ロンドン)

TON 個展
2019年11月16日(土)〜11月21日(木)
TOR GALLERY 2(兵庫・神戸三宮)

2015年 ありがとうございました!

2015年12月30日 | すあき
2015年も残すところ、後1日となりましたね。。。

久しぶりに登場の朱晶です

冬期(逃避?)休暇中のTONさんの姿が見えないこの時期
私は少しのんびりした時間を過ごしています。
この時間を利用して、とっちらかった自室のデスクや
頭の中を整理して、新年に向かう・・・予定です
(予定は未定であり決定ではない)


で、今年の私たちの活動を振り返る・・・

のもいいけど、ま、そんなんええやろってことで
(いいのか???笑)
私・朱晶が今年行ったミュージアムをピックアップ!

してみたところ・・・以下のようになりました。。。
(「」は展覧会の名前 ()の数字は訪れた回数)

      

国立民族学博物館
承天閣美術館「花鳥画展 室町・桃山・江戸 中国宮廷画家の名品」
明石市立天文科学館
明石市立文化博物館(2)
 「特別展 岩合光昭写真展 ねこ」
 「特別展 日本近代洋画への道」
金沢21世紀美術館
大英博物館 British Museum
ヴィクトリア&アルバートミュージアム Victoria&Albert Museum
テート・ブリテン TATE Britain
テート・モダン TATE Modern
コートールド美術館 The Courtauld Gallery
ナショナル・ギャラリー The National Gallery
王立美術院 Royal Academy of Arts「レンブラント展」
ロンドン自然史博物館 Natural History Museum
イギリス科学博物館 Science Museum
旧王立天文台 Old Royal Observatory
ウィンブルドン・ローン・テニス博物館 Wimblrdon Lawn Tennis Museum
神戸市立小磯記念美術館
神戸ゆかりの美術館「受贈記念 中西勝展」
神戸布引ハーブ園
兵庫県立考古博物館(2)
 「阪神淡路大震災20年特別展 地震・噴火・洪水-災害復興の3万年史-」展
 「企画展夏休みこども博物館 こうこはくフィギュア」展
京都国立近代美術館「現代美術のハードコアは実は世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」
京都国立博物館「桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち」
竹中大工道具館(2)
UCCコーヒー博物館
アシックス・スポーツ・ミュージアム
大阪市立美術館「シカゴ・ウエストンコレクション 肉筆浮世絵 美の競艶展」
あべのハルカス美術館「昔も今も、こんぴらさん。─ 金刀比羅宮のたからもの ─」展
香雪美術館(2)
 「絶景 瀟湘八景図 山水画を読み解く」
 「筑前・黒田家が伝えた名宝 福岡市美術館のコレクションより」
福井県立恐竜博物館「開館15周年記念 南アジアの恐竜時代」展
MIHO MUSEUM「夏季特別展 生誕300年 同い年の天才絵師 若冲と蕪村」
兵庫県立歴史博物館「姫路 今むかしpartⅡ」
姫路市立美術館(2)
 「懐かしい風景」展
 「没後20年 ルーシー・リー展 —調和の器・永久の憧れ」
姫路市立動物園
神戸市立須磨海浜水族園 「特別展 須魔怪奇水族園―古今東西!水辺の妖怪」
兵庫県立美術館(3)
 「船越桂 私の中のスフィンクス」展(2)
 「天野喜孝展 想像を越えた世界」
 「パウル・クレー だれにもないしょ」展
 「ニッポンのアニメ・マンガ・ゲーム」展
京都市立美術館
 「ルーヴル美術館展 日常を描く —風俗画にみるヨーロッパ絵画の神髄」
 「マグリット展」
吹田市立博物館「大学生による館収蔵品展」
京都国立博物館「琳派誕生400年記念特別展覧会 琳派—京を彩る」
大阪歴史博物館「特別展 唐画もん -武禅に閬苑、若冲も」
静嘉堂文庫「金銀の系譜 〜宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界〜」
根津美術館「コレクション展 物語をえがく —王朝文学からお伽草子まで」
国立科学博物館「ワイン展 ぶどうから生まれた奇跡」

      

お仕事で訪れた
ちょっと立ち寄った
小規模のギャラリー とかとか、は除いたものの

ミュージアムを訪れた回数は49回

ミュージアムの数としては44館

見た特別展の数は32

んー多いのか少ないのか・・・
ま、こんなもんかなぁ・・・

平均すると月に4館は行ってることになりますが
1番多い月は、2月の12館
でも、11月はゼロ!
(理由はご想像ください・笑)
極端ですね

でも、自分のスケジュール帳を見てると
なんかもっと行けたんじゃない?
って感じも・・・

この中で個人的に印象に残っているのは
兵庫県立美術館の「船越桂 私の中のスフィンクス」展

姫路市立美術館「ルーシー・リー展 —調和の器・永久の憧れ」

どちらも震えるほど感動する作品に出会えて
心がワクワクして、涙が出そうになりました。
すてきな作品に出会えると、心がリフレッシュできるのですよね。
そして、とてもとても嬉しくなる。

「船越桂」展は、どうしてももう一度作品を見たくなって
会期終了ギリギリにもう一度行きました。

会場の最初に展示されていた作品から目が離せなくて
多分その前に1時間以上いました(笑)
でも、離れたくなかった。
ずーっとずーっと見ていたかった。
監視の方の椅子を借りて座ってたいくらい(笑)
何がそんなに惹き付けるか分からないけれど
今、思い出しても心が熱くなる、
そんな私の心に響く作品でした。

「ルーシー・リー展」も
最初のコーナーにあった作品にやられました(笑)
元々どんな作品を作る方か知っていたはずなのに
自分の認識の上を行くような世界に
心がしびれるような感覚がしました。



なんかこういう振り返りも面白いですね
自分の1年を思い返すみたいで

さて、来年はどれくらい行けるかなぁ・・・

もうすでに、アレとコレは行こう、とか
この日にコレに行く、とか
決まっているものもあります(笑)

皆様はどんな1年でしたか?
良いお年をお迎えくださいねー

コメント

お休みいただいています。

2015年12月23日 | TON
皆様お久しぶりです。

ブログの更新を気にして
時々覗きに来てくださっている皆様。

あれー。まだ更新されてなーい。
な日々が続きまして申し訳ありません。

TONは一体何をしているのかといいますと・・・

新作展が無事終わり、
片付けをしたり、お手紙を書いたり、
年内にしなければいけないことをやってしまい・・・

只今、毎年恒例の、冬季長期休暇中です!

ご存知の方は、
あぁ、あれね。
と、失笑していただければ喜びます(喜ぶの!?)

アーティスト「TON」はお休み。
年に一度、本名の自分で過ごす時間。
某所で満喫しております。

元気です。

いつもと違う思考を働かせ
いつもと違う環境で
いつもと違うたくさんの人と接するこの場所は
1年の終わりに、私にとって大切な時間となっています。

そこに私の居場所を与えてくださる皆さまに感謝しています。
そして今年もお騒がせしております。
あと少し、お世話になります!


世間はクリスマスムードなのでしょうか。
あまりにクリスマスに関わりなく過ごしすぎなので
新作展の時にいただいたクリスマス飾りを
お部屋に飾っています。
ありがとうございます!!

そしてクリスマスはこの方たちが主役!


良い子にはプレゼントが届く、のか?
大丈夫か!?


そしてそして、年賀状の季節です。
皆様書きましたか、年賀状?
私は現在進行中。

年賀状は25日までに出しましょうねー!ww
コメント

Ayumimiさんにもカレンダーあります

2015年12月05日 | お知らせ
2016年のカレンダー。

明石の雑貨屋さんAyumimiでも
販売始めました。

Ayumimiさんでは、TONのグッズを扱っていただいています。
全種類ではありませんが、
その時々でテーマに合わせた展開をしています。

現在は、宇宙シリーズのポスター(手描きのマット仕立て)を展開中。

マット部分が手描きのため、1点ものです。

年が明けたら次の展開を考えたいなぁと思っていますので
宇宙シリーズ手描きマット仕立て、
欲しいなとお考えの方、お早めに。

ちなみに既に木星はお嫁に行きました。

Ayumimiさんの一角は
TONコーナーにしてくださっています。



こんな感じ。

そこにカレンダーも展開中。



下が鏡なので
撮影者(TON)写り込んでます!


明石にお立ち寄りの際は
覗いてみてください☆


               

手作り雑貨・文具・手芸用品のお店 Ayumimi(アユミミ)

〒673-0886
明石市東仲ノ町11-21 森岡ビル2階

入り口が紫色のビル。表に看板が出てます。

11:00~18:00
水曜日 定休日
その他お休みは、ホームページまたはブログでご確認下さい。

HP   http://ayumimi.zakka.cool
ブログ  http://ameblo.jp/zakka-ayumimi/

               
コメント