不適切な表現に該当する恐れがある内容を一部非表示にしています

真夜中のカップらーめん

作家・政治史研究家、瀧澤中の雑感、新刊情報など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

松本冶一郎の丁寧さ

2011-07-05 01:01:56 | Weblog
以下は、全国や解放同盟の生みの親、育ての親であり、
参議院の副議長を務めた、松本治一郎のエピソードである。

若い記者が、参議院の食堂で食事をしていた。
そこに、松本治一郎も食事をしにきた。
足が少し弱っていた治一郎は杖を持っていたが、立て懸けてあったイスからパタン、と杖が倒れた。
若い記者はそれを拾って、松本治一郎が座っている近くのイスに立て懸けた。

すると。
松本治一郎は、起ちあがってわざわざ記者のところに行き、
「お手数をかけた。ありがとう」
そう言って、膝に両手をつけて、頭を下げた。
社会党の大物議員であり、
参院副議長経験者でもある人物のあまりの丁寧な対応に、記者はびっくりした。

また、松本は自身が差別と闘ってきただけに、
他人に対しては決して差別は行わなかった。
ベテランの記者だろうが、新人の若い記者だろうが、対応は変わらない。
「なにを聞いても、きちんとした言葉で、丁寧に対応した」
とは、当時、産経新聞の記者だった俵孝太郎氏の述懐である。

さて。
この松本治一郎の孫が、今回の復興担当大臣である。

もはやおわかりかと思うが、もし、松本治一郎が復興担当大臣で、2分足らず待たされたからと言って、立場の弱い、復興をお願いする側の県知事を、
「客を待たせるとは、何事だ!」
などと、チンピラヤクザのように脅すことはなかったろう。

彼を弁護する人は、やれ「親分肌だ」、やれ「現場に一番足を運んでいる」、やれ「進まない復興にイライラしていた」と言う。

まず、本当の「親分」というのは、身内のために身を捨てるだけではなく、治一郎のように敵以外の誰に対しても丁寧で親切である。身内にだけウケる「親分肌」など、所詮小者の恰好つけにすぎない。

「現場に一番足を運んでいる」というが、当たり前ではないか。復興担当前は災害担当大臣だったが、災害担当が現場に行かない方がびっくりする。

「進まない復興にイライラしていた」とか、「知事を励ます意味があった」などという、本人を含めた周囲の話を聞いて、「ああ、この人は、子どもなんだ」と、納得が行った。
子どもは、自分が正しいと思えば、周囲がどんな思いをするのかなど気配りはできない。
もしそれまでの経験で、怒鳴ったり、たしなめたりして事が進んだ経験を持っていると、子どもはそれでいいと勘違いする。

子どもだから、尊大で不遜なのだろう。
子どもだから、「許してやれ」という話も出てくる。

祖父の松本治一郎とまでは言わないが、せめて、
大人の対応をしてみてはどうか。

「九州の男だから」とか「B型だから」といった幼稚な「反省」コメントには、評論する価値も見出せない。
総理の地位にしがみつくガキ大将に、
お客様扱いされないと、怒りまくるガキ大臣。
嗚呼、大人の政治、大人の政治家は、いつになったら出てくるのか。

これだけ政治家の劣化が進んでいるということは、
立派な政治家を見出すことを、政党に任せるだけではなく、
私たち自身の手で行わねばならない時期に、来ているのかもしれない。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「死に方」を考えよう | トップ | 試される、国民の見識 »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事