ぽてと倶楽部

じゃがいも伝来の地 『長崎』
雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。
ここ愛野町は北海道に次ぐ「ポテト王国」です。

蕎麦の種蒔き

2022-09-11 | そば栽培
台風11号の接近していたことで
延期していた蕎麦の種蒔き。





畑の土も十分乾燥していたので
きょう早朝から再度耕起して、
管理機を走らせ往復を繰り返して轍をつくる。





その轍に種を蒔いていくわけですが、
種の玄蕎麦が小さくて
どれ位蒔けているのか非常に判り辛い。

いちいち間引きまではしないので
出来るだけ薄めに蒔いたほうが、
大きく成長して収量も獲れるんですね。





最初は念入りに蒔いていくのですが、
額からの汗が目にはいったりで
次第に集中力も切れて・・・

そんな時は
十分な休憩をいれながら水分補給です。





仕上げは足で蹴飛ばしながら
土を軽く被せたら終了。

久しぶりに汗だくになるほど
きょうは暑かったです。

今年も大晦日の年越しそばは
完全無肥料、無農薬自家栽培のそば粉で・・・





お隣りのTさんのハウスでは、
今年もすでにラナンキュラスの苗が。





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。

コメント    この記事についてブログを書く
atcchinさんの出品
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 季節外れの・・・ | トップ | ジャガイモ畑の土づくり »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿