ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日曜日のインド

2006年02月19日 | インド
 またまた日本語の使えるネット屋に来てしまいました。けっこうひま(笑)。だって、デリーはもう何度も来ているし、有名な観光地もほとんど行っちゃったんですもの。あ、ニューデリーの動物園は行ったことないです。...でも、動物園は、インドで3~4箇所行ってるしね。

 きょうは、日本人の女性「ナオミさん」と会って、話相手ができてすごくうれしかったです。一緒に、ネット鉄道予約のチケット受け取りセンターに行ったり、エアー.インディアの予約再確認に行ったりしましたが、日曜日のため、苦戦。開いていることはいるけど、スタッフが少なくて、しかもランチタイムをたっぷりとっているので、待った時間だけでも2時間以上。

 インド国鉄の乗車券は、インターネットで予約ができるのですが、いざ発券してもらうのは、(日曜日だったせいなのか)面倒でした。
 まず日曜日なので、スタッフがいない。11時過ぎに行ったのですが、ランチで留守。ほかの人は彼のネット用の窓口は担当しません。
 
 たっぷり1時間以上待ったあと、ナオミさんが発券を依頼したのですが、プリントアウトした紙がないと、切符を発券できないとか。予約ナンバーを持っていても、だめとか何とか。「あなたがランチに行っていた間、1時間も待っていた」と主張したら、コンピュータオフィスに連れて行かれ、無事発券ができました。

 私は外国人専用窓口で切符を買ったのですが、こっちの方が簡単でした。もっとも日曜日以外なら、もう少しスムースだったのかも。

 その後、エアー.インディアに行きましたが、運悪くこちらも昼休み(1時-2時)。しかも、やっぱり日曜日なので、スタッフが少ない。食堂も閉まっているところが多かったし、インドでの事務作業は日曜日にしないほうがいいようです。

 私は、ひまだったし、冷房の効いているオフィスで、待っている間、日本語でおしゃべりができて楽しかったです。> ナオミさん、ありがとうございました。

 私は3時間後の電車で次の目的地、アーメダバードに向かいます。ここには、20年前、乗換えで3回も寄ったのに、観光はまったくしていない。3日くらいかけてゆっくりする予定です。

 でも、日本語フォントが使えるネット屋はたぶんないでしょう~。使えないばかりか、日本語が読めないPCも多いようです。
 
 
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語フォントの使えるネット屋 | トップ | デリーの地下鉄 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿