練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

再熱除湿

2019年07月31日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

今日はアセットフォーの定休日。

第5に当たるため、昨日は休みではありませんでした。

先週も連休じゃなかったし、損した気分です・・・。

毎日、湿度が高いですね。

家を出る度に嫌になります。

昨日の朝の湿度は84%でした。

気温は26℃です。

ちなみに我が家のエアコン設定温度は28℃。

湿度は60%位だと思います。

気温は高いけど湿度が低い分、家の中の方が快適なんですよね。

絶対湿度は前者17g、後者14gといったところでしょう。

でも不快指数等を調べてみると、それほどの差はありません。

何故?

考えて、気が付きました。

家の中と外とは、着衣量が違います。

だからか・・・。

同じ環境なら、薄着の方が涼しいに決まってますよね。


私の寝室の場合、東側の窓は横から日差しが差すため、朝方のダイレクトゲインが凄いんです。

晴れていれば、窓の外にお日様が見えます。

遮る物は何もありません。

レースのカーテンすら、下げていないんです。

あっ!

南側は軒のお陰で日差しが入りませんから、朝のうちだけの話です。

当然、この時間帯は自然室温が上がります。

恐らく、外気より4℃位高いでしょう。

これをエアコンが冷やそうと頑張るので、湿度も下がります。

だから28℃でも、湿度が低いんです。

まるで再熱除湿エアコンのようですね。

片や生ぬるい空気を冷たくして除湿。

それをヒーターで適温まで暖めて吹き出す。

我が家の場合は、日射で暖められた空気をエアコンで冷やして除湿する。

たぶん、後者の方が省エネですよね?

だってヒーターよりは、エアコンの方がCOP低いでしょ・・・。

でも、日射遮蔽出来るようにしないとまずいですよね。

もっと気温が高くなれば、再熱除湿の必要なんてありません。

高い室温をエアコンで冷やせば除湿できますから・・・。

そろそろカーテン買わないとなぁー。

断熱性の高いハニカムサーモスクリーンがいいなぁー。

出来れば、シェードも取付けたいんですけど・・・。

posted by Hoppy Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分 

コメント

無垢の床板

2019年07月30日 11時54分36秒 | 木育・住育

今日も暑いですね~。

『FPの家 H邸』では、額に汗流しつつ、多くの職人さんが作業を進めています。

透湿防水シートを貫通したCD管を撮ってみました。

管回りに付着しているのは、現場発泡ウレタンです。

穴を大きめに明け、そこに管を通し、ウレタンを充填しました。

表面の出っ張りを切削すると、こんな感じになります。

ここで用意したのが、黒いゴムシートです。

NJKのゴームパッキンと言います。

中央の穴に管を挿し込み、これを奥まで押し込みます。

あとは四方を防水テープで貼り付ければ完了です。

これで、CD管回りの気密・防湿・防水効果を高めることが出来ます。

簡単かつ確実なので、最近はもっぱら、これを使っています。

中では、無垢床材の施工が始まりました。

今回採用したのはオーク材です。

でも、いつもとは違い、ウレタン塗装品にしました。

パッキンを挟みつつ、板間の隙間を確保しながら貼り込んでいくため、結構手間が掛かるんですよね。

でも無垢フロアーは、空気中の湿気を吸ったり吐いたりする際に、伸び縮みをするから仕方ありません。

伸びる分を予め見越して隙間を空けておかなければ、うぐいす張りのように鳴いてしまいます。

隙間の大きさは、計算で求める事が可能です。

必要なデーターは以下の通り。

①フロアーの含水率

②樹種と伸縮度係数

③フロアー巾

そして、その値を次式に代入すれば、適切な隙間を知ることが出来るんです。

含水率の変化(%)×使用する樹種の伸縮度係数×フロアー巾≒適切な隙間

例えば、今回採用したフアーの場合はこうなりす。

①フロアーの含水率は10%。

②樹種はナラ、板目方向の伸縮度係数は0.00365となっています。

3フロアー巾は90mm。

含水率の変化とは、フロアーが平衡含水率になった時と現状の差を言います。

含水率10%のフロアーが12%になるのであれば、2%がこれに当たります。

伸縮度係数は、樹種により異なります。

また上記の値は、含水率が6~14%の範囲にある場合に限ります。

ちなみにタモであれば0.00274、メープルであれば0.00353となります。

この値は板目のものであり、木目であればおよそ半分になります。

もしもナラの板目と柾目が混じっているフロアーであれば、伸縮度係数は(0.0365+0.001825)/2≒0.00274とします。

さあ、計算してみましょう。

2%×0.00365×90mm≒0.657

0.6~0.7mmのパッキンを挟めば、夏・冬の高湿・低湿でもうぐいす張りにはならない事がわかりました。

合板フロアーあれば、こんな面倒な計算&施工をしなくてもいいんですよね。

だって、合板は伸び縮みが少ないですから。

薄いベニヤ(木材をかつら剥きしたもの)を何層も重ね、接着剤でガチガチに固めたのが、合板フロアーです。

重ねる際に、繊維方向を互い違いにする事で、お互いの伸び縮みを拘束するようになっています。

繊維内の湿気を吸ったり吐いたりする隙間には、接着剤が入り込んでいるので、そもそも湿気が入る隙間も少なくなってるし・・・。

その為、同じ木質建材であっても、無垢フロアーと合板フロアーでは吸放湿性能が全く違います。

クッション性・温冷感・耐久性等々、両者は似ているようで全然違います。

だから弊社は合板フロアーは使いません。

出来れば、自然塗料が良かったと思います。

ウレタン塗装も悪くありませんが、吸放湿性が無くなっちゃうんですよね。

裸足で歩いた時のサラサラ感もありません。

キズが付きにくいのはメリットだし、汚れの付着も少ない・・・。

でも自然塗料と違って、簡単に上塗りすることが出来ません。

塗装が痛んできたら、表面の塗料を削り取らなければ、再塗装する事が出来ないんです。

合板フロアーのように、10年位できたなくなって張り替えるのなら問題ありません。

でも無垢フロアーであれば、30年はもつ筈です。

塗装のし易さも、重要な選択肢だと思うんですよね。

床下点検口が設置されました。

写真は気密蓋が閉まった状態です。

まだ蓋の表面に床材が貼られていません。

気密蓋は、こんな感じです。

意外と重くて、しっかりと気密がとれそうな造りになっています。

その下の断熱蓋がコレです。

これらが嵌る枠がコレ!

全体的としては、こんな風になっています。

点検口を設けておけば、いつでも床下に進入することが可能です。

予め断熱・気密対策が施されているので、性能も担保されています。

施工だって簡単です。

以前採用していた物と異なり、経年破損が少ないのが一番の魅力だと思います。

気が付いたら、断熱蓋が落ちていて床が冷たくなっていた・・・。

なんて事もありません。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

窓の性能を比較しましょう!

2019年07月30日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

日曜日、先日の構造現場見学会にご参加戴いた方が弊社を訪ねてくれました。

色々とお話をさせて戴きましたが、お客様よりこんな質問を戴いたんです。

「御社はペアガラスが標準でしょ?」

「他所では、トリプルガラスを使ってるよね?」

「それって、どの位高くなるの?」

断熱に興味をお持ちのようですね。

早速お答えしました。

おそらく、トリプルガラスをお使いの工務店は、防火設備の要らない地域で建てていると思われます。

防火設備に該当するトリプルガラスって、かなりお高くなりますよ。

防火設備に該当しないトリプルガラスと、防火設備に該当するペアガラスの価格がほぼ同じくらいですから・・・。

ちなみに、窓のフレームとガラスの違いによる断熱性能を比較すると、次のようになります。

一般的な住宅用グラスウール16K(100mm)壁のU値は0.5W/㎡・Kです。

アルミフレーム&Low-E複層ガラスのU値は3.49W/㎡・K。

これって、住宅用グラスウール16Kであれば約7mmに相当します。

フレームを樹脂とアルミの複合材にすると、こうなります。

U値は2.33W/㎡・K。

住宅用グラスウール16Kであれば約15mmに相当します。

フレームを樹脂に変えると・・・。

U値は1.48W/㎡・K。

住宅用グラスウール16Kであれば約30mmに相当します。

弊社の場合は、中空層にアルゴンガスを封入してさらなる高断熱化を図っていますが、ガラスが網入りとなり中空層が小さくなる分少し落ちるんですよね。

 

U値は1.68W/㎡・K。

 

住宅用グラスウール16Kであれば約34mm。

4mmも違うんだ・・・。

そしてガラスをトリプルにすると・・・。

U値は0.91W/㎡・K。

住宅用グラスウール16Kであれば約55mmに相当します。

やっぱり、トリプルガラスって凄いですよね。

でも防火対応になると、性能は落ちます。

エクセルシャノンの防火トリプルのU値は1.25W/㎡・K。

住宅用グラスウール16Kであれば約40mmに相当します。

値段の割には、性能差はありません。

でも、快適性は確実に増すんですよね・・・。

防火対応ではありませんが、こんな窓もあります。

樹脂フレーム+5枚ガラス、もちろんアルゴンガス入り。

Low-E膜も4枚付いています。

U値は0.55W/㎡・K。

ほとんど壁とかわりません。

でも価格は、かなり高くなるようです。

窓の高性能化と費用対効果って、難しいですよね。

日射取得率も大きく関係するし・・・。

いつも思うんですが、防火設備でなければもっと安く出来るんですよね・・・。

絶対に不公平だと思います。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

基礎の打ち継ぎ部分の処理

2019年07月29日 13時06分37秒 | 注文住宅 その他

練馬・板橋は、まだ梅雨明け前。

曇天、気温は33℃、凄い湿度です。

『FPの家 H邸』

基礎の打ち継ぎ部分の防水工事を行っています。

打ち継ぎとは、基礎のコンクリートを打設する際に出来る継ぎ目の事。

上写真の矢印部分にある線が、これに当たります。

イラストで示すと、こんな感じです。

固まったコンクリートの上に、固まる前のコンクリートを打設しても、新旧コンクリート同志は付着しません。

だから図中の赤い部分(打ち継ぎ部)には、隙間が存在します。

その隙間から侵入する水やシロアリの対策って、必要なんですよね。

写真は、打ち継ぎ部巾止め金具回りに充填されたボレイトシールを撮ったものです。

シロアリの侵入路になりやすい為、ホウ酸入りシーリング剤にてシロアリ対策を行っています。

そして今回行っているのが、打ち継ぎ部からの水の侵入防止策です。

弊社では、基礎防水に『ビッグサン工法』を採用します。

エマルジョンを主成分とするポリマーセメント系塗膜防水材です。

従来の有機溶剤系防水材とは異なり、 臭気・毒性の低減を図った環境に優しい防水材なんですよ

これを基礎に2回塗りします。

メリットは以下の通りです。

①エマルジョンタイプですから、塗布対象物が湿潤な状態でも、そのまま施工ができます。工期の短縮化を図り、作業性を格段に飛躍させることが可能です。

各種下地(モルタル・コンクリート・ウレタン等)に対して優れた接着性を有し、経時変化にも強くなっています。

作業者の安全性を徹底追及して生まれた水系防水材です。常温施工が可能で、有機溶剤系防水材と比べて人体に安全です。特定化学物質障害予防規則に該当しません。

急勾配や段差のある箇所に対応した半フロータイプです。 形成された防水層は、柔軟で防水性に優れ、下地の動きにも追従します。

特に①と④がうれしいんです。

足場を撤去したら、この上にモルタルを塗ります。

金ゴテで押さえれば、基礎仕上げは完成です。

軒天下地も、だいぶ進みました。

中では、妻壁や階間部分に石膏ボードが張られ

天井野縁も、着々と組み上げられています。

天井点検口を設置する部分の開口を撮ってみました。

天井裏に上がれるようにする事、これ重要です。

何かがあって、天井裏を覗いてみたくても、これが無ければ覗けません。

中に入る事だって可能です。

目立たない所で、進入時に障害となる物がない場所に設けるようにしています。

押入天井は、目立たなくていいんだけど進入するのに大変なんですよね。

中の荷物を片付けないといけないし、枕棚があって脚立で上がることが出来ないんです。

ウォークインクローゼットが理想的かも・・・。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

生活時間がバラバラで・・・

2019年07月29日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

お風呂の省エネについて書きたいと思います。

お風呂の省エネを考える時、気になるのが『追い炊き』です。

水栓から直接お湯を落とす『差し湯』と比べると、なんとなく省エネな気がしませんか?

でも、実際は差し湯の方が省エネだったりするんです。

自動モードにしていると、勝手に追い炊きするでしょ?

これ、結構勿体ない事なんです。

でも、家族の生活時間がバラバラだから仕方ない・・・。

諦めている人も多いと思います。

そんな方にお勧めなのが、『高断熱浴槽』です。

各ユニットバスメーカーで用意しているので、ネット検索をすれば、すぐに見つけることが出来ると思います。

写真のように、浴槽と蓋の断熱性を高めた保温浴槽です。

某メーカーの魔法瓶浴槽が有名でしょ?

あっ、実際にオレンジ色している訳ではありません。念のため・・・。

お湯が冷めにくいので、追い炊きを減らすことで光熱費の削減を図ることが出来ます。

上表は、従来の浴槽と高断熱浴槽(サーモバスS)の4時間後の温度低下を比較したものとなります。

前者は約7℃、そして後者は2.5℃以下ですから、その差は4.5℃。

ユニットバス周辺の温度を10℃±2℃の環境を測定条件としています。

その他の細かい設定は、表下をご確認ください。

この時の光熱費削減効果は、約3300円/年。

これなら、家族の生活時間がバラバラでも大丈夫でしょ?

LIXIL/パッシプファースト早わかりより、文章の一部及び写真・表を抜粋しています。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

安全な水

2019年07月28日 12時00分00秒 | メンテナンス

今日は日曜日、現場はお休みです。

せっかく雨が止んだというのに・・・。

昨日、弊社OB宅にお邪魔してきました。

目的はコレです。

何だと思いますか?

答えは、セントラル浄水システムなんです。

水道メーターからの給水管にこれを繋げる事で、家中の水をきれいに出来る装置です。

世界に名だたる我が国の水道水ですが、それなりに不純物が含まれています。

口にすれば、害のある物質だって色々含まれているんです。

これらを取り除くことが出来れば、身体に良いし、洗濯物が良く落ちるようになったり、髪の毛の抜ける量が減ったりもします。

詳しく知りたい方は、メーカーページを貼っておきます。

じっくりとご覧ください。

https://www.dax-anoa.com/

目的の話でしたね。

お引渡し後の定期巡回を兼ねて、浄水器のカートリッジ交換を行って来たんです。

これが、新しいカートリッジです。

写真は本体のカバーを外し、カートリッジを剥き出しにしたところです。

これを外し、新しいカトリッジに交換すれば作業完了です。

手順はこんな感じです。

作業時間は5分位です。

特殊な工具も要らないし、作業内容も至って簡単です。

ちょっと重いし、外す時に力がいるから女性だと厳しいかも・・・。

その他、建具の建付調整をして帰ってきました。

持ち帰った古いカートリッジを、バラシてみました。

このカートリッジ、1年毎に交換するんです。

しかも、家中の全ての水を浄化しています。

フィルターが相当黒くなっていると思ったんです。

おっ、黒くなってる!

写真右上がフィルター本体です。

表面に不織布らしき物が巻かれています。

早速、取り除いてみました。

活性炭のような、黒い粒々が固まっています。

さわると、ポロポロ落ちて来ます。

臭いも無いし、ヌメリのような物も見当たりません。

ケースの中を覗くと、茶色い水が溜まっていた位でしょうか。

もっと凄い画を期待していたのに・・・。

このフィルター、相当浄水能力が高いんでしょうね。

それなりの価格ですが、家中の水を1年間きれいにしてくれると思えば安いと思います。

ミネラル水を購入している方であれば、それだけで元が取れると思います。

水って、重要ですよね。

もっと、需要があっても良いと思います。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

換気に関するお話

2019年07月28日 08時00分00秒 | 24時間換気システム・風量測定

雨です。

梅雨だから、仕方ない・・・。

こんな日は、窓も開けられません。

でも、大丈夫。

換気システムがあけば、窓開け換気の必要なんてありませんから。

本当でしょうか?

今回も、換気に関するお話です。

換気の目的は、家の中の空気を入れ替えて、酸素とCO2割合を整えることです。

24間換気システムによって、ゆっくりと家の中の空気を動かします。

汚れた空気を排出し、屋外の新鮮空気を取り込むことができます。

兄弟がはしゃいでいる子ども部屋

ご家族が眠る寝室

どの部屋も、呼吸をするだけでどんどんCO2が増えていきます。

でも24時間換気システムが正しく作動していれば、いつだって新鮮な空気に包まれて暮らすことができるのです。

しかし、換気扇を回してさえいれば、換気できている訳ではありません。

計画通りに換気をするためには、『気密がとれている』ことが重要なんです

気密とは、家のすき間を塞いで、家内外の空気の出入りを無くすこと。

イメージしてください。

これから、コップの底のジュースをストローで飲みます

もしストローに穴が開いていたら、どんなに吸ってもジュースを口にすることはできません。

でも穴を塞げば、口にすることが出来るでしょ?

気も同じなんです。

家の中の空気を外に排出しようと換気扇を回しても、家のあちこちにすき間がある状態では、隙間から空気が抜けてしまいます。

これでは空気の流れをコントロールすることは出来ません。

空気の流れをつくるためには、ストローに穴が開いていない状態にする必要があります。

つまり計画した穴以外に空気の抜け道がない状態をつくる。

これがポイントになるんです。

望まないところにできたすき間をいかに少なくするか(気密性の高い家をつくる)が、正しい換気を行う鍵を握っている訳です。

こんな実験結果もあります。

第3種換気の建物の気密性能と自然給気口からの給気量を比較しています。

この実験では、C値が1.5㎠/㎡を上廻った時点で、換気口Aからの排気が始まったといいます。

つまり、この時点で計画換気が破綻したことになります。

換気システムが正しく機能する為の前提条件は、一定の気密性能を有していること。

そして、その気密性能はシステムごとに異なります。

一般的には、第3種の方が第1種よりもより高い気密性能を求められているようです。

前者のC値は0.6㎠/㎡、後者のC値は1.0㎠/㎡というところでしょうか。

弊社では、どちらも0.3㎠/㎡を下回るようにしています。

文中緑の部分およびイラストは、からだにいい家のつくり方/FPの家グループ工務店著/エクスナレッジ刊より一部を抜粋しました。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

換気ダクト施工の注意点

2019年07月27日 16時39分28秒 | 24時間換気システム・風量測定

雨が止んで良かった・・・。

練馬・板橋は台風前の晴れ間となっています。

時折覗く太陽はジリジリと熱い日差しを注ぐし、湿度が高くて堪りません。

『FPの家 H邸』

今日は、助っ人を呼んで外回り作業をお願いしました。

軒裏下地の施工です。

通気胴縁施工前につき、パッキンを挟みながらの施工となりました。

これで、サイディング裏の通気が軒裏から換気棟まで抜けるようになります。

来月早々に入って来るサイディング屋さんも、すぐに作業を始められるそうです・・・。

そして、中では天井野縁の施工を行っています。

写真左側に見える銀色の配管は、換気ダクトです。

今回は第1種換気システムを採用したので、給気・排気ともスパイラル管を採用しています。

いつものフレキ配管に比べると、ダクト自体がきれいですよね。

管がまっすぐだし、曲がり部分もきちんとしている気がします。

でも、施工は面倒なんだそうです。

管自体が金属製だから、重いし加工が面倒・・・。

当然、手間賃も余計掛かります。

材料費だって、ばかになりません。

では、何故そこまでしてスパイラル管を使うのでしょうか?

この辺りの事を今回は書きたいと思います。

そもそもダクト内には空気が流れます。

給気ダクトであれば、新鮮空気が。

そして排気ダクトであれば、汚れた空気が通ります。

熱交換タイプの換気システムの仕組みを描いたイラストです。

ここで言う『給気ダクト』とは、イラストに『室内への給気』とある部分です。

そして『排気ダクト』とは、同様に『室内からの排気』とある部分となります。

図中『フィルター』とある部分に防虫・防塵フィルターを設け、熱交換素子の汚れを防ぐのが一般的となっています。

室内空気であれ、外気であれ、その多寡はあれど虫や埃・塵を含んでいます。

だからダクト内に、それらが付着・沈降していても不思議ないでしょ?

捨ててしまう空気であれば、ダクト内の埃・塵で汚れても問題ありません。

でも、呼吸するための新鮮空気が汚れるのはゴメンです。

これ、築23年のお宅の屋外からの給気配管の内部です。

フレキ管を使っていました。

これは、フィルターです。

完全に目詰まりしています・・・。

これを見ると、少しでも付着・沈降しにくいダクトを選びたいと思います。

だから、より内面が平滑で空気が淀みなく流れるスパイラル管を選びました。

この辺りが、普段採用している第3種換気と第1種換気の導入時の違いでもあります。

前者には排気ダクトしかありません。

よってフレキ配管でも、問題ありません。

でも後者でそれを使うのは問題だと思うんです。

弊社が第1種換気システムを採用する場合に限りスパイラル管を採用する理由がわかった所で、ダクトに関する一般的な話を書きたいと思います。

ダクトは換気にとって、重要な部材です。

でも、空気の流れを阻害する要素でもあるんです。

圧力損失(圧力損失とは、流体が機械装置などを通過する際の単位時間単位流量あたりのエネルギー損失の事。摩擦損失とも呼ばれます。/以下圧損)は、ダクトの長さに比例します。

だから長さ10mのダクトは、5mの長さのダクトに比べて2倍の圧損が掛かるんです。

例えば、上図でA点からC点までのダクト長は2.828m。

途中、B点を経由する場合のダクト長は4.000mになります。

この時の圧損は、2.828対4.000。

つまり、後者は前者の1.41倍にもなるんです。

よって、ダクトの長さは極力短くする必要がある訳です。

そして流量と圧損の関係流量Qは流速×ダクトの断面面積で求められます。

だからダクト径を変えずに排気量Qを2倍にすると、ダクト内を流れる空気の速さは2倍になります。

そして圧損は流速の2乗に比例するので、ダクト径を変えずに排気量を増やすと、流速は2倍になり、圧損は4倍になる訳です。

例えば流量100㎥/h時の、直径50mmダクトを流れる速さと100mmダクトの速さを比較してみましょう。

ちなみに50mmダクトの面積は0.0019625㎡、100mmダクトの面積は0.00785㎡となります。

100㎥/h=流速×ダクト面積ですから、前者は14.15m/s、後者は3.5m/sとなります。

圧損は流速の2乗に比例するので、前者と後者のそれは、実に16.3倍にもなるんです。

凄いでしょ?

結論。

圧損を少なくしたければダクト径を大きくしましょう!

まとめると、こうなります。

①ダクト長さを短くする。

②ダクト径を大きくする。

以上2点がダクト配管時の留意点ですが、これだけでOKとはいえません。

イラストのような部分が問題だからです。

これらの箇所は、圧損を多くする部位と言えます。

つまり、曲がり等が多いほど圧損も増える・・・。

でも現場を見ると、こうした施工は至る所で確認できます。

ゼロにするなんて、出来そうにありません。

結論。

数を減らす事もしましょう!

そして、その形状を工夫しましょう!

ダクトのカーブは、ゆるいほど圧損が少なくなります。

つまり急カーブ厳禁、車と同じなんです。

現場では、設計図の通りのルートで配管が行われています。

曲がりや分岐、収縮の位置も、設計図の通りです。

でもその形状は、施工者に委ねられているんです。

決められた部材を使い分けて、よりスムーズに空気が流れるようなダクティング行わなければなりません。

そうでないと、換気風量測定をした際に設計風量を大きく下廻るかもしれない・・・。

換気配管って、経験と熱意が勝負なんだと思います。

ただ繋げば良い訳ではありません。

こんな事を書いていると、フレキ配管でいいのかな?

なんて不安になります。

排気だけだから良いんじゃない?

なんて気を抜かないで、丁寧な施工を心掛けたいと思います。

そうそうユニットバスの設置、無事終わりました。

こんな感じです。

台風が近づいています。

外回りの防水が終わって良かったと思います。

念のため、周りの材料や端材も片付けないといけませんね。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

収納内の換気

2019年07月27日 08時00分00秒 | 24時間換気システム・風量測定

雨です。

梅雨だから、仕方ない・・・。

押入の中が心配になります。

かび

湿気

でも大丈夫です。

押入内の空気を動かすことで、かびや湿気を防ぐことは可能です。

弊社では、第3種および第1種換気をお勧めしています。

いずれもダクト式集中換気システムです。

ノンダクト式を採用する事はありません。

第1種を採用する場合は、全熱交換機器を利用して湿度管理を行います。

第3種の場合は、特に湿気対策を行いません。

そのせいか、このシーズンは後者の採用が心配な方も少なくないようです。

少しだけ、ダクト式第3種換気システムについて書かれた記事をご紹介したいと思います。

弊社と同じ考え方に基づいて書かれた、ダクト式とノンダクト式の違いについての記事となります。

自然給気口は、一般的な第3種換気と同じように各部屋に取り付けます。

違うのは、汚れた空気をダクト(管)で集めて1カ所から外に排出する点。

廊下やクローゼットの中に排気口を設けるので、外壁に面していない場所の空気も確実に換気できる点がメリットです。

一番きれいな空気で満たしておきたいリビングや個室に給気口を設置。

においや湿気が気になる浴室やトイレ、収納内に排気口を付けて、常に空気の流れをつくることが大切です。

先日、ノンダクト式換気システムを販売している方と話す機会を戴きました。

ノンダクトを採用しない理由を尋ねられた際に、私が挙げた理由は以下の通りです。

①稼働時の音がうるさい

②収納内の換気が出来ない

③ダクト工事不要はうれしいが、機器が高いのでコストメリットがない

④建物中央の換気効果が?

うーん・・・。

収納内の換気ですか・・・。

湿気ますよね。

こうした換気システムって、北欧のものが多いんですよね。

だから、湿度対策を考えていません。

押入壁とふとんの間に隙間をつくる。

すのこを利用し、床に直接置かない。

湿気取りを併用する。

普段は扉を開けておく

等々の対策を行う必要がある訳です。

防虫剤を入れているご家庭であれば、換気する事でこれらの毒性からご家族を守ることも出来ます。

押入天井に排気口、日本には必要な対策だと思うんですが・・・。

文中緑の部分およびイラストは、からだにいい家のつくり方/FPの家グループ工務店著/エクスナレッジ刊より一部を抜粋しました。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

雨水侵入対策

2019年07月26日 13時54分03秒 | 外壁・屋根・外構工事

梅雨明けではないようですね。

ここ数日の天気を勝手に解釈していました。

単なる梅雨の中休み・・・。

せめて練馬・板橋だけでも、早く明けて欲しいなぁー。

『FPの家 H邸』

雨水侵入対策を行いました。

透湿防水シートを貫通する、エアコンダクト廻りの止水処理の様子です。

毎度御なじみのNJK製ドームパッキンを採用しました。

換気ダクト廻りの止水処理の様子です。

Φ150mm程度なら、ドームパッキンを採用する事が多いですね。

施工も簡単だし、重宝しています。

でも、径の大きな倍場合は使えません。

そんな時は、旭・デュポン フラッシュスパンプロダクツ製のストレッチガードを採用します。

ストレッチガードは、デュポン独自の高密度ポリエチレン不織布タイベックを保護層とするブチル系粘着性水切りシートです。 

シート面は抜群の耐久性を誇るデュポン タイベックを使用しています。

ストレッチガード®ロールの構成図

タイベックは、0.5~10ミクロンのポリエチレン極細長繊維をランダムに積層し、熱と圧力だけで結合させた不織布です。

優れた透湿・防水性能に加えて、抜群の強度と耐久性能を保持しています。

2分割された剥離紙が剥がしやすくて、施工も楽なんですよね。

でも、少しお高い・・・。

だから、使う場所を考えて使います。

例えば、バルコニー笠木の天端部分にはNJK製のシールドコーナー。

納まりによってA・Bを使い分けます。

こんな場所では、こう使います。

そして、防水テープを貼り付けます。

こんな場所は、こう使います。

普段は、こっちの納まりの方が多いんですが・・・。

いずれにしても、楽チン施工が可能です。

今回は、こんな納まりで苦労しました。

えっ、どう納めたのか?

それは、秘密です。

まだ、電線やCD管の貫通施工は行われていません。

施工が完了次第、この部分の処理を行いたいと思います。

この施工を終えないと、瑕疵保険会社による防水検査を受ける事が出来ません。

防水検査に合格しなければ、外壁工事も進められない・・・。

急いでやらないと、外回りの工事がドンドン遅れてしまいます。

続いて、建物内部の様子をお伝えします。

2階では、ユニットバス施工を行っています。

下から見ると、こんな感じです。

浴槽には断熱浴槽を採用しました。

2階お風呂って床が冷たくないから、冬楽ですよね。

でも、水漏れが心配です。

だから、階下から覗けるように点検口を設ける必要があります。

古くなって劣化したパッキンからの漏水って、たまにあるんですよね・・・。

換気ダクト施工も、だいぶ進んでいます。

施工は大変だけど、スパイラル管ってきれいですよね。

圧損も少なくできるので、安心です。

天井野縁の施工も始まりました。

8月いっぱいで、木工事を終わらせる予定です。

もう少しペースを上げないと、いけないかな?

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

暖かいの効果

2019年07月26日 08時00分00秒 | 健康住宅

以下、ナイスビジネスレポート(2019.07.012付)からの抜粋です。

幼児期の身体活動不足は、小児肥満や体温調節機能の発達不全・運動能力の機能低下と相関関係にあるとされています。

これに対して、文部科学省やWHOからも幼児期の運動指針が示されている事をご存知でしょうか。

『スキャモンの発達曲線』によれば、6歳までに神経系の約9割が形成され、『小学校に入学するまでにいかに身体を動かすか』が、その後の学力にも大きく影響すると言われています。

三重・広島・高知県にある7つの幼稚園において、幼稚園の保育室および自宅の温湿度環境と、園児の病欠理由や活動量との関係が調査されました。

ここでは、『室温12.5℃以上かつ湿度52.5%以上の温暖な寝室で眠る園児は、そうでない園児の4.2倍も病欠しにくい』ことが分かっています。

また身体活動についても、『温暖で高湿度な寝室だと、低温度低湿度な寝室と比べて活発な園児が6.2倍も多くなる』ことが分かっています。

保育室についても同様です。

低温高湿に比べて高温低湿の保育室の方が活動量の多い園児は、5.2倍にも達しました。

ある幼稚園が、建替えにより床暖房が設置され、園庭も芝生となり、園児達が積極的に遊びたくなる施設に生まれ変わりました。

これにより、園児の活発な活動時間は平均で12分も増えたそうです。

このように活動時間が増えれば、自ずと運動能力は向上し、学習能力を身に着けながら成長していくと考えられます。

この調査では、『自宅と保育室が暖かいと、園児の毎日の運動量が増えて病欠が減る』という事を、数字として実証出来た事に大きな意味があります。

室温12.5℃以上って、決して暖かい環境とは思えません。

それでも、これだけの効果があるんですね・・・。

我が家にも、幼稚園に通う娘がいます。

我が家の寝室は、冬季19℃以上。

幼稚園の温度は残念ながら把握できていません。

でも、充分暖かいんだと思います。

だって、我が娘の活動量は半端ありません。

いつも家中を走り廻っています。

良く食べるし、夜は疲れてバタンキュー・・・。

これって、暖かい家&保育室効果に違いないでしょ?

親として思います。

日本全国、暖かい家&保育室だらけになると良いですね。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

窓枠の取付が始まりました。

2019年07月25日 11時45分12秒 | 注文住宅/木工事

天気がはっきりしません。

練馬・板橋の空は、雲雲雲・・・。

お日様は顔を出してくれません。

『FPの家 H邸』

バルコニーの防水&外壁の透湿防水シート施工が、無事完了しました。

これで、ようやく内部の造作工事を進めることが出来ます。

写真は、外壁内側に設ける配線野縁と階間部分の石膏ボード張りの様子です。

2階ユニットバス上部の妻壁にも、石膏ボードを貼り始めました。

ユニットバスの天井及び壁部分の石膏ボード張りも完了です。

天井野縁を組む大工、窓枠を取付ける大工、ここからは手を分けて作業を行います。

今回の窓枠は、無垢材を採用。

こんな材料です。

しかも、お客様のご要望で留め加工になっています。

留め加工とは、材の端を45度に切り、それぞれをくっつける加工です。

 

窓枠等の加工は、上図右側の竪勝ち加工が一般的。

留め加工に比べて、材料が余計に掛かります。

おまけにゴミも出ます。

大工さんの加工だって、少しだけ大変です。

だから最近は、こうした加工は減ってるんですよね・・・。

ジャストカット窓枠であれば、梱包を解き、部材を組立て、明けられた穴に同梱されたビスを留め付けるだけ。

鋸も必要ありません。

ゴミは梱包資材のみ・・・。

大工さにも、留め加工なんて久し振りだと思います。

腕の見せ処ですね。

窓によっては、膳板納まりにしている所もあります。

こんな加工です。

下にある、大きな部材が膳板です。

そこに竪・横の窓枠を組み、載せて固定します。

かなり、重厚感のある仕上がりでしょ。

久し振りに見る納まりです。

室内ドアの納まりも、今回は留め加工にする予定です。

しかも、ケーシングには面取り加工を加えます。

いつもとは、ちょっと違った仕上がりになると思います。

お楽しみに・・・。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

狭小地における取組み

2019年07月25日 08時00分00秒 | 講演会・展覧会・勉強会

昨日は新住協東京支部研修会に参加させて戴きました。

ビックリしましたよ。

事前にご連絡は戴いていましたが、狭小地における弊社の取組み&事例を発表する羽目に・・・。

新住協の鎌田先生と言えば、繊維系断熱材によるQ1.0住宅の第一人者です。

その前でFPの話をするなんて・・・。

ウレタンは火に弱いなんて言われたらどうしよう?

その時は精一杯反論するしかないのかな?

なんて、一人でモヤモヤ&ドキドキでした。

案ずるよりも産むが易し。

 発表が終わり、先生の突っ込みタイム冒頭の話です。

良く私が言っている「ウレタンは火に弱い」のウレタンは空気が流れるウレタンの事です。

FPの断熱材は空気が流れて、火を広める事がありません。

ここを誤解しないでください。

繊維系断熱材を使わなくても、良いですよ。

正々堂々、会に参加して勉強しで下さい。

暖かい一言戴けました。

でも、換気システムについてのアドバイスには反論です。

ダクト式熱交換タイプを使って省エネにしなさい。

以前の体験をお話しし、メンテナンス性の事を説明しましたが、平行線だったかもしれません。

機会があれば、もっと詳しい話を聞いてみたいと思います。

他の登壇者のお話、面白かった・・・。

でも、狭小さは弊社が一番だな・・・。

改めて納得しました。

上図は発表に使った、弊社の過去の物件です。

道路と敷地と建物の関係をまとめています。

グレーが道路、上が北、黄色が建物、ピンクが隣地建物を示しています。

中々凄いでしょ?

懇親会も盛り上がりました。

換気システムに関するアレコレも、色々と聴くことができました。

換気メーカーの話を聴く機会って意外と少ないんですよね。

狭小地ネタって、換気の世界でもアルアルが多く共感がある事もわかりました。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

SNSを使った工務店運用

2019年07月24日 08時00分00秒 | 講演会・展覧会・勉強会

昨日はSNSを使って、行列の出来る工務店になろう!

的なセミナーに参加して来ました。

目からウロコ状態です。

SNSの活用に関しては、ほぼ思っていた通りでした。

でも、HPの運用が・・・。

毎日コツコツと書いていた拙ブログが、SEO的にはほぼ効果が無い理由が漸く分かりました。

弊社のHPへの流入に、全く繋がってなかったんですねー。

だから検索順位も上がって来ません。

当然資料請求も少なく、不思議だったんです。

HP制作会社の方々って、実は分かってなかったんですね。

SEOを高める仕組みが・・・。

SEO対策とは、検索エンジンに向けてWebサイトを最適な状態に近づけるための対策のことです。
検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)とも呼ばれています。
つまり、インターネット検索結果で自社サイトを上位表示させたり、より多く露出させることを目的にSEO対策を行います。

この対策もお願いしていたのに・・・。

高いお金払って、作ったのに・・・。

損していました。

裏切られた思いです。

暖かい家を作ってくれると信じて頼んだのに、実は相手が素人工務店だった・・・。

結局暖房費ばかり掛かってしまい、快適とはほど遠い思いをしている。

正にこんな感じでしょうか。

健康&快適で省エネに暮らせる家って、工務店選びが重要です。

それをアピールしようと思えば、HP制作会社選びも重要なんですね。

早速手を打たないといけません。

それが分かって良かったと思います。

posted by Hoppy Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分 

コメント

ちょっとした工事

2019年07月23日 09時22分33秒 | メンテナンス

今日も雨。

早く梅雨明けないかな・・・。

朝一番、弊社OB宅にお邪魔しました。

クローゼットの枕棚の高さを10cmほど高くしたいと云うご要望を戴いたんです。

母屋下がりの関係で、クローゼット扉のHを2000にした現場です。

上枠と枕棚の隙間を大きくしないと箱物を収納できません。

そう思い、高さを抑えたんですよね。

でも、スーツの裾が擦れるらしい・・・。

大工に現場を抜けてもらい、2時間ほど作業をしてもらいます。

常用仕事って、大工一人×25000円/日のように相場が決まっています。

半日だから12500円という訳にはいきません。

でも近くの弊社現場をちょっと抜ける分には、時間給×時間でも良いですよね。

例えば25000円÷8時間≒3000円。

2時間であれば6000円で済みます。

交通費を支払っても、安くつきます。

枕棚自体は外したものをそのまま使いますから、材料費はゼロ。

もっとも雑巾摺だけは、新しいものを用意しました。

たいした金額ではありません。

壁紙は痛んじゃうと思うので、後日補修を入れる予定です。

地域密着工務店だから、出来ることかもしれませんね。


今日は、この後日本橋に出掛けます。

FPの家南関東グループの役員会、そしてSNS勉強会に参加します。

良い発見があると良いんですけど・・・。

  

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)