atabichaの気まぐれ日記

更新は不定期です。(笑)
カエル・音楽・本・映画、その他趣味について。

【樽とタタン】中島京子

2018年06月12日 | 


内容紹介
忘れかけていた子どもの頃の思い出を、あざやかに甦らせる傑作短篇集。小学校の帰りに毎日行っていた赤い樽のある喫茶店。わたしはそこでお客の老小説家から「タタン」と名付けられた。「それはほんとう? それとも噓?」常連客の大人たちとの、おかしくてあたたかな会話によってタタンが学んだのは……。心にじんわりと染みる読み心地。甘酸っぱくほろ苦いお菓子のように幸せの詰まった物語。


実はワタシ、幼稚園が苦手でした。(カミングアウト。w)

別に、登園をイヤがってぐずったりということはなかったんですが、幼稚園にいてもなんだか違和感があって、一歩引いて周りを見ていたような気がします。

なんとなく、居心地が悪かったんです。

今ならその理由も少しわかる気がしますが。

そんな子供の頃の気持ちを思い起こさせられながら読みました。

タタンのように、こんな居心地の良い喫茶店に毎日学校から直行する小学生時代。
ちょっと(いや、かなり)羨ましくもなりました。

彼女は彼女なりに生きにくい日々を送っていたのかもしれませんけど。

そんなタタンと喫茶店にまつわる短編集。


個人的にはおばあちゃんとのお話しとサンタクロースのお話しが好きでした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【万引き家族】観て来ました!

2018年06月11日 | 映画・DVD


映画「万引き家族」を観て来ました。

いつもは月曜日の朝イチの回だとだいたいお客さんも一ケタくらいなんだけど、さすがパルムドールの威力か、シルバー世代のみなさんでいっぱいでした。


↑映画館にもこんな特設コーナーができてました。


この手のシリアス系はあまり見ない方なんですけど、なにせキャストが良すぎ。

おまけにパルムドールと来たら見ておかなくては、となるってもんです。w

「万引き」というワードがインパクトあるのでそこについ目が行きそうですが、問題はもっと深かった。

でも今の日本、もしかしたら、こんな風にして暮らしている人たちが実は結構いるんじゃないか?などと思ってしまいました。

そうでないことを祈りますが。

ホントに、ストーリーは重いですよ。見終えても、気持ちはドンヨリでした。

何が良くて何が悪いのか?

子供にとって、本当の親と暮らすことが、単純に、「幸せ」と言えるのか?

もちろん悪いことは悪い。

だけど、でも。。。(ネタバレ自粛)

最近のなんともやるせないニュースが頭をよぎります。


ところでキャストですが。

安藤サクラさん、「愛と誠」で見た時からスゴイ人だとは思ってましたけど、本当にスゴイ女優さんです。大好きです。

樹木希林さんとこの人の共演、素晴らしすぎ!

そこへあのリリーさん、そしてこれまた末恐ろしい子役の二人。

そして松岡茉優ちゃん、めっちゃスタイルいいのね!(そこかい。w)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【ラプラスの魔女】観てきました!

2018年05月07日 | 映画・DVD
最近、映画館に行くペースが年1回になりつつありますが。w

めずらしくJずの方の主演映画を観て来ました。

別にこの方が見たくて行ったワケではないですけどね。

このところ録画したまま見ていなかったドラマ「アンナチュラル」全話見たり、「科捜研の女」の最終回見たりとミステリーづいていた流れと言いますか。(笑)



ネタバレはやめておきますが。

最後トヨエツさんはほぼホラーでしたね。

あと、やっぱり広瀬すずちゃんのキレイなこと。完璧なお顔ですよね。ついつい引き寄せられます。

他のキャストも豪華でなかなか見ごたえありました。

今年はまだこれから公開の映画で見たいのが何本かあるので、1回では終わらないかな、と思います。(たぶん、ね)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【マイ・ラスト・ソング】行って来ました♪

2018年04月17日 | 日記


キョンキョンと浜田真理子さん、大好きなお二人のライフワークとなっている公演の東京追加公演に行って来ました♪

本公演は平日だったので諦めてたんだけど、追加公演がなんと土日!
これは行くしか!と思ったものの。。。

会場がビルボード東京。。。
六本木。。。

大学は一応東京だったし東京に住んでたこともあるし、東京で勤めていたこともあるのに、行った事のない、六本木。。。ww

でも行きたい!浜田真理子さんの歌が聴きたい!

てことで、行っちゃいました。しかもお一人さまで。



初めての場所で、一人だし、てことでちょっと贅沢してデラックスカウンター席を取ったので、席までお兄さんが案内してくれて、メニューを説明してくれました。

お高いのはお店のサイトで予習してたけど、それでもビビリつつ、(笑)
黒ビールと自家製ピクルスとオリーブのマリネを注文。



勝手がわからないから早めに行ってしまったもんで、ライブ開始までの時間が長かった~
でも美味しくいただきながら、ワクワク♪と待ち時間を楽しみました。
(グラスが空いたらお兄さんがすかさず「お飲み物何かお持ちしますか?」なんて来るから2杯目注文ww)

ステージは左からグランドピアノ、久世さん用にソファーとテーブル。テーブルにはマグカップと缶ピース。そして右にキョンキョンのスツール。

落ち着いた赤いワンピースで登場したキョンキョンはやっぱりステキでした

そしてそして、ピアノと同じ黒いドレスの浜田真理子さん。優しいピアノに力んでいないのに張りのある透き通った歌声。ピアノの妖精のようでした

1曲目の「赤い風船」でもうすでに泣きそうになりました。

キョンキョンの自然体の語りと浜田真理子さんのステキな弾き語り。
夢のような時間を過ごさせていただきました~

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【わたしのマトカ】片桐はいり

2018年03月19日 | 


内容(「BOOK」データベースより)
北欧の国で出会ったのは薔薇色の頬をした温かい人たちだった。旅にまつわる名エッセイ。


はいりさんは大好きな女優さんですが、実は本は読んだことがなくて、これが初めてでした。

映画「かもめ食堂」を観たのはだいぶ前になりますけど、その映画の撮影のために1カ月と少し滞在された北欧フィンランドでの日々のエッセイ。

面白かったです!

とにかく好奇心旺盛な上に行動力もビックリレベルのはいりさん。
もしもワタシが同じように1カ月滞在してもこんなにたくさんの体験は絶対にできていないと断言できます。(笑)

食べ物、乗り物、人、はいりさんの好奇心の対象は目に入るものすべて。
そしてしっかりと体験される。

素晴らしいです。

ぼんやりとしたイメージしか持っていなかったフィンランドという国をはいりさんのおかげで一緒に旅したような気持ちにさせてもらいながら読みました。

そしてあの映画の撮影と同時進行でこんな体験をされていたとは。(笑)

片桐はいりさんという女優さんを改めて大好きになりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加