ぽてと倶楽部

じゃがいも伝来の地 『長崎』
雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。
ここ愛野町は北海道に次ぐ「ポテト王国」です。

ご飯のお供に

2022-08-03 | よもやま話
先日、大阪豊中のZさんが送ってくれた野菜の中で
初めて食べたのが「かぐら南蛮」という唐辛子。

新潟県山古志に古くから伝わる野菜だそうで、
見た目はまるでゴツゴツのピーマン、
中身は極辛の唐辛子という独特な野菜です。





かぐら南蛮の食べ方は、
ネットで検索してみると様々あるようで、
Zさんお薦めの食べ方がかぐら南蛮の佃煮とかで、
ご丁寧にレシピも同梱されていた。

(かぐら南蛮の佃煮、写真撮るのを忘れて気が付いたらお腹の中でした)

また、地元新潟でよく作られているという「かぐら南蛮みそ」






味噌和えにするだけで簡単に作れるのが良いらしい。

さすがに山古志の米どころに伝わる野菜とあって、
どれも白いご飯との相性がピッタリ。(もちろんお酒にも!)


ご飯が大好きな孫のKENちゃんにはまだ無理だが、
ピリッと爽快な辛さが自分好みだというママ、
この暑さで食欲が無いなかでご飯が進みますとか。

辛さの調整をするには、
混ぜ込む種の量次第というからまた面白い。


珍しくて美味しい野菜を
いつもありがとうございます。





「長崎の変」とは?長崎の新たな変化やチャレンジを応援し、
その魅力を発信するプロジェクトです。

コメント    この記事についてブログを書く
atcchinさんの出品
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 早めに切り上げて | トップ | 猛暑の中でガレージセール »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿