and SOROR のブログ

色えんぴつのアーティストTONと
アートディレクターの朱晶による
アートなユニット

☆ おしらせ ☆

TONと朱晶によるアートなユニット
and SOROR (アンド ソロル)  
and SOROR の ホームページ はこちら。

■TON facebook ページあります!
アーティストTON facebook ページ
「いいね」してくださいね!

TON のおしらせ☆
■TON 作品 出展
アートカクテル主催第1回公募展
オーディエンス賞受賞グループ展
MUCH MUCH MORE
2018年8月18日(土)〜26(日)
13:00〜19:00
日曜17:00まで  火曜・水曜はお休み
ART COCKTAIL

すあき のおしらせ☆
■工作ワークショップ&インスタレーション
「海の生き物をつくろう!!」

2018年8月16日(木)10:30〜17:00
(工作の最終受付は16時半まで)
場所:スタジモにしのみや
参加費:1人1回500円 (申込み不要)

■日本美術ワークショップ
「絵巻物をつくろう!!〜鳥獣人物戯画のひ・み・つ」

2018年8月21日(火)10:30〜12:00
場所:スタジモにしのみや
参加費:1人2000円 (材料費込)
お申込み:スタジモにしのみや応募フォーム

3月10日のとんとろ YENA☆もなちゃんの誕生日

2018年03月10日 | とんとろ

きょうのとんとろ

 

個展、年末年始、学年末・・・
など、色んな理由を付けて
すっかり滞っております

きょうのとんとろ

しかし、しかし
これはやらなくては!

YENA☆もなちゃんのお誕生日!

ギターの上にズラり。
多分、重いよww


最近は髪型がツインテールに変わってますが
それもかわいい。

全然雰囲気が変わる。
かわいい。

もなちゃん
お誕生日、おめでと☆ 




お誕生日シリーズは滞っておりますが
とんとろはきょうも楽しく生息しています。

そのうちまた違ったかたちでも
何かやろうとしているようです。
気長にお付き合いいただければと思います。

コメント

11月21日のとんとろ YENA☆まりんちゃんの誕生日

2017年11月21日 | とんとろ
きょうのとんとろ



ひさしぶりの
YENA☆ × とんとろ
勝手にコラボ企画

まりんちゃん!

ベースの先っぽの星に入れようかとも思ったのだけど
思い切って髪飾りに入れちゃいました!

ちっちゃい星に
2匹。

これならYENA☆的にも
セーフでしょう!

かわいく入った☆




ステージではいつもニコニコだけど
ちょっと控えめに笑ってたり、
笑ってなかったり、
な表情の まりんちゃんも魅力的。

オフィシャルに上がってた
バースデーな写真、好きだな。

まりんちゃん
お誕生日、おめでと☆
コメント

10月25日のとんとろ ピカソの誕生日

2017年10月25日 | とんとろ
きょうのとんとろ



ピカソといえば
キュビズムな作品に入れたいよね。

でも、キュビズムに丸いとんとろって・・・
キュビズムじゃないやん!

どうするんやろ?

と、思ったら、こんなことになった。

色が合いすぎて、なんか、
違和感はあるねんけど、なんか、
なんやろねww

とりあえず、ドヤ顔感が腹立たしいww


この作品「アビニヨンの娘たち」は
後のキュビズム革命の発端となった作品。

なので、まだ、カクカクしすぎてないので
入れやすかったかな。

「泣く女」とか、どうやって入れたらいいのか・・・w
コメント

10月24日のとんとろ ブルーノ・ムナーリの誕生日

2017年10月24日 | とんとろ
きょうのとんとろ



ブルーノ・ムナーリはイタリアの
美術家であり、グラフィックデザイナーであり
プロダクトデザイナーであり、絵本作家でもあり・・・
な人です。

朱晶さんは子供のころ
絵本が好きでして
家にもたくさん絵本がありました。

その中に、ブルーノ・ムナーリの絵本もあったそうで
だから とんとろ でもやったのだけど・・・

何!この写真!!
とんとろにピッタリだし!!

もともとは、なんか、貝?
巻貝?大きな。のを持ってまして。

普通なら、作品か、絵本ならその表紙だとか
そういうのに入れるのに
あまりに素敵写真だもんで、
本人の、しかも、貝に、とんとろ入れちゃいました。


私、とんは
ブルーノ・ムナーリと言われても
全くピンと来ず、
このブログを書くにあたり
どんな絵本があるんだろうかと調べていたら

んんんん?

見覚えのある画像を発見!

私は絵本は好きではなかったけど
時計が好きです。
腕時計。

今もちょっと変わった時計とか好きなのだけど
大学時代はたくさん持ってました。

高級時計じゃなくて
ちょっと変わった時計、ね。

その、時計を、発見!!!

ネット上から画像を拝借。



スウォッチ。

針や、文字盤(?)はとてもシンプルだけど
文字が・・・バラバラ?

文字部分だけ、それぞれ丸いパーツに分かれていて
カチャカチャ動きます。
動くたび、カチャカチャカチャカチャいいます。

正直、文字が邪魔で、時計が読みにくいww
でも、こういうデザイン感、好き。

なんとこの時計、ムナーリのデザインだったそうです。

今はもう、ベルトが切れてしまって使えないけど
長く愛用していた時計でした。
懐かしい。

急に親近感。
コメント

10月20日のとんとろ 頭髪の日

2017年10月20日 | とんとろ
きょうのとんとろ



頭髪の日らしいので
髪の毛、描いときました。

左のような、前髪があるのは
これまでも何匹かいた気がしますが
右のような、巻き毛の前髪は
新種です。

意外といけますな。


本当は、紙で髪を作って
付け毛的に?ズラ的に?
髪をつけようと思ったのですが
想定のようにうまくできず。

あまりにうまいこといかんもんだから
フラストレーションからか
とろさん、暴走。



アグレッシブ!

弁髪???
コメント

10月13日のとんとろ さつまいもの日

2017年10月13日 | とんとろ
きょうのとんとろ



なんか平たいとんとろが・・・

さつまいも、というか、
ツチノコかなんか??

この子は最初の頃からいる気がする。


さつまいもの日をやりたいから
さつまいもを買ってこよう!

と、思っていたら

冷蔵庫にさつまいもが出現!

母が買ってきたようです。

ナイスタイミーング!!




撮影の後はおいしくいただきました。

注:画像はイメージです。
コメント

10月11日のとんとろ ウィンクの日

2017年10月11日 | とんとろ
きょうのとんとろ



ウインクしてる子
確かいたはずなんだけど
探すのめんどくさい大変なので
描いた。

新入りです。

ついでに、後ろ子も
描いた。

ウィンクじゃない!


ちなみに、TONは
ウィンクが下手です!!
コメント

10月10日のとんとろ ジャコメッティの誕生日

2017年10月10日 | とんとろ
きょうのとんとろ



なにしてんだ?

ジャコメッティごっこ??

一番下の子が大変そうですよ!


ジャコメッティ、いいよね。

スレンダーボディー、いいよねー。
コメント

10月9日のとんとろ ミュージカルオペラ座の怪人の誕生日

2017年10月09日 | とんとろ
きょうのとんとろ



前日の「レ・ミゼラブル」に続き
ミュージカルネタ。

「オペラ座の怪人」

何?
なんのつもりだ?

ファントムごっこらしいですww


オペラ座の怪人(以下ファントム)も
超定番ミュージカルですね。

こちらも映画にもなりました。

昨日のレミゼが世界1ロングランミュージカルなら
こちらは、世界2位であります。

ブロードウェイだけの記録なら
ファントムの方がロングランで
現在も記録を更新中。

日本では劇団四季が
こちらも、日本のどこかでは常にやってるんじゃないか?
ってぐらいやってますね。
今度、京都に来るようです。


ファントムは劇団四季で何度か観ていて
四季版のCDをよく聞いていたので
音楽で内容が分かっている。
しかも歌詞も覚えている。

ということで予習もなしに行ける。
2回目のロンドンで観てきました。

この時は予定していたわけではなく、
現地で急遽決めて行きました。

そんないい席じゃなくてもいいから
後ろの方でいいから
雰囲気を感じに行こう!

と、行ったら・・・



視界がこんな感じww

柱があるし
2階席のせり出し部分で
舞台の上の方が見えないww

最初のシーンで、上の方にいる
オークショナーが・・・
ギリっギリ・・・見える・・・か?

そして、1幕最後の見どころ
舞台の上部、舞台の枠の外側の
金色の天使の彫刻の辺りで
怒り狂うファントムが・・・

いるはず・・・(見えない)

そもそも、最初から
金色の天使、見えてない。

そして、怒りに任せて
「Goーーーー!!!!」
とシャンデリアを落とすシーン。

客席真上のシャンデリアが・・・

???

「Goーーーー!!!!」

???

どこだ?
どこだ??ww

舞台に到着する頃
やっと見えたww


歌、うまい。
オーケストラも、よい。
衣装も、豪華。
会場の雰囲気も、とてもよい。

しかし・・・どこか覚めた頭で観てしまうw

舞台に飲み込まれない・・・

あかんww

せめて2階席が視界に入らないところで観よう。

教訓です。



ちなみに、ファントムの初演は
マイケル・クロフォード。

しかし、ウェストエンドの初演の前に
シドモントンで上演されたプレビュー公演では
コルム・ウィルキンソンがファントムを演じています。

レミゼの時熱く語った、
TONの大好きなおじいさん。
(当時はまだおじいさんじゃないw)

ファントム役をコルムに、というオファーがあったそうですが
ファントム初演は、レミゼの1年後。
その頃はまだコルムはレミゼに出演中のため
ファントムを断ったそうです。

ま、あれ、両方は無理よね。

初演のクリスティーヌは、サラ・ブライトマン。

個人的な印象では
サラ・ブライトマンとの組み合わせは
コルムよりマイケル・クロフォードの方が
合ってたんじゃないかなぁーと思う。



先月の「ミス・サイゴン」に続き
昨日の「レ・ミゼラブル」、
今日の「オペラ座の怪人」・・・

あぁ。
舞台、観たくなってくる。

とりあえず先日買った
ミス・サイゴン25周年のDVDが観たい。
コメント

10月8日のとんとろ ミュージカル「レ・ミゼラブル」の誕生日

2017年10月08日 | とんとろ
きょうのとんとろ



とん と とろが
ミュージカルが好きなため
時々あらわれるミュージカルネタ。

レ・ミゼラブル(以下レミゼ)は
ミュージカルを多少好きな方なら絶対知ってる
超有名作品。

映画にもなったので
ご存知の方も多いと思われます。

そのレミゼの中の
代表曲のひとつ
1幕の最後の曲
「One Day More」を
とんとろで再現です。

元ネタが分からないと
なんにも分からないので
webに転がっている写真を
勝手に拝借してまいりました。
オーストラリアのカンパニーかなんかの写真。



こんな感じ。

学生たちと民衆が三角形の形に並んで
先頭の赤いベストの学生(アンジョルラス)が
銃を振り上げ
三角形の一番後ろで
大きな赤い旗を振る。

これを見れば、
「One Day More」だと分かるのです。

本当はアンジョルラスの隣にマリウス、
帽子を被ったエポニーヌ、
後列に肩車をされたガブローシュが欲しいところですが
とんとろでは、無理w

ギリ、アンジョルラスの銃と
赤い旗をなんとなく再現。

なんとなく、レミゼっぽく
「One Day More」っぽく
なった、かな?


1985年ロンドンのウエストエンドで開幕したレミゼは
今も上演を続ける
世界一のロングランミュージカルです。

映画にもなったので
それを見れば内容が分かるし
オペラ形式のミュージカルなので
歌で全てが語られるので
音楽を覚えてしまえば
だいたいの内容が分かる。

(お芝居が多いと
 英語のセリフが全然分からんので
 ついていけないw)

というわけで、初めてロンドンに行った時
見てきました、レミゼ。

まず映画を見て予習。
あとはとりあえず曲を覚えるために
YouTubeの動画をひたすら見て予習予習。

ちょうどいい感じに
衣装を着たキャストが歌う
ガラコンサートの動画を発見。
舞台の最初から最後までカットなしに2時間半もある動画で
英語の字幕付き。
歌もうまいし、ストレスなし。

これをひたすら見まくって、聞きまくって行って、
ロンドンでもお宿でもずーーーーっと聞いていました。

おかげで、ストーリーに置いていかれることなく
楽しく観劇。
満足、観劇。

帰国後、レミゼについて調べる(遅い)
と、どうやら、この予習に使った動画は
レミゼ10周年を記念して開催した
ガラコンサートの動画で
主役のジャン・バルジャン役のコルム・ウィルキンソンは
初演のジャン・バルジャンの人でした。

そりゃ、うまいはずよ、あなた。
だって、このバルジャンの曲は
コルムに合わせたキーになってるし
(とても高い)
バルジャンのソロ「Bring Him Home」は
コルムのために書かれた曲だというじゃないか。
コルムがいなかったら
こんなにロングランな作品になってなかった
って言っても過言ではない。

すごい。
めっちゃいいの、聞いてた。

そして、そこからいろんなキャストのレミゼを物色。

あかん、あの10周年のやつ、良すぎる。
ジャベール役のフィリップ・クォーストもめっちゃくちゃいいし
コルムと声がとても合う。
たまらん。

と、どハマりする。

そしてそこから、コルム・ウィルキンソンにハマり
YouTubeで物色する日々。

すると、なんと2ヶ月後に
来日コンサートをするらしい。
もちろん、初来日。

マージーでー!???

帰宅した朱晶さんにおずおずと

「ねぇ、ねぇ、コルムさん
 2ヶ月後に来日コンサートするらしいで」

と話すと

「行くで!」

と、即答。

ホントに即答。
10秒なかった。

だって、ですね。
コルムさん、現在、もう70歳を越える
おじいさんです。
表に出る機会もそう多くありません。
それが、コンサートです。
しかも、日本。
しかも、大阪にも来る。行ける!
生でコルムさんの歌声が聴ける!!
信じられない!

コルムさん、すごーい!
コルムさん、うまーい!
コルムさん、かっこいいー!
とか思いながらYouTube見てた時に
そんなこと想像もしてなかったよ。

そして、何、このタイミング!
もう、聞くために(見るために)
来日するんだとしか思えない!

これを逃したら、きっと、もう
一生こんなチャンスは訪れない!

そんなのを見ない訳があるだろうか。
いや、ない!!!(反語)


そして、行ってきましたコンサート。

大阪公演は2日あったのですが
両日とも行ってしまった・・・

いや、行ってよかった。
2日とも行ってよかった。
行ってなかったら後悔してた。



ポスターに「奇跡の来日」って書いてあるけど
ホントに奇跡だと思う。

コルムの年齢と体調を考えても
本当によく来日したなぁと。
(ウラでどんな力が働いたのか・・・ww)

そしてそのタイミングでコルムを知った
自分たちにとっても奇跡の出会いだった。

大げさに言うと
コルムとの出会いで
自分の視界が大きく変わった。



彼の奇跡の歌声から

私の今も、始まった。


コメント