ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インドで見た映画(2)

2006年03月26日 | 映画

 マハラシュトラー州のプネーに住む親戚宅を訪ねたとき、「Rang De Basanti」という映画を見ました。これは、「Aksar」と並んで、現在インドで大ヒットしている映画です。

 「Rang De Basanti」というのは、「春色に染めて」とか「黄色に塗れ」といったような意味だと思います。 

中心がアミール・カーン

 

 主人公を演じたアミール・カーンは、ボリウッド映画界の中でも、「完璧主義者」として知られ、彼の出る映画にはずれはない、とまで言われています。実際、2001年制作の「LAGAAN」は、224分(約4時間!)という長編だったにもかかわらず、まったく退屈することなく、一気に見てしまいました。

 「Rang De Basanti」のストーリーは…

 

 イギリス人スーは、インド独立運動家の映画を撮るためにやって来た。彼女はインド人の友人、ソニアを介し、彼女の通う大学の友人達と知り合う。そのグループの中心的存在は、大学を5年も前に卒業したのに、まだぶらぶらと大学生と遊んでいるDJ(アミール・カーン)だった。

  お調子者、ヒンドゥー至上主義者、敬虔なムスリム、財界の大物の父にコンプレックスを抱くお坊ちゃん…といった、グループの友人達と接するに従って、スーの頭の中には、インド独立運動家達のイメージがふくらんでいくのだった。

  現代の豊かなインドで、青春をエンジョイするDJ達は、最初は独立運動やアムリットサルの悲劇の台本を読んでも、ピンとこなかったが、しだいに役にのめり込み、ヒンドゥー至上主義×ムスリムという壁も越えて、友情を築いていく。映画の撮影の終了までには、すっかりみんないい友達になっていた。スーと紅2点のソニアは、インド空軍パイロット、アジャイと婚約し、幸福の絶頂だった。

 そんな時、ソニアと婚約したばかりのアジャイが、墜落事故で死亡してしまう。アジャイは、コンロトールの効かなくなった飛行機が民間人の住居近くに落ちないように、航空時間を伸ばして逃げ遅れたのだった。飛行機の性能に問題があったことを知りながら、「パイロットの無謀な運転のせいで…」と発表する国防大臣の態度に、ソニアやDJ達は怒り、抗議デモを行う。

 正当な抗議デモなのに、警官に殴られ、アジャイの母親は重体に陥る。DJ達は国防大臣の暗殺を謀り、放送局を占拠して、民主主義を訴える…

 

 …というような内容でした。

 植民地時代のイギリス政府の出した集会禁止令に反対して、集った非武装無抵抗の民衆400人以上が、犠牲になった「アムリットサツの大虐殺」や、インド独立運動の歴史を元にした映画と、その映画の中で演じていた若者が、現代の政府によって同じように理不尽に殺されているという事実を、時代と政治の背景を変えて重ね合わせた作りになっています。

 「大学を卒業して5年も経つのに…」という設定にしろ、40歳のアミール・カーンが演じるにはちょっと無理が…と、思いましたが、一緒に見たインド人にとっては、「違和感なし」とのことでした。アミールはインド人男性としては、童顔なので、20代後半といっても通るようです。実際、この映画を見たプネーで、プネー大学も見学に行きましたが、アミールよりずーっと老けた顔の学生が大勢いました(^^;)。

 個人的には、敬虔なムスリム家庭の息子アスラムを演じた、クナール・カプールがよかったです。

クナール・カプール

 ソニア役はサイーフ・アリ・カーンの妹ソーハー・アリ・カーン。なかなか魅力的でした。お母さんのシャルミラ・タゴールの若い頃に似ています。

 

images    お母さん  シャルミラ・タゴール

images    お兄さん  サイーフ・アリ・カーン

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« さいたま来た! | トップ | 多言語国家 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これすごく見た~い! (akberlin)
2006-03-26 19:39:14
サイーフ・アリ・カーンの妹も女優なんですね。

インドは本当にカプール家とか家族総出で

映画関連、っていう家、多いですねぇ。



アーミル・カーン、40男?

シャーさまと同じくらい??

ビックリ。

サルちゃんも (とーこ)
2006-03-27 08:23:28
> インドは本当にカプール家とか家族総出で

映画関連、っていう家、多いですねぇ。



やっぱり、美男美女の両親から生まれた子は、美男美女が多いからなのでは…?



シャルミラ・タゴールはアジア初のノーベル賞受賞者、「ラビンドラナート・タゴール」の親戚ですが、当時クリケットの選手だった、ムスリムの王族、アリ・カーンと結婚して、話題になったとか。



> アーミル・カーン、40男?

シャーさまと同じくらい??



サルマン、シャールクと同じトシですってね~。

サルちゃん、最近の写真では、頭を剃っていて、ブルース・ウィルスみたいでした。

コメントを投稿

関連するみんなの記事