ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか

2009年04月02日 | 
 『ミック・ジャガーは60歳で何を歌ったか』(中山康樹著、幻冬舎新書)


 いや、もう、モロ、タイトルで買って(^^;)、最初のミック・ジャガーの項目でさっそく後悔しました。

 だいたい音楽評論家って、何のためにいるの?音を文字で語るなんて無意味だ。自分がどう感じるかだけでしょうが。…なんて、いまさらの感想を抱きながらも(お金出して買ったのでもったいなくて)読んでいましたが、だんだんおもしろくなってきました。


 この本で取りあげているのは14人の60歳以上の音楽家。ほとんどがロッカーです。歴史が短いロックというジャンルにおいて、ごく初期の頃からいて、いまも歴史を作っているというか、現在進行形で活動している人達がほとんど。若者の欲求、パワーが代名詞だったロックというジャンルの中の中高年者です。その老人ロッカー達の、最新のアルバムを取りあげています。

 ストーンズ以外、あまりいろいろな音楽を聴かない私でも、いくつかの曲は聴いたことがあるような、メジャーなミュージシャンばかりですが、最近の曲は知らない。昔聞いた数曲だけで、好きか嫌いか簡単により分けて、その後聞いていませんでした。

 読んでいくにつれて、もう一度聴きたくなりました。昔のナンバーももう一度聞き直したいし、最新の曲も聴いてみたい。…評論家の仕事というのは、評論ではなくて、紹介なのかもしれません。個人が偶然耳にする音楽なんか、たかが知れています。昔のようにラジオを聞くわけでもなし、音楽番組を見るでもなし…となると、情報量が少ないうえに偏っている。その偏った固い頭に、興味をもたせるだけの本ではありました。


 それにしても、ビル・クリントンの誕生日って8月19日なの?Shine A Light撮影のために、ビル・クリントンの誕生日を兼ねたチャリティーコンサートをビーコンでやったのは、10月29日ですぜ。ったく、ビル・クリントンといい、スコセッシといい、ストーンズといい、食えないなぁ(笑)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ツアー・ルール | トップ | ボックス乱高下 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

関連するみんなの記事