ものぐさ日記

ひとり遊びが好きな中年童女の日常

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

HyDE PARK LIVE

2013年07月28日 | ローリング・ストーンズ

 いきなりストーンズの新譜。ただしダウンロード版のみ。Hyde Park Live

 

 音源は2013年7月6日と7月13日にロンドンのハイドパークでおこなわれた2つのコンサート。10日あまりでアルバムが出ちゃうんだから、ブートレグを出す暇もありゃしない。もっともYouTubeでは、ロンドンと日本の時差もあり、当日から音つき映像が出ていたけど。とにかく、このタイミングで出すストーンズというのは、ロック界のビジネスモデルになると思う。ハイドパーク・コンサートが、結成50周年記念ツアーの最終であり、ストーンズの最期のコンサートと言われていたけれど、ライブ音源を公式リリースしたということは、ワールド・ツアーをやる気でしょう。

 コンサートから10日でリリースしたということは、編集もラフで、過剰な修正はしていないということでっしゃろ。オープニングからキースが音をはずして評判になった、Start Me Up も、デジタル的に音階を修正しているわけでもなし。6日も13日も今までとは違うアレンジだったので、どうにもならなかった…という気もするけど。とにかく、50年間のキャリアがあっても、キースは新しいアレンジをぶっつけで試しているのね~。

 アルバムに収録されなかった曲は、BitchとHappyの2曲。Ruby Tuesday やPaint It Blackは、ミックは惰性で歌っているような気がするけど、ビガバン・ツアーでやらなかったMiss Youのあたりから、ぐぐっと気合いが入ってきたような気がする。でも、今回のツアーの聞きどころは、なんと言ってもEmotional Rescue 。ニューアレンジ。Still Life Tour(81-82)のTime Is on My Sideやバビロン(97-98)のOut of Control, 40Licks(2002-2003)のEverybody Needs Someboday to LoveやLike A Rolling Stone と同じように日本で聞きたい!!ミック・テイラーのギターも聞きたい!

 

 ベルリン映画祭で、「70歳になっても続けていると思います?」で聞かれたミックが言葉につまった時、キースが「それってたった5年後のことだぜ」と笑い飛ばしていたけど、あれから5年経ってしまった。

 おとといミックは70歳になった。

 父は71歳で死んだ。2月には50代前半の兄が死んだ。この 3年で50歳前後の3人の友人が亡くなった。長生きしたと思われた母だって、実は日本女性としては平均以下の年齢で死んだのだ。毎年夏には「死ぬ気がしな い」と豪語していた私も、去年あたりから夏でも不死身ではいられなくなり、今年は死ぬ気満々。自殺するつもりはないけど。平均年齢70歳のストーンズのメ ンバーが、毎回2時間のコンサートツアーを続けるために、どんな努力をしているのか、凡人には想像もつかない。でもストーンズが日本に来るなら、私だって努力するとも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 『原典訳 マハーバーラタ ... | トップ | 『スタンリーのお弁当箱』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (cindy)
2013-07-28 18:16:21
ミック、ついに70歳ですね!

初めてTVで見たのが30代前半の彼らですから、
自分もそれをはるかに上回っているわけで・・・
70の人が2時間ジョギングをするとしても
とてもかなわないと思いますもんね。

昨日電車で自分と同年代らしき女性2人が
健康不安の話をしてて、症状が自分とそっくりなので
ああ年相応なんだなと思いました
いろいろガタが出てくる年代だけど、まだ大病には至ってないですし、
健康診断を欠かさずにしっかり生きていきましょうね。



Unknown (とーこ)
2013-07-29 05:57:34
cindyさん

Start Me Upのへんてこなオープニングを聞いたとき、ついにキースが…と思いましたが、2回ともとなると、ありゃ~間違えたというより、2013年度バージョンだったのですかね?そういう冒険するだけまだ若いのか…

日本に来そうなら、私も体のメンテをしておかないと、です。
エモレス、聞きたい。スノーマン化したテイラーも、あの体型でも元気そうですね~(汗)。
Unknown (とらた)
2013-08-01 12:34:20
とーこちゃんの華麗なおっかけツアーが楽しみですよ~(^-^)。

ワタシも親が亡くなって「人はいつか一度は死ぬんだ」と
「死ぬこと」が身近になった気がします。

若年者の自殺は「死が身近じゃない」からなのかとも思います。
それでも自分も
中学生くらいのときって、いま思うとくっだらないことで死にたくなったものだなぁと思い出したり。

とりあえず、にゃんこを看取ってから死なないとと思っていたのですが
先日にゃんこを拾ってしまった(^^;)。
まんず、ちょうど体の節目をうまく乗りきって長生きしましょう。
スイカは何個食べましたか?
Unknown (とーこ)
2013-08-02 05:36:03
とらたくん

母が亡くなったときは、もちろん悲しかったのですが、兄ふたりが病気だし、とにかく私ががんばらねば…と、気を張っていました。兄が亡くなったときは、いろいろあって、精神的にくたくたになってしまって、まだそのダメージから回復しきれていないといった感じです。唯一の救いは、先に亡くなった母に、こういう思いをさせなくて済んだということ。

みんな必ず一度は死ぬけど、置いて行かれた方はつらいです。

いつものように「不死身」の気はしないし、今すぐ死んでも悔いはないけど、そういいながら、毎日、翌日のスイカは必ず冷蔵庫で冷やしています(^^)。今年は最初っから切り身じゃなくて、ホールで買っています。

コメントを投稿