鈍足親父の独り言

50歳目前でジョギングを始めた鈍足な親父が

ランネタを中心に日常生活を思いつくままに綴った徒然日記

外房灼熱マラニック

2017-07-17 | 千葉を走る(その他)
6月に入って1週間が過ぎた頃に同郷の美ジョガーさんから,「外房の田舎を案内しなさい!」という指令が届いて企画した「外房波の(り)マラニック」(仮称)を15日土曜日に実施してきました。

せっかくなら外房の海も見てもらおうと一応考えたルートを眺めていたら,このコースにぴったりの方のお顔が思い浮かんだので早速声をかけて同行いただくことに・・・(これが大正解でした。^_^)
また,ご近所ランナーさんで「またマラニックやるときは声をかけて。」と言われていた方もお誘いしていました。そこから口コミなどで少しずつ増えて参加希望者は私を含めて13名に・・・そもそもいつも一人で走っている私が,大勢で走るランイベントを企画するのも初めてですし,内心ヤバイな〜と思いつつ,下見などをしてみたりでなんとか本番を迎えることができました。

予定していたルートはこんな感じでした。外房線上総一ノ宮駅をスタートして海岸線を南下し,いすみ市の太東埼灯台まで行って帰ってくるルートで,途中いくつかの寄り道をアレンジして総距離約32kmの楽しい道のりです。






参加者は,mizoreさん(影の発起人 ^_^),deburaさん(一宮海岸を知り尽くした地元ランナーさん),riorioさん(ご近所ランナーさん),えりまきさん(ご近所ランナーさん),murasakiさん(砂の女王様),kaトさん(褌のサブスリーランナーさん),さりーさん&さりーぱぱさん(言わずと知れた鬼嫁美ジョガーと優しい旦那さん^^;),masaruさん(riorioさんのラン友さん,ほぼ地元),アミーさん(murasakiさんのラン友さん,サブスリーのトライアスリート),そして鈍足親父の11名です。
当初参加予定のankocatさんは夏風邪のため,またお〜さん(deburaさんご主人)は息子さんの中学総体応援のため残念ながら参加見合せとなりました。




千葉の外房でも「2020年東京オリンピック」開催の雰囲気を味わうことができます(笑)。
一宮町役場には釣ヶ崎海岸がサーフィン会場に決定したことを受けて垂れ幕が・・・




deburaさんに口利きいただいたトマトハウスを見学させていただきました。ロックウール栽培という水耕栽培でトマトを作られています。
ご丁寧に説明までしていただきありがとうございました。






高所作業の体験も




なんとリコピンたっぷりの試食まで用意していただいていました。




おっと,これじゃなくて・・・^_^




みずみずしくてめっちゃ美味しいです。




ここからは一宮海岸の砂場ありのオフロードを走ります。














こちらは同じオフロードで乗馬を楽しまれていたお姉さん




ここからしばらくはサイクルロードを走ります。






そして再びオフロードへ






海岸線を釣ヶ崎海岸に向かいます。






こちらがオリンピックのサーフィン会場となる釣ヶ崎海岸です。






ここ釣ヶ崎海岸は,房総最古の浜降り祭り「上総十二社祭り」の祭典場というたいへん神聖な場所でもあります。




この朝は,残念ながらアカウミガメの上陸は確認できませんでしたが,これは先日確認された産卵場で,9月になるとこの砂のなかから孵化した子ガメたちが海を目指す姿を見ることができます。

今年は既に13回の上陸・産卵が確認されているようです。






このあとは一旦海岸から離れて,いすみ市の内陸のほうに向かい,私が無理やりルートに組み込んだ「般若寺」の激坂参道を攻めていただきます。

が,さすがのつわもの揃い,ライダーさんの間では最大勾配30%を超える激坂と恐れられている(らしい)坂を,みなさんなんの躊躇もなくガシガシと登っていきます。

長崎市の有名な激坂「きゃあまぐる坂」も経験されているmizoreさんやriorioさんなどは,「あの坂に比べれば大したことないですよ〜 ^_^」
などとのたまわっていました。


















般若寺を後にして飯縄寺経由太東埼灯台を目指している途中で,私に個人的なアクシデントが発生したため,一人別行動を取らせていただき,みなさんには予定どおり飯縄寺から灯台に向かっていただきました。

飯縄寺山門




この寺の本堂には江戸時代の有名な彫刻家「波の伊八」さんの作品が残っていて,撮影は不可ですが,じっくりと観ることができます。
が,別行動をしていたばかりに,十分な説明ができずみなさんに観ていただくことができなくて申し訳なかったです。




みなさんは飯縄寺から太東埼灯台の激坂に挑まれます。






灯台から降りてこられたみなさんと合流して,有料エイド「カフェ GAKE」さんに向かいます。(親父は,体力を消耗する灯台往復を何気に回避・・・^^;)




「海と空しか見えない崖の上の小さなカフェ」として人気のGAKEさんです。


















GAKEさんの隣りの山は,残念ながら途中までしか登れなくなっていました。




それにしても青すぎるほどの空の色です。






GAKEさんを後にして,海岸に出て消波堤を走って津々ヶ浦から雀島方面に向かう予定でしたが,波が少々高かったので夫婦岩からはロードに変更しました(特に青海苔が生えた消波堤は濡れると滑りやすく危険です)。










一旦は難を逃れたぱぱさんでしたが,予期せぬ第2波で全身ずぶ濡れに・・・そういう私も ^^;










昔は一つの島だったという夫婦岩,今も太平洋の荒波に曝されて少しずつ小さくなっており,いずれは消えゆく景色だそうです。








津々ヶ浦トンネルを抜けて太東漁港の裏山を越えるルートを選択します。
後方からは「えっ,ここ行くの?嘘でしょ!」という声が聞こえたような気がしましたが・・・聞こえないふり(笑)




丸太階段を登った先は,ほとんど藪こぎ状態です。ここはまだましなほう




かき分け掻き分けやっとたどり着いた展望台にはこんな看板が・・・
まさにこの先からやってきました。kaトさんはこのスタイルですからちょっと辛かったかも・・・^^;




展望台から先はこの1週間で整備されたらしく,快適なトレイルが楽しめました。










一宮海岸を一望




この看板には,通行止めは解除でスタート地点までのルート(緑の線)もちゃんと記載されているんですけどね(といい訳 ^^;)。




このあとは,一路スタート地点の一ノ宮駅を目指すだけなので,お昼に続いて再び我がままを言って単独行動を取らせていただき,みなさんの少し遅れてのゴールでした。

本日の走行距離:38.9km(一人だけ長い・・・)

少しだけ足跡が他の方と違っているはずです。^^;




長旅を終えての打上げは,駅前の「台鵬」さんで美味しい中華料理をいただきました。さすがdeburaさん,ナイスチョイスです。
みなさん,乾杯の写真を撮るのも忘れるほどにビールが恋しかったのでしょう・・・

中学総体(地区)で勝ち上がり,県大会に駒を進めたdeburaジュニアとお〜さんも合流できました。
嶺くんおめでとう!




いろいろ迷惑をかけてしまいましたが,なんとか一日楽しんでいただけたようです(?)。これもひとえにdeburaさんあってのことでしたが,たまにはこういうランイベントもいいものですね。

お付き合いいただいたみなさん,一日ありがとうございました。ankoさん,次はご一緒しましょうね。^_^
ジャンル:
ウェブログ
コメント (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 太東の海へ | トップ | 夏風邪とガチゆる »
最近の画像もっと見る

26 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mizore)
2017-07-17 21:01:30
リクエストはいたしましたが、司令したつもりはなかったのですが…(^-^;
影の…って枕詞、最近よく耳にするような?
それにしても、紺碧という言葉がぴったりの青空と海でした!
海の日の三連休のマラニック、さすが、ナイスチョイスなコースでした(^.^)
deburaさんのトマト栽培社会科見学でスタートして、ワクワク感、相当上がりました!
親父さまは、ちょっとアクシデント残念でしたし、本体より8キロオーバーで、あの炎天下走ったという、過酷なマラニックだったかもしれませんが、リクエストした身としては、120%外房の海と山と坂道(笑)を満喫させて頂きました。
あの空と海の青さは、ずっと脳裡に残ると思います。
ご一緒させていただいた皆さんもとても楽しい、穏やかですけど、つわ者ばかりで(笑)、この出会いにも感謝です。
本当にありがとうございました。
といいつつ、次回の、親父さまのホームグラウンドも期待しています(^w^)
初めまして (Mitz(ミッツ))
2017-07-17 21:11:39
初めてコメントさせて頂きます。
「おっさんランナーさん」の旧ブログへリンクされている方たちの
ブログを楽しみに拝見させて頂いている者です。
太東地区(和泉)に居住している者としては、ブログを拝見
させて頂いている、鈍足親父様、さりーご夫妻が近所を
走っていたのかと思うと現実感が余り無いような(笑)
般若寺、太東灯台お疲れ様でした。
このあたりですと、清水観音もなかなかかと(^^)
またのご贔屓をお待ちしております。
mizoreさん (鈍足親父)
2017-07-18 12:02:08
お疲れ様でした。楽しめていただいたようでなによりです。と言っても前半のdeburaコースのおかげですけどね。^^;

昭和の森コース(観瀑付)の時は長靴必携でお願いします(笑)。
Mitzさん (鈍足親父)
2017-07-18 12:09:34
コメントありがとうございます。先日濃溝の滝に行かれていたMitzさんですよね?ツイート拝見しております。
太東にお住まいなんですね,和泉地区にはオシャレな家がたくさんで,どんな方がお住まいなんやろう?と思いながら走っていました。^_^
清水観音,赤穂浪士の像があるお寺さんですかね?次の機会にはお参りしてみたいと思います。
Unknown (イケネコ)
2017-07-18 19:53:49
キターーーー!39kmマラニックΣ
気温によっては距離の短縮もって言ってた気がしましたが…延びてる(笑)
日陰のない場所と激坂という見事な鬼トレなのに何故か皆さん良い笑顔( *´艸`)
青空が広がって、最高の景観ですね!
外房の魅力が伝わります(*´ω`*)
お疲れ様でした!
Unknown (くじら)
2017-07-18 21:29:53
海を見ながら走るっていいですね~
とても良い景色で皆さん気持ち良さそうですね~
お近くだったら是非ご一緒させて頂きたいのに
残念です。
また、素敵なお写真で楽しませて頂きます。
いつか! (きんぎょ)
2017-07-19 07:32:05
素敵なコースですね。
もっと鍛えていつか走りに行こうと思います!!!
Unknown (さりー)
2017-07-19 09:14:35
今回は本当に楽しいマラニックにお声かけて頂いてありがとうございました^ ^
走る共通点があれば、初めましての方ともすぐ打ち解けちゃいますよね!
ルートを考えたり、タイムスケジュールを考えたり。
鈍足親父さんやdeburaさんのおかげで、ついて行くだけ、楽しめばOK!で最高でございました。
また是非誘ってください^ ^

そして親父様の距離がすごい^^;
多分お一人で走ってる時はペースも相当速かったのでは…?
お疲れ様でした。
Unknown (ozaki)
2017-07-19 11:00:22
おお~っ、楽しそう
外房満喫コースですねぇ。

太東漁港のハイキングコース、通行可能になったのは知りませんでした。今度行ってみよう(^^)

またの機会に都合が合ったら是非ご一緒させて下さい。
Unknown (オールドタケ)
2017-07-19 19:27:33
皆さんお元気ですね。写真では気持ちよさそうですが、暑くなかったですか。DEBURAさん、MURASAKIさんも頑張られたのでしょうね。
自分は主が留守の昭和の森クロカンでしたが、凄い暑さでした。

コメントを投稿

千葉を走る(その他)」カテゴリの最新記事