ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Cachemire

2016年04月29日 | 日本語・ことば

 先日インドあての郵便を出そうと郵便局に行ったら、「このC.G.というのは、Cashemire とは違いますね?」と確認されました。C.G.というのは、「チャッティスガル(Chhatisgarh)」のことで、インド国内では郵便物には、ChhatisgarhよりC.G.と書く方が普通だというので、いつもC.G.で出しています。

 

 いくら何でもC.G.とCashemireは、ずいぶん違うでしょ…と調べると、日本郵便のサイトに、「Cachemire」がありました。ジャンムー・カシミール州のカシミールなんですけど、なんでこの綴りなんだろう?普通は「Kashmir」と綴るような気がするけど。そもそも日本郵便では「Jammu州」「Cachemire州」と、2つの別々の州にしているのも不思議。

 

 「Cachemire」は、フランス語なのかな~?なんてつらつら調べていたら、織物のカシミアのことは英語でも「cashmere」と綴るらしい!カシミアはカシミール地方(Kashmir)原産のカシミア山羊「cashmere goat」の毛を使った織物で、地名と山羊の種名の綴りが英語では違うんですね~!ファッション関係はフランス語からの外来語なのかしら?

 日本郵便の国際郵便表記は、英語かフランス語と決まっているようですが、Cashemire以外は英語みたい。というか、よくよく見ると、ベナレス(ヴァナラシ)に至っては、日本郵便の表記は「Varanashi」で、英語(Varanasi)でもフランス語(Bénarès)でもなくて、ローマ字としても、間違いといってもいい綴り(音は「shi」じゃなくて、「si」だもん)です。アムリットサルも「Amritsar」じゃなくて、「Amristar」になっているので、単なる間違いか。

  とにかく郵便物がちゃんと届けばいいのですが、カシミールはパキスタンとの紛争地帯で、配達不能な地域もあります。Kashmir をCachemire と別の地域だと思って郵便を引き受けたけど、結局届かなかった…なんてことはないのかな。

 

 ちなみにチャッティスガルChhatisgarhの略語がなぜC.G.かというと、36(chhatis) 砦(garh)という地名から来ているから。インドの州名はアルファベットだと長くなるので、他にもM.P.とかA.P.と表記することがよくあります。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ミック・ジャガーの義理の娘... | トップ | 「春の夢(前編)」  40年... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幾年も前の (しん)
2016-05-04 21:09:08
こんばんは
はじめまして、しんです
今回の投稿のコメじゃないですけんどごめんなさい

11年1月の投稿の幣束のお話にコメしました、既に謎の幣束のお話知り得てましたらご勘弁です
ありがとうございました (とーこ)
2016-05-08 05:49:30
しんさん

はじめまして。
謎の幣束について教えてくださってありがとうございます!!

コメントを投稿