あたぴぃのらくがきちょう Online

わりと徒然なるあたぴぃの日記。細かい情報ブログは目指してません、ご了承くださいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Windows 7: 初ブルースクリーン

2009-10-17 23:47:44 | デジタルな生活
新しい Windows が出るたびにとりあえず酷使するあたぴぃさん。
「パーツの保証範囲内で」ムチャをして Windows を落とします。
今日、初めて Windows 7 のブルースクリーンを見ました。
発売日前に壊したぜイヤッハーとか叫んでる場合でなくて。

ブルースクリーンというのは、Windows が動作できなくなるほど
システムに大きなトラブルが生じた時に出る、強制終了画面。
Windows ごと強制終了なので、作業中のデータは全消滅。
テスト使用でもなければ、一度たりとも拝みたくない画面です。

今回、ブルースクリーンの詳細をメモる時間がなかったのですが、
イベント ビューアーによると、どうも「スリープ」の不具合かと…。
Windows が (長時間離席とかで) 自動スリープに入ろうとしている時に、
スリープを解除するイベントが偶然重なって発生してしまい、
その時に複雑な何かが発生してブルースクリーンになったと思われます。

予想通りの原因なら、再現性が低そうなブルースクリーンなので、
Windows 7 の信頼性に文句をつけるほどのことではなさそうです。
また、RADEON HD 5750 の不具合でもなさそうな雰囲気です。

とはいえ、Windows 7 を落としちゃいました、という謎めいたお話。
あらゆる環境で Windows を完動させるのは難しいものですよね。

-----

[2009-11-07 重要な追記]

その後、ブルースクリーンが一度再発し、今度は画面を見られました。
どうも、「RADEON HD 5750 のドライバ不具合」ではないか、
というのが青い画面を読んだ結果の暫定判断となっています。
詳しいことについては、11 月 7 日の日記 をご参照ください。

Windows 7 のスリープ機能自体には、どうやら不具合なさそうです。
本文中で Windows 7 を疑いましたが、おそらくハズレ…です。
結論修正ということで、お騒がせいたしました。お詫びして訂正いたします。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボールペンに詳しい人を知る | トップ | 体調面の整理をかける日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

デジタルな生活」カテゴリの最新記事