横浜 鶴見アトリエアリス〜制作風景〜日々のスケッチ

横浜 鶴見アトリエアリス 一般絵画教室の制作風景や作品を紹介しています

鹿先生

2020-11-21 10:05:31 | Weblog

先日、日曜クラスに潜入したところ…

 

おや?どちらさまですか?

「・・・・・・。」

「・・・・・・・。」

むむむっ!何をする気ですか!?

「スゥーーーーッ…」

あらっ!

なーんだ、可愛いポーズをしただけでした。ほっ。

なかなか愛嬌がありますね。

そのポーズはキツネなのでは…?という疑問は残りますが、まあそこはスルーしておきましょう。

さて、皆さんももうお気付きの通り、鹿の正体は田中先生です。

こんなポーズをしてくださいとお願いすると、やってくれる所が優しいですね〜。

ちなみにこの鹿は小鹿だそうで、田中先生が森で拾ってきました。

以前も小鹿の骨を拾ってきてもらった事があるのですが、その時は角がついていませんでした。

が、今回は見事な角付き!あと2体あるらしいので私ももらおうかと思っています。

 

動物の骨なら山に落ちているかと思うかもしれませんが、生きた鹿に出会う事はあっても、整備された登山道にはなかなか落ちていません。丹沢や奥多摩、奥武蔵など関東近郊の低山には鹿が多く生息していますが、未だにそれらの山で骨は発見できず…。

また、通常、登山者が歩く登山道を「一般ルート」と呼びますが、骨が落ちているような道はそれから外れて藪や谷、沢などの内部に入って行かないと発見出来ないのです。これをバリエーションルートと呼びます。

バリエーションルートは、その山域に精通した健脚の登山熟練者や沢ヤ(沢登りをする人の事)以外は危険ですので行かないようにしましょう。

 

ちなみに田中先生は富士山の麓の森で仕事をしていたりするので、その森には沢山の鹿がいるようです。

「そのうちモチーフで登場するかも…?」

コメント   この記事についてブログを書く
« アトリエ植物日記 シャコバ... | トップ | 新年からのNEWモチーフ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事