atabichaのきまぐれ手帖

更新は不定期です。
本や映画の感想やお出かけの記録など。

【れんげ荘】群 ようこ 読了。

2019年05月21日 | 
内容紹介
月十万円で、心穏やかに楽しく暮らそう! ―――キョウコは、お愛想と夜更かしの日々から解放されるため、有名広告代理店を四十五歳で早期退職し、都内のふるい安アパート「れんげ荘」に引っ越した。そこには、六十歳すぎのおしゃれなクマガイさん、職業“旅人"という外国人好きのコナツさん・・・・・・と個性豊かな人々が暮らしていた。不便さと闘いながら、鳥の声や草の匂いを知り、丁寧に入れたお茶を飲む贅沢さを知る。ささやかな幸せを求める女性を描く長編小説。


群ようこさんの、今回はエッセイではなく小説。

主人公のキョウコさん、45歳で選んだセカンドライフのなんと極端なこと!

モンスターな母から離れたくて家を出るまではわかるけれども。

有名な広告代理店まで辞めて、選んだアパートが、家賃3万円!トイレ・シャワー室は共同!(しかもトイレは和式)
梅雨時は部屋中にカビが生えるし、夏は蚊がおしよせるし、冬は部屋の中に雪が降る(!)という。

でもなんだか住みたくなるアパートというのは、ちょっとわかる気がしました。

でもでもでも、ねー。w

さすがにお風呂とトイレは、キツイかなぁ~。と現実的には思ってしまいますけども。

まぁ、色々と都合の良い設定なのは否めませんが、でも面白くて一気に読んでしまいました。

ここまで極端なのはムリとしても、自分も今後の生活とか、色々考えさせられます。

森茉莉さんの「贅沢貧乏」読みたくなりました。

コメント

【長岡クラフトフェア2019】に行って来ました♪

2019年05月11日 | 日記
今日は楽しみにしていた長岡クラフトフェアに行って来ました♪

昨年は仲良しの作家さんが参加できなくて、イマイチ収穫もなかったのですが、今年は収穫ありありでした!
(てか、買いすぎた

朝からカンカン照りで日中は夏日の予報の長岡。
いつもお会いするのを楽しみにしている作家さんに、コンビニで冷凍のお茶のペットボトルを差し入れに買って行きました。

会場はオープン時間過ぎたばかりなのに、すでに結構な人出。

まずは仲良しさん目指そうと思ったのに、その前に気になるブースにつられて。。。

最初にゲットしたのはコチラ。



写真だと色が伝わらないんだけど、とってもステキな色合いなんです。
様々な種類の木材で作られた同じデザインのものが並んでいて、それぞれ個性があってどれもステキで。

作家さんとお話ししてたら、なんと埼玉県比企郡からの参加ということで。
ときがわ町在住の作家さんでした。
実店舗はなく、工房のみだそうですが。
とてもステキな作品がいっぱいで、お人柄も優しそうな方でした。


そしてお馴染みの手ぬぐいの【晴三】さん発見!
昨年の越後妻有クラフトフェアの時に買ったタヌキさんの手ぬぐいで作ったバッグで行ったのでしばしおしゃべり。
今回はコチラ、「スズメの涙」手ぬぐいをゲット



お次はお友達のシルバー作家さんのtoruさんのブースへ。と思ったらtoruさんが席をはずしてらしたのでちょっと他を物色。
見つけてしまった、ステキな手ぬぐい作家さんのブース!

まず目に入ったのが、ヤモリ柄の手ぬぐい。それもデザインもカラーもたくさん!

どれもステキで、思わず

「いいですね~!ヤモリ、好きなんですよ~」

と言ったら、なんでも作家さんご自身がヤモリ大好きでつい色々作ってしまうんだとか。
そして、男性より女性に圧倒的にヤモリファンが多くてビックリしたとか。

へぇ~。w(ワタシもその一人。)

ベルツノガエルのこれまたいい色のもあって、ものすごーーーーく迷って選んでなんとか3枚ゲット。
ホントは全部欲しかった。(笑)




↑なんたってこのヤモリ。黒地?こげ茶?にぼかしの入ったヤモリがステキすぎ!
これはバッグにしたいな~♪


↑この青海波っぽいのもちゃんとヤモリが。
いや~、たまらんです。
こちらの作家さんはデザインから型紙、染めまですべてご自身でされているそうです。
色々お話もできて楽しかった。


手ぬぐいゲットしてほくほくでtoruさんのところへ。
今回はwebで見て、チェックしていたのがあったのでそちらを。


↑カエル君と琥珀のペンダントヘッド。
この赤い玉は、なんと天然の琥珀なんです!
写真よりもっとキレイな深みのある赤なんですよ~。

そしていつも楽しみにしている着物地の巾着を作ってらっしゃるお母様にもお会いできました。

toruさんとは恒例のお土産交換会も。(笑)



いつもごちそうさまです!

あとはぐるっと回って帰るだけ、と思っていたんだけど。
ホントに今回は収穫ありすぎて。
魅力的な作家さんばかりなんだもん。


山ぶどうの籠と言えば、一つは欲しいけど高額すぎて手が出ない代表選手なのですが。
その山ぶどうのつるで編んだアクセサリーが、なんとなんと、格安で売られているブース発見!

作家さんも、「これがこの値段はまずないよ~。」と。
ナチュラルファッションのマダムもめっちゃ食いついていて、大振りなペンダントを4つもお買い上げされてました。

そういうワタシも。。


↑小さな籠のペンダント、小さなパーツをつかったペンダントとピアス
これ、どれもこれも1つ1000円! ビックリです。
今回、あまりたくさん持って来られなかったそうで、明日まで残るかな~なんておっしゃってました。
早く行って正解だった♪

ご機嫌で、一度は我慢したけどやっぱり気になった、こけし雑貨のブースへ戻ってしまって。


↑こけしを集める趣味はないんだけど、コチラのは小さくて可愛くて、つい。
んでもって、手ぬぐいも。

なんだかんだで、今回手ぬぐいだけでもこんなに。



どうも、カエルと手ぬぐいにはストッパーがかからないシステムのようです。w
いくら今日が誕生日でもちょっと買いすぎです。
当分はおとなしくしてなくちゃですね。
でも楽しかった~





コメント

【君がいない夜のごはん】穂村弘 読了。

2019年04月18日 | 
内容(「BOOK」データベースより)
「カロリー、いつか君に会える日がくるのだろうか」―人気歌人が日常の中に見出した「食べ物」に関する異色のテーマ。食べ放題に怯え、“ダサい食べ物”に戸惑い、脳内に現れる「逆ソムリエ」から逃げ回る。ダイエット、ショコラティエ、ラーメンに食堂車。驚き笑った後、ふと我が身にも思い当る58の絶品エッセイ!


こちらも穂村さんのエッセイ。
今回は「食」に関するもの。というか、料理雑誌に連載されていたものを集めたものだそうですが。

料理本に、これ?と思う、これまた珍妙な穂村ワールド全開。

そして、やっぱり、この人はメンドクサイ世界を生きてる!

実は平行してこの人の短歌評論の本も読んでいたので、そのギャップが面白すぎて。

わかっているのに、同一人物とは思えない。


あ、でも、ワタシの周りにはチェルシーのヨーグルト味が好きという人、いっぱいいます。

ダサイとか考えた事なかったなー。

最後の電子レンジのくだりも面白すぎた。


本上まなみさんの飾らない解説もよかったです。

「ウニが欲しいことは黙っとくことで守られるプライドってなんだ?」

まったくです。(笑)
コメント

【にょにょにょっ記】穂村弘 読了。

2019年04月18日 | 
内容(「BOOK」データベースより)
夜中の通販番組の「キュッパ」に腹を立てたり、「ゴリラ脱毛」について考えたり、そして、今はなきロンロン口での待ち合わせ…。妄想と詩想の間を往来する歌人・穂村弘の文章とフジモトマサルのシュールなイラストの奇跡のコラボ。気がつくと、あなたは日常の裏側を散歩中。単行本未収録分も増補したシリーズ最後のにょっ記。


世の中にエッセイ本は数々あれど、これほど奇妙で面白いシリーズもなかなかないと思います。

そんな穂村さんのエッセイ「にょっ記」シリーズもこれが最後なんですね。

まぁとにかく面白いです。この人のエッセイは。

そしてフジモトさんのイラストも、いいんですよね~。

この人のエッセイを読むと毎回思う(ああ、なんてメンドクサイ世界を生きているんだろう)という感想は、今回も変わらず。

エッセイだけ読んでるとものすごーーーーいダメ男に思えちゃうんですけど、でも短歌の評論されている穂村さんはもう学者さんにしか見えないし。

そんな(どんな?)穂村さんの日記形式のエッセイ。面白かったです。
コメント

【セカンドライフ、はじめてみました】bonpon 読了。

2019年03月26日 | 
内容(「BOOK」データベースより)
60代、まだまだ楽しいことが待っている!家具も食器も10分の1にして、小さな暮らしへダウンサイジング。思い切って環境をリセット!普通に慕らしてきた夫婦の、お金をかけないセカンドライフ「衣・食・住」を紹介!


インスタグラムで大人気のbonさんponさんご夫妻の、セカンドライフについて綴られた本。

今更ワタシが言うまでもなく、ファッションがとてもステキなお二人の、生活について書かれているということでずっと気になっていました。

何より、ご主人の定年後、住みなれた土地を離れてのセカンドライフを始めるにあたっての、家探しや持ち物全てのダウンサイジング等々。

何を隠そう我が家も雪国での老後はちょっとキツイし、幸い埼玉にワタシの母が残してくれた家もあるので、いずれはそちらへと考えておりまして。

でも埼玉の家も、鉄筋コンクリートとは言え築35年。中はあちこち老朽化しております。

更に家の中も、母の衣類などは処分したものの、ほぼ生前と同じ状態で荷物はそのまま。

そして現在の家も、すでに25年経って荷物もたくさん。

それらの取捨選択。

これが何より大変だなぁと思っているのですが。

そのヒントになるようなコトも色々書かれています♪

それにしても、bonさんponさんご夫妻、タダモノではないと思ってはいましたが、やっぱりタダモノではなかったですね。

お二人ともデザイン系の学校を出られていて、納得のセンスとこだわりを持ってらっしゃる。

ファッションもとてもおしゃれだけれど、洋服を買うときは上限5,000円と決めていられるとか、そんな所もとても共感。

丸ごと全部教本にとはいきませんが、色々参考にしたいと思います。

そしてお二人のファッション中心の2冊も買ってしまったのでした。w

コメント