ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インドで見た映画(1) TAXI No. 9211

2006年03月17日 | 映画

 インドで映画を2本見ました。

  インドは映画大国。一昔前までは、インドの映画を見るためには、ダビングを繰り返した、画質の悪い違法コピービデオ(字幕なし)でがまんするしかありませんでしたが、今は、DVDが普及したおかげ(と、インド映画のDVDをしょっちゅう貸してくれるありがたい友人のおかげ)で、最新のインド映画が、英語字幕つきで見られるようになりました。

  今回のインド旅行では親戚宅を次々に訪問したのですが、寺参りをしてしまうと、あとはどこに案内すればいいのやら…という感じで、ドゥルグとプネーで映画館に連れて行ってもらいました。もちろんDVDのように、英語字幕がついているわけじゃなし、はたしてストーリーが理解できるか自信がありませんでしたが、100%じゃないにしろ、そこそこ楽しめる程度にわかりました。ただし、細かいギャグはサッパリで、インド人が爆笑しているところでも、笑えない、というところも何度もありました。

  まずはドゥルグで見た「TAXI Number 9211」。

 「9 2 11」というのは、タクシーのナンバー。ちなみにヒンディー語では、「ノウ・ドウ・ギャーラー」と読んで、「逃げる」という意味の慣用句です。

  親の遺産を手に入れるために、裁判所への道を急いでいる青年ジャイ(ジョン・アブラハム)は、ナンバー「9211」のタクシーに乗り、運転手、ラーガヴ(ナーナー・パーテカル)に、「金は出すから急げ。スピード違反で捕まっても、罰金は出すから、とにかく急いで」と、大金を出して急がせる。

  金に困っていたラーガヴは言われるまま、ハイ・スピードで走るが、とうとう事故を起こしてしまう。ラーガヴが「客にスピードを出すように言われたんだ…」と、言い訳をしている間に、ジャイは事故現場から逃げてしまい、ラーガヴは警察に連れて行かれてしまう。

 事故現場から立ち去ったジャイだが、裁判所に着くのが遅れた上に、遺書を保管している、銀行の貸金庫の鍵をラーガヴのタクシーの中に落としてしまったことに気づく。警察だけでなく自宅までラーガヴを追って行くが、そこで、「保険会社に勤めている」と妻に言って、タクシー・ドライバーをしていたラーガヴの嘘が妻にもばれてしまう。

 事故のせいで、それぞれ人生の歯車が狂った2人は、互いに復讐を始める…。

   と、いうようなストーリーで、インド映画としては短い2時間。

 ジョン・アブラハムは、ちょっとトム・クルーズ似で、現在、「インドでもっともセクシー」と言われている俳優。

 images

 でも、演技力でも、セクシーという点でも、ナーナ・パーテカルの方が数段上。

imagesナーナー・パーテカルimages

 

 ナーナー・パーテカルが、妻のサリーをベッドの上でいじくり回す冒頭のシーンのすぐ後、私の隣に座っているおじさんが(胸キュンだったのか)、おばさんと席を替わったくらいです(^^)。保険会社勤務という嘘がばれて、電車で実家に帰ろうとする妻に、「行くなよ…(ナ、ジャーオー…)」と言うシーンなど、見ていてドキドキとするくらいセクシーでございました。このジャン・レノ似というか、仲代達也風というかのナーナー・パーテカルは、日本でも公開された「サラーム・ボンベイ」や、「ラジュー出世する」にも出ていて、我々にもなじみがありますが、存在感があり、すばらしかったです。

  本編が終了したあと、ストーリーとは関係なく、流れる曲、「Meter Down」は、ピンク・パンサー風のつくりで、ジョン・アブラハムやナーナー・パーティカルのダンスも見られるのですが、こちらもとにかくカッコイイ!モデル出身のジョン・アブラハムはもちろんですが、ナーナー・パーティカルもノリノリにキメていました。

 やっぱり私、ワカモノより、おやじ好きかも(*^_^*)。

 暑くなり始めの季節で、冷房需要のせいか、停電が多く、この映画を見ている間も2回電気が止まりました。ガックリと思いきや、インド人観客の反応がおもしろく、停電中もたっぷり楽しめました。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« ストーンズがやってきた | トップ | ストーンズのヒンディー語表記 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいな~ (ラビラビ)
2006-03-21 12:22:41
「TAXI No.9211」をご覧になったのですね~。私もトレーラーを見て楽しみにしておりました。まだDVDは出てないのですが…早く見たいナー。9211ってのは、そういう意味なんですね。

私もナナ・パテカル大好きです♪「Bluffmaster!」というアビシェーク主演の新作はインドでご覧になりませんでしたか? これにも出ていて、すごくキュート(笑)ですよ~。

この「Bluffmaster!」で、主人公が恋人に「今はラブラブでも、結婚してしばらくすりゃあ夫婦別々の寝室に寝て、奥さんはシャールク・カーンの夢を、旦那はビパーシャの夢を見るようになるのさ」と言うくだりがあるのですが、英語字幕では、シャールクがブラッド・ピッド、ビパーシャがアンジェリーナ・ジョリーになっていて、ちょっと面白かったです。
ラング… (とーこ)
2006-03-21 13:56:10
私が行った先々では見つけられませんでしたが、インドで見たもう1本の映画「Rang De Basanti」のDVDは売り出されていたので、「9211」も、もう出ているのかもしれません。「Rang~」はらびらびジーのお土産に買ってきましたよ。



> 「Bluffmaster!」というアビシェーク主演の新作はインドでご覧になりませんでしたか? これにも出ていて、すごくキュート(笑)ですよ~。



見ませんでした~(泣)。残念~。でもアビシェークより、ナーナーの方がタイプだわ。
アミール・カーンですね (ラビラビ)
2006-03-21 21:29:32
もう一本は「Rang De Basanti」でしたか~。素晴しいセレクションですね。ラフマーンの音楽はいかがでしたか? お土産ありがとうございます。楽しみにしております♪ 奇遇ですが、今日はヴァサントにちなんで凧を作って公園で揚げてきたんですよん。

「Bluffmaster!」のナナ・パテカルは、キースばりの派手派手シャツを着こなしていてカッコイイですヨ。さきほどうちの外国人に、ナナ・パテカルの名前はじーちゃんの意味のナーナーなのか、それともナナって愛称なのか?と訊いたところ、「え~、よくわかんない」といつも通り使えない答えが返ってきました。ちなみに、彼の国でも「農道ぎゃーらー(変換が面白かったのでそのまま使用)の意味は「逃げる」だそうです。

アミールはキュートだけど (とーこ)
2006-03-21 22:02:47
「Rang De Basanti」は、大学生の青春物語だったので、40歳のアミール・カーンはちょっと違和感がありました(大学を卒業してから5年も経っている、という設定でしたけど)。



> ナナ・パテカルの名前はじーちゃんの意味のナーナーなのか、それともナナって愛称なのか?



本名は、ヴィシュワナートとかいう名前みたいですよ。バッチャン(子供)とか、ナーナー(母方の祖父)とか、おもしろいですよね。バッチャンといえば、プネーのガナパティ寺院に行ったら、アビシェークの名前が書いてありました。ジャヤーが、アミターブの全快祈願のために、アビシェークの名前で寄付したとか。
アビちゃんの名前を拝みに行きたい… (ラビラビ)
2006-03-22 19:28:38
3Khanは全員仲良く1965年生まれなんですよね。6年前にシャールクが頭にバンダナ巻いてストリートギャングのリーダーを演じた時も、かな~り違和感ありましたが、「Rang…」でアミールが「なんとかかんとか、Yaar」と若者っぽく喋ってるのも、ちょっと無理があるような…。しかもムムジーが帰国の途につかれた3/14はアミールの誕生日で、41歳になってしまいました~。

Nanaってそんな本名なんですか。ついでに調べたらNanaはなんと1月1日生まれだそうです。

アビシェークとジャヤがお参りに行った寺院にムムジーも行かれたなんて、ううう、うらやましいですぅ!

プネーで一番有名なお寺 (とーこ)
2006-03-23 08:34:46
> アビシェークとジャヤがお参りに行った寺院にムムジーも行かれたなんて、ううう、うらやましいですぅ!



カスバ・ガナパティ寺院という、プネーでも一番有名なお寺です(マラーティーは特にガネーシャを信仰しているとか)。そんなに大きくないのですが、すごい熱気でした。

でも、なぜ、プネーのお寺だったのでしょうね?
9211見ましたー! (ラビラビ)
2006-04-22 10:37:58
NANAはやっぱり良かったです~!あの脚本だと、普通はお笑い役なんかも出て来てコメディ色の強い映画になってしまうのでしょうが、NANAとJOHNという渋い役者の起用で淡々と、洒落た味わいの作品になってますね。もしJOHNの役をVIVEKが演ったら、もっとドタバタになったかも。

サンジャイのナレーションにも「おお~♪」。NANA演じる運転手の血液型がKというところは、笑ってしまいました。ちなみにKはKUTTA(犬)のKだけど、英語訳ではCRAGYをKRAGYと置き換えていました。

セクシーだったでしょ~ (とーこ)
2006-04-22 10:58:10
おお、ラビラビさんもご覧になりましたか。今度、「Meter Down」で一緒に踊りましょう!



> NANAとJOHNという渋い役者の起用で



NANAにばっかりボーっとなっていましたが、確かに、「金持ちそうでマッチョで軽そうだけどウブ」というJHONは希有な存在なのかも。あまり日本人俳優にいないタイプじゃないでしょうか?



> サンジャイのナレーションにも



えっ、そうなんですか?全然気がつかなかった…。もう一度字幕付きで見たいなぁ。
メイキングを見ると (ラビラビ)
2006-04-22 14:32:34
ダンスと歌の撮影ではNANAがだいぶ苦労したみたいで、NGを何度も出したりして、照れてるところがまた可愛かったり(笑)。

高速道路で車がビュンビュン来る中を転げ回るというシーンも、JOHNはスタントなしで自分で演じたようです。

あーいうルックスですが、JOHNってチャラチャラした役はあまり演ってないんですよ。妻(9211にも出ていたプリヤンカ)を人質に取られた暗殺者を演じた「KARAM」という作品が、一番良かったかな~。「9211」とあわせて、今度ぜひムムジー宅にお邪魔させてやってください♪

ダンスかっこよかったです (とーこ)
2006-04-22 14:46:46
> ダンスと歌の撮影ではNANAがだいぶ苦労したみたいで、NGを何度も出したりして、照れてるところがまた可愛かったり(笑)。



ええ~?ダンスかっこよかったですけどね~。努力の賜なのかしらん。ウッドベースを回したりしているところとか、かなり私ごのみです。阿弥陀様に比べたら、ダンスマスタル並みですけど…。



> 「KARAM」という作品が、一番良かったかな~。「9211」とあわせて、今度ぜひムムジー宅にお邪魔させてやってください♪



きゃあきゃあ。いつもありがとうございます。

コメントを投稿

関連するみんなの記事