ぽてと倶楽部

じゃがいも伝来の地 『長崎』。
雲仙普賢岳の裾野に広がるじゃがいも畑。
ここ愛野町は北海道に次ぐ「ポテト王国」です。

いつの間にか・・・

2020-09-24 | よもやま話
敬老の日の主役に。




年少組のmoちゃんより




小一のYou くんより




小三の I ちゃんより


まったく認識はなくても
孫たちが幼稚園に通いはじめると
いつの間にか ❝敬老の日❞ の対象者なのです。

これから先もずっと?

お手紙ありがとう。


でも、
どうしてオカンが先なんじゃ?


注)わが家では、事務局長はオカンで通しています。




  ←クリックで応援をおしいします。

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 密を避けて・・・ | トップ | 予約受付開始しました »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mirapapa)
2020-09-24 11:07:26
敬老の日の対象にされると、急に年寄り気分になってしまいますね(笑)
でも、こういうプレゼントは励みになりますね!
mirapapa さん (atcchin)
2020-09-24 12:11:23
順番からいくと仕方ないですよね。
これから運動会や幼稚園のクリスマス会とかの誘いの手紙をもらうはずですが、
どうも今年はコロナ禍で、保護者だけに限定になるようです。

動ける若手が欲しいらしく、地区の老人会やお寺の壮年会とかのお誘いがありますが、
「まだ、まだ・・・」と言いながら断るのが大変なんです。
mirapapa さんのほうはそういう誘惑はないんですかね。
Unknown (mirapapa)
2020-09-24 16:05:59
ウチは小さな自治会なので、ある程度の年齢になると、否が応でも、男は壮年会、女は婦人会に入ります。
でも、高齢者ばかりで、自治会イベントもしづらく、町のイベントへの参加もなかなかできないので、壮年会といえば飲み会のようなものです(笑)。
私も60を過ぎてからは、お寺や神社の行事にはできるだけ参加をしています。
行かないと、人がいなくなるので(笑)。
mirapapa さん (atcchin)
2020-09-24 23:16:54
こちらもそんなに大きな自治会じゃないんですが、
任意の有志で中老会を組織しています。
老人会はまだで、現役を退いた中年後期に位置する年代といったところでしょうか。
男たちの料理で男たちだけの飲み会が主です。

お寺もすぐ近所にあり、境内は小さい頃からの遊び場でした。
住職も若返ったことで、寺に若者が集まるイベントをよく企画されて、
イベントの加勢には行くことが多いです。

コメントを投稿

よもやま話」カテゴリの最新記事