ライヴ告知

皆様ご無沙汰。

生きてた?

お前がな!

っていう声が聞こえてきそうですが、軽く無視。


さて、早速ですが、今週末ライヴです。


11/29(土)川一銀座倶楽部 

さとうふみや with 仲豊夫

PM8:00スタート


の、前座で出演いたします。



私ひとりで。


そうです。



astnargeは残念ながら・・・









産休です。










なので、私が一人でその重荷を背負う羽目に・・・




うぉおおおい、うぉおおおい






漫画日本昔ばなし風の泣き声




冗談。


せっかく頂いた機会、自分のために役立てようと思った次第です。

なかなかプロの方とご一緒できる機会もないですしね。

前回(誰にも告知してません)も、プロの方とご一緒させて頂きましたが、やはりプロにはプロである理由があると思います。

プロ?だからなに?

っていう方もいらっしゃるでしょう。

自分にもそういう部分は多々あります。

が、それだけでは一生距離は縮まりません。

自分はプロになるつもりなんざこれっぽっちもありません。

最低限、自分の曲は自分で思い通りにしたいので。

ただ、演奏面ではプロでありたいです。

付け焼刃の今回のライヴでは、どこまで示せるかわかりませんが、

これを機にアコギを武器の一つとして正式に復活させます。




自分のため。


すべては自分のため。





でも、



やっぱバンドでライヴやりたいねぇ。


コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )

ライヴでした・・・・

過去最悪の。



演奏力(俺だけ)



ひどいもんでした・・・。

せっかくのテレキャスデビューだったのに。

これじゃギターがかわいそうだ。

練習しよう!

それしかない。

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

DEMOSONG3

I.O.M.

http://www.myspace.com/1001263230

よかったら聴いてやって下さい。



いちいち記事にするのも面倒なので、ブックマークを追加しました。

随時(知らない内にの意)更新されますので、暇な方はチェックして下さいね?


このMY SPACEって、とっても便利ですね?
オリジナル楽曲を持ってらっしゃる方は利用されるといいと思います。
音質はCDに比べるとだいぶ低下しますし、同じものとは考えられないですしね。色んな方に試しに聴いて頂くという意味ではとてもよいツールだと思います。

ちなみにfriendsの中にrichieとかnunoとかがいますが、もちろん友達ではありません。richieのライヴCD音源がUPされていますが、ヤヴァ過ぎです。ギター辞めたくなります。でも辞められません。


やめられないとまらない~ なすび~アソコに挿入!




『び』しか合ってねぇじゃねぇか!『び』しか!!



ごめんなさい!ごめんなさい!


あ、friendsの日の毬というバンドはみーたんの弟のバンドです。よかったらこちらもぜひどうぞ。

お洒落でとてもかっこいいバンドです。

腹立ちます。

ブチキレます。

そんなことはないです。

というのも嘘です。

というのが冗談です。

冗談は顔だけにして下さい。

それをシャレと言えばいいのですか?

いえ。たぶん全然そうです。

むしろ全く微妙です。

そして完全に適当です。

わかっているのは意味不明です。





いかん。

面白くなって来た・・・
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

 便乗

本当に久しぶりにですが、他人の日記に便乗してみようかと。

某パンダーズさんの、某やまぐさんと某健太郎さんが、『曲づくり』について、的な日記を書かれておりましたよ。

面白いですね?人それぞれで全くつくり方違うのですから。

ちなみに自分の場合、タイトルは必ずと言っていいほど最後です。たまにタイトルが決まらないままライヴを迎える曲もあったりします。個人的には最もどうでもいい部分なのでしょう。素敵なタイトルを付けられる方が羨ましいです。はい。

自分の場合は大きく分けて三つです。

1.メロディーが降りてくる

2.詩が降りてくる

3.1と2が同時に降りてくる

4.ギターから生まれる

あら。四つだ。

4の「ギターから生まれる」は、正直ほとんど捨て曲となります。もともとギタリストじゃないので無理があるのでしょう。1の「メロディーから」というのと2の「詩から」というのも、平気で2年ぐらい寝かせられたりします。片方だけでは唄としては成立しないので致し方ないです。日の目を見るまで記憶に残っていればラッキーです。3の「同時」というのが最も早く形になります。前にも書いたかも知れませんが、Stay with me という曲などは一時間ぐらいでほぼ全て出来てしまった曲です。楽器を手にして曲が生まれることは、最近ではほとんどありません。なので、曲が生まれる時は運転中だったり歩行中だったり何かを鑑賞している時が多いです。具体的な映像があって、それをなぞる形で生まれることもあるし、洗濯機の中を覗いているような、混沌とした中で一つ一つ紡ぐような形で生まれることもあります。良し悪しはないですが、覚えやすいのは前者だったりします。まぁ、当然でしょう。

2の「詩から」というケースは、当初は完全に詩であって歌詞ではありません。語呂や韻、字数などは一切考えません。後々着いて来るメロディーによって言葉の選定が行われることになるのですが、この時どうしても適当な言葉が見つからなかった場合、この曲はそれが見つかるまでお蔵入りとなります。メッセージ性などはそれほど意識しませんが、言いたくないことは絶対に言いたくありません。例えば誰かが「死ね」という歌詞で歌っていても全然気になりませんが、自分では絶対にその言葉は入れません。言いたくないので。冗談ではアリかも知れませんが、唄を冗談で唄っているわけではないので入れられません。仮にメンバーがそういう歌詞を書いて『唄って』と言われても断固拒否します。『自分で歌って』と言います。

そういう意味では歌詞に拘りは大いにあるタイプと言えますね?

あと、身内では勝手に「レディースルーム系」、最近では「セータロー系」なんて言ったりしますが、『お前のジャングルにインサート 今宵密夜のシルキーナイツ』とか、それ系の歌詞も書けません。発想として出てこないのです。鳥肌が立ちます。現時点でも立っています。ブロイラーの様に。ですが、人が歌っている分には全く気になりません。不思議です。

こんなに歌詞に拘りを持っているようなことを言っているくせに、dream theaterの歌詞なんか読むとげんなりします。難し過ぎます。そして、当然zepの歌詞なんか読むと思いっきり打ちのめされます。薬やりながら書いているとしか思えません。意味不明です。Since I’ve been lovin’ youとか最高に笑えます。なんなんだそりゃ!ただし、CDは擦り切れるほど聴きました。擦り切れませんが。そして、双方大好きです。ただし、ブルーハーツは大好きですが、ハイロウズはいまいち好きになれなかったりします。要するに、日本語だと過剰に反応するのでしょう。きっとヒロトはハイロウズ的なのでしょうが、ブルーハーツのヒロトがやはり好きなのです。ご本人からすればいい迷惑でしょうが。

戦闘機が買えるぐらいのはした金ならいらない

今でも鳥肌(いい意味で)が立ちます。

これが、

コンドームがとれるぐらいのうまい棒ならいらない

だったら好きになってないです。

48億の個人的な憂鬱 地球がその重みに耐えかねて軋んでる

今でも鳥肌(いい意味で)が立ちます。

これが、

大体3億の暴れオタマジャクシ 口の中で出されてなぜか激怒してる

だったら爆笑します。ある意味惚れます。

キスして欲しい キスして欲しい キスして欲しい キスして欲しい 二人が夢に近付くように キスして欲しい

シンプルですが好感が持てます。特にわたくし、中学生の頃に聴いたので超胸キュン(死語)です。

これが、

キスして欲しい フェ○して欲しい パイ○リしてよ ○股でもいい 本番はだめ?生理が来たの? 金ならあるよ 

だと放送禁止です。

しかし中学生の自分にはたまらないかも知れません。


この様に(どの様にだ?)歌詞とは自分にとって非常大切なものなのです。

しかし、これほどまでに拘っている(様に見えるだけ)の歌詞なのに、主題、というか、テーマは全く意識していません。ってか、無頓着です。なのでタイトルが出てこないのですね?

お!

今これを書きながら気付いた。

主題がなかったんだなぁ。なるほど!

いや、あるにはあるんですよ?ただ、それは言い終わった後でわかる結論みたいなもので、これを伝えたいからこう言う、みたいな類のものではないのですね。ちょっと意識して書いてみよう。

お題なら得意なんですがね。








さて。

構想を練ろう。

不定期ナイトしっぽりの。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

demosong第二弾

良かったら聴いてやって下さい。

life gose on

http://www.myspace.com/1001263230


astnargeというバンドを始めた当初からあったみーたん作の曲です。ステージで演奏するようになるまでにずいぶん時間がかかった曲ですが、そのせいか今は毎回と言っていいぐらいやってます。

ラフな感じに仕上がって(まだ仕上がってはないのですが)います。出来ればヘッドフォンを使用して聴いて下さればと思います。

歌詞もこのブログ内に記載してますので、もの好きな方はどうぞ。

ご批判ご助言大歓迎です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

demosong

こんにちは


ああこんにちは


こんにちは

demosongが公開されているようなので、暇な方はぜひ聴いてやって下さい。


http://www.myspace.com/1001263230


HPじゃなかったみたいです。

astnargeのフレンドって方がいらっしゃいますが、ずぇんずぇん知らない人です。

突飛過ぎて笑えます。

tomとozzieって。

誰やねん。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

ライヴです

すっかり告知を忘れていましたが、

4/29(火) after hours

ライヴです。

暇な方も暇じゃない方もぜひお越しやす。

話は変わりますが、新しいDEMO音源がそのうちUPされると思いますよ。
たぶんHPで。

暇な方はまた聴いてやって下さい。

知っている人は知っている曲だと思います。


またまた話は変わりますが、最近DAWを少しだけ真面目にやってみようと試みています。まぁ、まだまだ「試み」程度です。ですが、試み程度でもかなり便利です。時間にゆとりのある時なら、全てを身振り手振りで組み立てていくのが自分の主義ですが、そうじゃない時にはこれほど便利なものはありませんね。あと、バンド曲としては捨て曲っぽいものを形に遺すツールとしても便利です。捨て曲集作っちゃおうかな。なんつって。

ただ、面白いことに、このツールにインスピレーションを受けることって一切ないですね。不思議です。ギター、ベース、キーボード、手に触れられる楽器って、必ず何かしらのインスピレーションを受けるもので、良くも悪くも曲が一時的に『ワサッ!』っと出来るものなのですが、そういった感覚が一切ナッスィング。このツールが楽器ではないということの裏返しなんでしょうか?よくわかりません。

まだまだ時間はかかるでしょうが、いつか出来るであろう『ma捨て曲集』に、乞う!ご期待!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

好きじゃない

俺は、そういうのは好きじゃない。

事情、とか、経緯、とか、そんなものは知ったこっちゃない。

ただ、好きじゃない。

生理的なものだ。

仕方ない。

だからと言って、何が変わるわけでも変えるわけでもない。

ただ、好きじゃない。

価値観の問題。

それだけだ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

world enough

world enough


与えることと欲しがることの 一つずつを両手に
言葉が足りない? なら、それでいい いびつでもぎこちなくても

話してみて 触り合って
色んなこと感じたら ほら
意外と満ち足りちゃいないかい?

手に手を取り生きられる ほんのちょっとの敬意で
Love & Peace 唄ってみたいんだ
世界が変わる 僕らの見方ひとつで

肌や目の色 言葉や思想 違うこと罪ですか?ねぇ
彼の幸せと 此の幸せと 奪い合わずにいられない

笑い合って たまに泣いて
色んなこと感じたら ほら
意外と分かり合えませんか?

背に背を向けいがみ合う ほんのちょっとの嫌疑で
Love & Peace 唄ってみないかい?
世界は変わる 僕らの見方次第で


花には水を遣り 
色んなこと感じたら ほら
意外と満ち足りちゃいないかい?世界は、満ち足りてる

誰と誰が争う? それぞれの主張、原理で
君と僕が争う? 分かり合うこともなく?
手に手を取り合って ほんのちょっとの敬意を!
Love & Peace今日より明日が
いい日であれ、と 願えば叶うはず、so World enough!
コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )

life goes on

life goes on


ねぇ、つまり 君は行ってしまうってことかい?
     つまり 僕は置いてけぼりってことかい?
   木陰のベンチに残る影は
   綺麗な思い出?ウラミ?ツラミ?

そして日々は流れて全ては変わる だけど ヤルコト大差ないの、なんで?

通り過ぎる電車の窓眺め 数える
成り行きに身を委ねているのは 最小限の自己防衛で

彷徨える御霊のランディングポイント
でも、もし、たら、れば、繰り返して でも
結果オーライ that’s all right それはそれでアリ
この身を賭して得られるもの
when where what who how この手をすり抜けてく
ナイスガイぶって It’s OK! 痛々しくも続く我が道 
life goes on

ねぇ、つまり 人は変われやしないってことかい?
    つまり 地団駄踏んで爪を噛んで


やがて潰える道 ロクでもないこの道
されど我が道だと life is going on


遮断機の上がらない踏切で 足踏み
成行きに身を任せているのは 最大限の自己証明で

記憶を閉じて咲き誇るの
でも、もし、たら、れば、繰り返して でも
失敗上等 正常と 言い聞かせるもアリ
この身を投じて得られるもの
過去 今 未来 現在進行形の人生 でも
結果オーライ that’s all right 華々しく散るのも我が道
life goes on!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ