横浜 鶴見アトリエアリス〜制作風景〜日々のスケッチ

横浜 鶴見アトリエアリス 一般絵画教室の制作風景や作品を紹介しています

色面分割 塗り分け6対比

2019-03-13 18:30:52 | Weblog

こんにちは!大窪です。

今回は生徒さんの作品をご紹介します!

 

受験生も毎年やっている、色面分割6対比。どんなものかと言いますと、写真のモチーフを面分割し…

・ノーマル(写真の色とそっくりに)

・モノトーン(白黒、もしくは明度が低めの色と白など。*黃色や黄緑などは、明度が高い為、不向きです)

・高明度 (ノーマルに対して明度を最大限高くする=白をたくさん入れると明度が上がります。)

・高彩度 (ノーマルに対して彩度を最大限高くする=発色を上げる。)

・低明度 (ノーマルに対して明度を低くする。)

・低彩度 (ノーマルに対して彩度を低くする。)

の6つに塗り分けていきます。

 

さて、Uさんのモチーフはこのクラシックカーです。

モチーフを選ぶ際は、形の変わり目が分かりやすいコントラストのハッキリした物を選ぶと、色面分割がしやすいでしょう。

色や形の移り変わりが微妙な物ですと、どこで区切っていいか分かりづらくなってしまいます。

 

 

こんな感じで6つ下描きをしてからスタートです。

現在はモノトーンまで仕上がっていますよ〜。しっかりと面割りが出来ていて、立体的に見えますね。

 

ノーマル

 

モノトーン 

 

高明度以降の4つは、ノーマルとモノトーンを基準に進めて行きますので、まずはこの2つの明度、彩度をしっかりと塗り分ける事が重要です。

明度、彩度を勉強するにはもってこいの課題です。

ご興味のある方はやってみてはいかがでしょうか〜?

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 完成ラッシュ | トップ | 春の展示 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事