練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

やっかいな奴

2018年10月31日 17時46分44秒 | たわいもない話

今日はアセットフォーの定休日でした。

昨日の夜は、今年初めての忘年会。

朝もゆっくりさせてもらったし、昼間もグダグダ・・・。

せいぜいしたのは、娘を幼稚園まで送り迎えしたり、冬用の作業着を注文しに行ったり・・・。

そう言えば、しばらく庭の草刈りもしていません。

もう、ジャングル状態です。

庭に置いたゴミバケツの中の缶やビンを取りに行く時、服にひっつく種が多くなってきました。

調べてみると、アメリカセンダングサ(キク科)というそうです。

北アメリカ原産の帰化植物なんですね。

こんな種です。

皆さんも覚えありますよね。

だからどうなんだって話なんですが・・・。

これ、抜くのも大変なんですよね。

服がチクチクだらけになります。

あー、やらないと・・・。

そう思った次第です。

posted by Hoppy Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

基礎、完成しました。

2018年10月30日 11時00分00秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

天気が良いと、作業も捗るようですね。

『FPの家 T邸

基礎工事、完成しました。

養生期間を置いて、ようやく型枠を外しました。

これを脱型といいます。

外した型枠は、きれいに汚れを落としてダンプに積んで下小屋まで持ち帰ります。

そして、基礎の周りに土を入れます。

これを埋め戻しといいます。

基礎工事に先立ち、根切り・鋤取りを行います。

そして鋤取った土は『残土』として処分場へ運び、お金を払って処分して貰います。

当然、運搬費用が掛かります。

当該敷地のように搬出車両が現場まで近ずけなければ、搬出費だってバカになりません。

それなのに、最後に土を買って埋め戻す必要があるなんて・・・。

例えば、今回の場合の残土処分量はおよそ24㎥です。

そして、埋め戻し量はおよそ5㎥。

5㎥だけでも現場に置いておければ、その分の費用が掛かりません。

掘削・鋤取り費

残土搬出費・運搬費

残土処分費

埋め戻し土運搬費・搬入費

埋め戻し費

現場に土を置けるスペースがあればいいのに・・・。

でも5㎥の残土と云えば、巾1m×長さ5m×高さ1mの土の塊です。

そんなものを置いておいたら、作業が出来ません。

やっぱり無理ですよね。

きれいに土が入りました。

上棟までしばらく時間が空きますから、その間に外回りの水道配管などを行いたいと思います。

とりあえず、入口に仮囲いを設けました。

これで、関係者以外の立ち入りを防ぐことが出来ます。

雨が降らないといいなぁー。

水掻きするのは、ゴメンですから・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

やっちゃいました。

2018年10月30日 08時00分00秒 | たわいもない話

 おはようございます。

やっちゃいました。

今日は午後からセミナーに参加するんです。

資料を持ち帰るために、いつものリュックをカバンに持ち替えてきました。

その時にうっかり、事務所のカギを忘れてしまったようです。

イカン!

事務所に入れない・・・。

そんな訳で、今朝は近所のコンビニ内にあるイートインコーナーで、このブログを書いています。

あー、情けない・・・。

セキュリティカードは財布の中なので、いつでも持ち歩いているんですが・・・。

キーホルダーにつけて、ジヤラジャラは基本的に好きではありません。

基本、カバンの中に入れておくタイプなんです。

こういう時は、キーレスエントリーにしておけば良かったと思います。

カギが無くても、暗証番号でいけます。

最近はカードキーやスマホ認証もありますよね。

そのうち、指紋認証や虹彩認証が当たり前になるのでしょうか?

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

思い出の品・・・

2018年10月29日 14時07分09秒 | 注文住宅/木工事

今日は朝から解体前の既存建物に来ています。

これから建物を壊し、『FPの家 S邸』に生まれ変わるお宅です。

弊社では珍しい『ロフト付平屋』になる予定です。

思い出の品を取外し、新しい建物に活かしたい・・・。

そんな思いを実現するために、大工さんの手を借りることにしたんです。

玄関框です。

楓でしょうか?

確かに見事ですね。

太さもずいぶんとあります。

早速、取外しに取り掛かってもらいました。

結構手間取ると読んでいたんですよね。

でも予想外に、すんなり外すことができました。

加工も少ないし、目立つような大きな傷も見当たりません。

どんな玄関になるのか、楽しみですね。

2間続きの和室の境に設けられた『彫刻欄間』です。

これも再利用します。

いわゆる松竹梅ですね。

でも残念ながら、今回のプランには和室がありません。

どのように使うのか・・・。

見ものだと思いませんか?

お楽しみに・・・。

こちらは、予想通り簡単に外すことが出来ました。

そして、真打の登場です。

黒檀の無垢柱(5寸角)と黒檀の無垢落とし掛け

そして、たぶん楓の床框を外します。

恐らく荷重は掛かって無い筈。

でも貫やボードシャクリ、廻り縁のホゾ差し等で抜くのが大変だと覚悟していました。

あれれ?

意外と簡単に外れました。

シャクリもほぼ無いし・・・。

貫穴位しか加工がありません。

案の定、荷重は受けておらず助かりました。

きれいに使えそうです。

でも、重い重い重い。

とにかく重い。

「思い出のたっぷり詰まった床柱です、さすがにオモイデー・・・。」

誰も、しょうもないギャグは云いませんでした。

2人掛かりで、エッチラオッチラ車まで運びました。

そして、それを事務所まで運び込み保管します。

いつもは貼物の床柱が多いんですよね。

太さだって、4寸角が普通です。

調べてみました。

黒檀の比重は1.30g/cm3、対して一般的な木材の比重は0.41g/cm3程度しかありません。

150×150×2800の黒檀柱の重さはおよそ82㎏になります。

えっ!うそ・・・。

道理で重い筈。

かたや120×120×2800の貼物柱の重さは16㎏です。

値段も違うけど、重さもこんなに違うんですね。

床の間の壁を壊していたら、断熱材が出てきました。

リフォームをした際に入れたのかなぁ?

築43年の家ですから、新築時に入れたとは思えません。

厚さ100mmのグラスウール16Kです。

袋の向こうに、黒いモノがたくさん見えます。

カビではありません。

恐らく埃でしょう。

壁の中が、空気の通り道になっていたと思われます。

床下の隙間から侵入した冷たい空気が暖められ、壁の中にある断熱材を通って天井裏から外に抜けていく。

『典型的な寒い構造』だったんでしょうね。

でも良かった・・・。

壁内外の温度差があれば、結露を招いていたかも知れません。

カビ→腐朽菌→シロアリ

なんて事になっていたかも・・・。

せっかく綺麗に使っていた家です。

そんなの悲しいですよね。

玄関には写真のような窓が設けてありました。

こんな物も置いたままになっています。

本当に壊していいのかな???

お部屋の真ん中には、盛り塩もしてありました。

大切に使われていたんでしょうね。

きっと、新しい家も綺麗に使って戴けることでしょう。

心して、良い家を建てさせていただきます。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

長持ちする住まい

2018年10月29日 08時00分00秒 | メンテナンス

昨日は弊社でお住まいを建てる方との打合せに参加させて戴きました。

女性スタッフが中心になって打合せを進めるため、私が打合せに参加することはそれほどありません。

施工の話を中心にマニアックなネタが出た時だけ、声が掛かる・・・。

そんな感じが多いんです。

昨日の場合はこんな感じでした。

建物の外装仕上げを悩んでいるご様子です。

「メンテナンスのしやすさ・経年劣化による修繕の費用を含めて、お勧めできるのはどちらだと思いますか?」

乾式タイルとハイグレードサイディングのいずれかを選ぶつもりのようですね。

当然、前者の方が優れています。

でも、高い・・・。

最近のサイディングは、色々な面で良くなっているのも確かです。

ネックのシーリングも少しづつ耐候性が高くなっているし、そもそもシーリングレスの製品も増えています。

それでも、タイルには勝てません。

問題は価値観/費用ですよね。

それも、初期投資+メンテナンス費用で決まります。

「30年で、どの位のメンテナンス費用が掛かるの?」

前者と後者の初期費用の差は200万円超だと思います。

メンテナンス費用は、確実に前者の方が掛かりません。

でも、弊社は創業30年に満たない工務店。

30年を超えた弊社の建物がどうなるのか?

残念ながら、具体的にはわかっていません。

例えば、この印刷物。

お引渡しの際に差し上げているんですが、住宅産業協議会が発行しています。

中身の一部をご紹介しましょう。

住まいのメンテナンススケジュール例が掲載されています。

外壁の部分を見ると、10~20年の間で109~172万円、25~35年の間で264~587万円掛かると書かれています。

合計すれば、373~759万円です。

当然、足場代は含まれていません。

モルタル吹付仕上げ(一部タイル貼り)を想定しているようですね。

そして、以下の注意書きが書かれています。

塗装は美観の他、下地への水の浸透を防いでいます。早めのメンテナンスが必要です。

タイルは高圧洗浄をすることで、とてもキレイな外観へ蘇ります。

目地が切れていると水が侵入する怖れがあります。

前者を選択すれば、タイルの高圧洗浄が必要となります。

ハンギングブリック仕様の為、目地はありませんから打ち替えも不要です。

2回のメンテナンスで掛かる費用は高圧洗浄のみ、8~14万円程度だと思われます。

一方、後者の場合の費用はモルタル吹付仕上げ(一部タイル貼り)と同程度と思われます。

タイルの高圧洗浄分を差し引くと、365~745万円。

どちらの家も、築15年位ではあまり変わらないようですね。

でも、築40年を超えるとかなりの違いが出るようです。

メンテナンス費用の違いばかりではありません。

お気に入りの美観をキレイに保つことができます。

火災に強くなるし、地震によるひび割れだって少ないでしょう。

満足感が違います。

最初の費用を抑えるのか?

30年超の費用を抑えるのか?

ライフサイクルコストを考えることも重要だと思います。

えっ!

その方は、どちらを選んだのか?

もちろん、前者を選んでくれました。

尚、文中の費用は先述の印刷物にある例から算出しています。

実際の費用とは異なることをご理解ください。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

紫外線はお肌にも影響します。

2018年10月28日 08時00分00秒 | たわいもない話

10月28日は『透明美肌の日』。

美しい素肌を『透明美肌』と表現し、その大切さを再確認してもらおう!

『美白の女神(ミューズ)』として知られる株式会社クリスタルジェミーの中島香里社長が制定したそうです。

有名なんですかね?

そんな日があるのも知らなかったし、美白の女神の存在も知りませんでした・・・。

でもせっかくですから、美肌ネタをご紹介しようと思います。

お肌が気になる女性の場合、特に紫外線対策には気を使われると思います。

室内に射し込む日差しが気になるという方もいるでしょう。

窓ガラスに『Low-E複層ガラス』を選ぶと良いですよ。

紫外線をカットすることができ、お肌にも安心です。

お肌に影響を及ぼす紫外線は、A波とB波です。

A波は皮膚の免疫力を低下させ、シワやたるみの原因になります。

またB波は日焼けやシミ・ソバカスの原因になるので、注意が必要です。

ガラスを透過する紫外線を防ぐための手軽な方法として、窓にUVカットシートを貼るという方法があります。

室内が暗くなってしまいますが・・・。

でもガラスをLow-E複層ガラス(日射遮蔽型)に変えれば、採光性を損なうこともなく紫外線の透過を防ぐことができます。

地球環境の汚染が深刻化する中、フロンガスなどによるオゾン層破壊とこれに起因する紫外線の悪影響が指摘されています。

過度の日焼けは皮膚癌・白内障の原因になるし、最近では遺伝子にまで影響を及ぼすという説もあるようです。

ただし紫外線には殺菌消毒効果や、ビタミンD生成作用などもあります。

人間にとって不要という訳でもありません。

上手にお付き合いできればいいんですけど・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

米糠が原料です。

2018年10月27日 16時02分00秒 | 健康住宅

朝の雨がウソのようですね。 

午後になって、練馬・板橋は9月下旬の暑さになりました。

天気が良いのはいいけど、あまり暑いのも困ります。

『FPの家 K邸』

クリーニングを行いました。

もう間もなく、完了です。

床板がキレイになったので、玄関框の塗装を行ってきました。

用意するのは、たったの2つ。

キヌカとウエス(雑巾)です。

ウエスにキヌカを染みこませて、拭くだけ。

塗装前の玄関框&付框、オークの無塗装品です。

キヌカを染みこませたウエスで拭くと、濡色になります。

付け過ぎは良くありません。

刷毛などは使わず、ウエスで軽く拭くのが基本。

さらさらしていているので、拭き取る必要もありません。

塗装完了です。

良い感じに仕上がりました。

オークの床材と良くあっているでしょ。

こちらは、もう1か所の玄関框&付框。

バーチの無塗装材です。

同じように塗ります。

床材はホオの木、結構色合ってるでしょ。

写真は、途中まで塗ったところを撮りました。

オーク材と違い、色があまり着かないんですよね。

今回使った『キヌカ』は、米糠が主原料の自然塗料です。

以下、メーカーのHPより複写・転載させて戴きます。

私達の主食であるお米を精米すると米糠が出ます。

昔の人は、床や家具をこの米糠で磨いていたのをご存知でしょうか?

米糠を煎り布に包んだ『糠袋』で、家中の木材をピカピカにしていたんです。

でも『便利さが優先する時代』とともに、化学物質を使った塗料を使い現代病とも云われる『シックハウス問題』が大きく取沙汰されるようになりました。

日本人の生活の知恵である糠袋を現代に蘇らせ、先人の知恵に現代の知恵を加えたのが『お米から生まれた自然塗料』キヌカです。

手にとって貰えばわかります。

体に悪いものは一切使っていません。

キツイ臭いもしないし、素肌で触れても大丈夫!

さすがに「赤ちゃんが舐めても問題ありません。」とまでは言えませんが・・・。

でも溶剤を使っていない分、完全乾燥に時間がかかります。(概ね2~4時間)

一般的なオイルとは違い、自然発火の危険もありません。

施工中の窓明け換気も不要です。

いつでも気軽に濡れるところもいいですよね。

詳しく知りたい方は、以下のページをご確認ください。

http://www.kinuka.co.jp/feature/index.html

ネットで購入することも可能です。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

思うところがありまして・・・。

2018年10月27日 08時00分00秒 | たわいもない話

昨日の午後は、バタバタでした。

LIXILからスタート、ダイキン工業そしてガデリウス。

メーカーの方に来て戴いて、色々なお話を聴かせていただきました。

メインの話はそれぞれ、社内紹介制度の話やエアコンの製品紹介、熱交換換気と多岐に渡り色々と新しい知見を得られたかな・・・。

今回は、紹介制度の話を聴いて思ったことを書きたいと思います。

色々と思うところがありまして・・・。

特に新しい制度とは思いません。

家を建てたいと思った社員に対して、数社のハウスメーカーや有力ビルダーそして地域工務店(以下、メーカー)を推薦します。

弊社も、その工務店の1社に入っているそうです。(へぇーっ、そうなんだ。)

推薦されたメーカーの中から3社ほど選び、造り手を決め、契約に至れば各社各様のメリットが受けられる仕組みです。

LIXIL側からは、自社製品の採用条件に応じてポイント還元(キャッシュバック)があるようですね。

そして、メーカー側からのメリットを受け止めることも出来るという訳です。

「今のところ、御社の紹介ページのメリット欄は空白になっています。」

ハウスメーカー等のメリット欄をチラ見すると、本体工事費の3%還元とか書かれています。

「相変わらずですね。3%分を予め盛り込んでおいて、それを値引きしたって意味ないじゃないですか。」

「ちなみに弊社では、値引き対応は行いませんよ。」

「御社製品の採用も住設に限られると思いますし・・・。」

声を掛けてもらえるのはうれしいと思います。

でも、値引きを大々的にエサにしているメーカーの中から、弊社を選んでくれるのかな?

恐らく、メーカーと常日頃遣り取りをしている営業職の方々は、この制度を使わないでしょう。

もっとメリットのある契約の仕方をご存知だと思いますから。

こうした制度を利用するのは、内勤の方や工場勤務の方なんでしょうね。

もっと、メーカーの特徴を詳しく説明する欄があればいいのに・・・。

各社のHPにリンクを貼るのもいいですよね。

いづれにしても、この『値引き商法』は問題だと思います。

高級製品を値引きしてもらい、割安で購入できる。

きっと、そう思っている筈。

でもしっかりと見極めないと、『ハズレくじ』を引く事になりかねません。

『性能の低い(耐震・断熱・気密・耐朽・耐蟻性の低い)高額製品』を高級品と勘違いしているかも知れません。

売値が高い=高級ではありません。

もちろん、有名(TVCMやラジオCM、雑誌掲載等々・・・)=高級でもありません。

性能が高い=高級、つまり価値の高い家=高級だと思うんです。

だからこそ、性能と売値のバランスを見極めることが肝心です。

例えば性能90/売値100の家=90/100=0.90です。

性能100/売値90の家であれば、100/90=1.11になります。

性能110/売値100の家も、110/100=1.10ですよね。

やはり、1.00を超えていないといけません。

では

性能90/売値100-値引き3%の家はどうでしょうか?

90/97=0.92、やっぱりお得とは言えません。

えっ、デザインですか?

重要だと思いますよ。

それも性能の一部だと思います。

企業の規模や歴史、ブランドイメージだって高級の必要要件でしょ?

そんな方は大手ハウスメーカーを選べば良いでしょう。

知人に見栄も張れますしね・・・。

でも、寒い思いをするかも知れません。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

いち早く手を打っています。

2018年10月26日 17時40分51秒 | 外壁・屋根・外構工事

天気予報とは違い、曇空の練馬・板橋。

今にも、雨が降って来そうです。

『FPの家 Y邸』

先日の『いきなりの雨』で施工出来なかった、ルーフバルコニーの防水工事を施工しています。

1層目のFRPを敷き込み、樹脂を染みこませ、ローラーで空気を抜きました。

壁の立上り部分は床から300mm。

立上りの低い部分は、念のため天端まで塗り込んでいます。

箱樋部分だってもきれいに施工されています。

この後、2層目の施工→トップコート塗装と行います。

雨が降ったって、もう大丈夫です。


別の職人さんき、外壁に透湿防水シートを張っています。

FPロゴマークの入った銀色のシートは、遮熱&透湿・防水性能を持っています。

水は通さないけど水蒸気を透すのは当たり前、このシートは太陽の熱を遮ることも出来るんです。

もっと凄いことがあります。

一般的な透湿・防水シートの防水性は10年保証、でもタイベックシルバーは20年保証品のため、より安心が長続きします。

30年後の性能を見るとビックリします。

他社製品はもちろん、白いタイベックシートを遥かに上回る防水性能を持っているなんて・・・。

凄過ぎる!!

そして、防蟻防腐剤対策もされています。

防蟻防腐剤対策?

何のことかわからないですよね。

もう随分と前から、透湿防水シートの上に胴縁を打ち付け、通気層を設ける『通気層工法』が当たり前になっています。

この時打ち付ける胴縁を『通気胴縁』と云いますが、腐朽菌やシロアリの食害を怖れ『防腐処理』された木材を使うことが多いんです。

でも、木材に薬剤を染みこみやすくするために塗布する界面活性剤の影響で、透湿防水シートの防水性が無くなってしまう・・・。

外壁合板に塗布する防蟻剤もまた、同様の影響があるようですね。

もっともこちらの方は、充分乾いてから貼れば問題ないようですけど・・・。

そうした原因で起こる漏水が、結構多いみたいですよ。

いち早く、こうした問題を解決したのがタイベックシートという訳です。

それでも、15%程度は性能低下するようですね。

最近は、防腐胴縁を使わない工務店も増えているそうです。

でも胴縁が腐るのも心配ですよね。

そこで弊社では、防腐胴縁を使いタイベックシルバーを採用しています。

ここからは、施工の様子となります。

窓廻りには防水テープが貼られています。

そして、その上にシートを貼り付けます。

防水テープ・透湿防水シート等の漏水に関わるモノは、全て下から上に張っていきます。

写真のように防水テープをジョイントする際は、下を先に張り、充分な重ねを取った上で上にテープを張らなければなりません。

あれれ?

シートにマジックで線が書かれています。

どうやら、下地となる柱や間柱の位置をマークしているようです。

胴縁を釘で留め付ける際に、柱・間柱を外さないための工夫のようですね。

下地に合板を張っている場合は、柱・間柱を外しても釘が効いてしまいます。

でも長い目でみれば、合板にだけ留まっている施工は良くありません。

こうした工夫は、実にありがたいですね。

透湿・防水シートの施工も、本日終わる予定です。

これで、雨の心配もいりません。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

改めて思いました。

2018年10月26日 08時00分00秒 | たわいもない話

弊社が加盟している『FPの家/南関東グループ』

には多くの工務店が在籍しています。

昨日は、千葉の工務店から2名が弊社を訪ねてくれました。

情報交換会みたいなものですね。

身内のお宅を、弊社商圏のすぐそばで建てられるとの事。

「都内で家を建てたことがないので、色々と教えてください。」

ナルホド・・・。

確かにそうですよね。

弊社では当たり前のように行っていることが、他地区では珍しいなんてことも多々あるようです。

2階建てのFPの家を準耐火構造で建てるようですね。

「樹脂サッシが高くて、びっくりしました。」

そうなんですよ。

弊社では防火対応の樹脂サッシにアルゴンガス入りのLow-E複層ガラスを入れていますが、非防火タイプに比べるとかなり高いんです。

例えば、最近流行の『樹脂のトリプルサッシ』よりも高い。

「100万円以上高いんで、頭抱えちゃいました。」

「基礎工事も高いんですね。」

道路が狭く、2tの生コン車しか入れません。

2t車に積めるコンクリートって、せいぜい1.0㎥です。

大型車であれば4.0㎥は積めますから、4倍効率的。

当然敷地内に運搬車両等も進入出来ないから、荷卸し等にも手間が掛かります。

2t規制の道路ですから、規制解除申請や道路使用許可も必要です。

ガードマン費用もバカになりません。

材料の運搬・搬入の段取りも違います。

取付け時期を考えて、ジャストインタイムで入れなければなりません。

だって、材料を置く場所すらないんですから・・・。

大画面に写した弊社の工事写真を見て貰いましたが、驚きの連続という感じでしたよ。

『所変われば、品変わる』と言いますが、建設地が変われば、価格・工法も変わります。

「仮設トイレやゴミ置き場はどうしているんですか?」

まさか、大きなコンテナを置くわけにもいきませんし・・・。

改めて、思いました。

やっぱり、東京で家を建てるのって大変なんだなー。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

音を気にせず暮らしたい。

2018年10月25日 11時25分40秒 | 注文住宅/木工事

今日の練馬・板橋は抜けるような青空。

気持ち良いですよ。

毎日、こうなら良いのに・・・。

『スケルトンリフォーム A邸』

2階部分の『制振ゴム』を敷き始めました。

写真の黒いモノが制振ゴムです。

ゴムと云っていますが、実はゴムではありません。

厚さ3.0mmの特殊繊維フェルトと厚さ3.0mmのアスファルト系シートの複合材なんです。

1枚のサイズは6.0mm×455mm×910mm。

1枚当たりの重さは2.4㎏ほどあります。

これをネダノン合板とフローリングの間に敷き込む事で、20db(500HZ)もの軽量衝撃音を軽減することが出来るとか。

これって、音の大きさにすれば1/4に当たります。

凄いと思いませんか?

でも、ただ敷き込めば良いという訳ではありません。

写真のように、敷居の下には同じ厚さのパッキンを入れなければならないんです。

えっ、何故かって?

制振ゴムは、乗っかると沈んでしまいます。

敷居って、うっかり乗っかっちゃうことありますよね。

ゴムの上に載せた敷居が荷重で沈んでしまったら、フローリングの木口と擦れて『床鳴り』が発生しちゃいます。

だから、ゴムを敷くことはありません。

そして写真のように、その上に敷居と同じ巾のパッキンを詰めた後、フローリングを施工します。

フローリングの施工が終われば、コレを外し、敷居を被せることになります。

音の問題を考える時

①外部音対策

②隣室音対策

③階上音・階下音対策

を施す必要があります。

どれもがそこに住まう人達にとっては『音のストレス』となります。

こうした音を制する『制音』は、今や快適な暮らしのための必須性能と云っても過言ではありません。

制音のメカニズムは上図の通りです。

固体・空気を伝わる振動を抑え、エネルギーを吸収し、遮る。

これが制音対策となります。

弊社では、階上音・階下音対策として、遮音性能・制振性能の二つをそれぞれ3つのランクに分けて提案するようにしています。

前者は、室から室への音がどれだけ減るか?を表します。

また後者は、タップを踏むような硬い音がどれだけ小さく聞こえるか?を表します。

まずはAランク、階上・階下音が全く気にならないレベル。

遮音性能『D-55』/制振性能『L-50』のレベルです。

床に制振ゴムを敷き、天井裏に吸音材、そして天井下地にゴム付PBを張ります。

ここまでやるケースはそうそうありません。

次にBランク、階上・階下音が少し気になるけど困らないレベル。

遮音性能『D-45』/制振性能『L-55』のレベルです。

 

床に制振ゴムを敷き、天井裏に吸音材を施工します。

 

このケースが多いですね。

そして最後が、階上・階下音を我慢しなければならないレベル。

といっても、無対策よりは随分とマシなんですけど・・・。

 

遮音性能『D35』/制振性能『L-60』のレベルです。

 

床に制振ゴムを敷き、天井下地にゴム付PBを張ります。

ちょっと中途半端なんですよね。

あまりやる事ありません。

でも、今回の施工はコレに当たります。

メリットは音ばかりではありません。

ゴムを敷くことで、歩行時の膝裏への負担も減るから疲れが少なくなるそうです。

転倒時の衝撃だって少なるようですよ。

怪我が少なくなります。

予算の都合もあるでしょうが、制振ゴムはお勧めです。

窓枠廻りのウレタン処理も始まっています。

発泡ウレタンを充填し

平らに切削し、アルミ気密テープを貼ります。

配管廻りの気密処理も同時に行っています。

だんだん、断熱施工の日が近づいてきました・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

家事を利用して・・・

2018年10月25日 08時00分00秒 | 新商品紹介

筋肉痛はまだ癒えていません。

只今、筋肉補修中・・・。

子育ても、案外筋肉を使うんですよね・・・。


ちょっと恥ずかしい、我が家の写真を見ていただきましょう。

築7年、我が家の樹脂サッシの写真です。

白い引違窓が薄汚れています。

樹脂サッシの最大の弱点は、素材自体が持つ『帯電性』だと思います。

静電気が発生し、廻りの汚れを引き寄せます。

ガラスクリーナーを使って掃除をしていますが、すぐに汚れてしまうんです。

白だから、汚れが凄く目立ちます。

「なんか良いモノないのかなぁー。」

いつも考えていました。

そんなある日、お付き合いのあるメーカー担当者が教えてくれたモノ。

なんとなく良さそうなんですよね。

早速取り寄せ、使ってみました。

コレです。

ドイツのウルト社製

PVCクリーナー タイプ20

ポリ塩化ビニール・ポリウレタン製品用のクリーナーです。

埃や保護フィルムの接着跡、油やゴムの跡などの汚れをきれいに落としてくれます。

さらっとした液体です。

無色・透明、残念ながら無臭ではなありません。(無味でもないだろうなぁー)

なんとなく、シンナーに近い匂いがします。

あれれ、有機溶剤を使ってるのかな?

カタログを見ると『有機塩素化合物(AOX)の含有無し』とあります。

安全シートを調べてみましたが、全文英語表記です。わかりません・・・。

参考までにデータシートのページです。

http://ehs.wuerth.com/ehs4customers/export/02069214.PDF

匂いはすぐに消えてしまいます。

シンナーなどの有機溶剤と違い、手が白くなるようなこともありません。

使ってみると、問題なさそうですが・・・。

効果は以下の通りです。

布巾に少量とって、拭くだけ・・・。

簡単に汚れが取れます。

枠についた茶色い汚れは、発泡ウレタンだと思われます。

新築時は目立たないけど、時間が経つと変色して目立つようになります。

中々取れないんですよね。

でも、大丈夫。

簡単にきれいになります。

しかも・・・。

帯電防止剤が入っているので、汚れの再付着を防ぐことが出来ます。

凄く便利です。

良いモノを教えて頂きました。

後は、成分と安全性だな。

メーカー担当者に確認してみようと思います。

先程、メーカー担当者より回答が来ました。

揮発性有機化合物として問題となっている以下の物質については、成分として全く含有していないそうです。

①ホルムアルデヒド

②キシレン

③トルエン

④スチレン

⑤エチルベンゼン

あーっ良かった・・・。

これで安心して、お勧め出来ます。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

イタタタタ・・・。

2018年10月24日 08時00分00秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

今日はアセットフォーの定休日。

イタタタタ・・・。

昨日の無垢フロアー納品のお手伝いのせいでょうか?

上半身筋肉痛です。

ゆっくりと養生させていただきます。

今回は、先日の『FPの家 T邸』基礎コンクリート打設の際にご紹介できなかった『天端レベラー』の施工について書きたいと思います。

 

天端レベラーとは、宇部興産建材株式会社の製品名。

住宅用基礎の天端仕上材です。

水と天端レベラーを混ぜ、ハンドミキサーで良く練ります。

手杓で基礎の天端にそーっと流し込むだけで、平滑な天端仕上げができます。

以前は生コン打設後、数日間乾燥させ型枠を外した後に定木を取付け、モルタルを塗っていました。

これを『天端均し』といいます。

その分、工期が長くなっちゃうんですよね。

当時は、左官屋さんに頼んでいました。

上手、下手がでちゃうんですよね。

施工費も、余計掛かるし・・・。

でも天端レベラーであれば、生コン打設後数時間経過すれば、当日施工で工事を完了させることができます。

既調合品なので品質も安定しているし、圧縮・曲げ・接着強度が高く、耐衝撃性・耐摩耗性にも優れています。

コンクリートと同じセメント系の素材です。

耐水性に優れ、鉄部の防食性もあります。

正しく施工すれば、作業者の違いによる施工ムラが少ないのも特長のひとつだと思います。

最初見た時の印象は、こうでした。

へぇー、なるほど。

水を基礎天端に流せば、水位は常に平らになります。

セメントもゆるーく溶いて基礎天端に流せば、平らになるんだ。

でも、強度的に大丈夫なのかな?

強度的には問題ないようですね。

でも、ただ流しても平らにはなりません。

スランプ値であれば220㎝といいますから、相当緩いのは事実です。

それでも、それなりの粘度を持っています。

水のように、平らになってはくれません。

結局、事前に型枠に取付けておいた『天端マグネット』の下端を見ながら基礎の立ち上がりに沿いつつ流して行かなければならないんです。

中腰の作業、つらそうですね。

無事作業は終了しました。

数日、コンクリートの養生を行った後に型枠を撤去します。

今回のブログはここまでとさせていただきます。

posted by Hoppy Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

えっ!うそでしょ?

2018年10月23日 15時27分28秒 | 注文住宅 その他

 

空も暗く、いやーな感じの空模様。

なんだか寒いですね。

そろそろ冬の作業着にしないとならないかも・・・。 

『FPの家 Y邸』

朝から、FRP防水の施工が行われています。

写真は昨日撮った、屋上の防水下地です。

箱樋・一般部ともに、表面には厚さ12mmのケイカル板が貼られています。

天気予報を見ると、曇時々晴れ。

夜から天気が崩れるようですね。

大丈夫、間に合います。

雨が降る前に、防水工事完了の予定です。

意気揚々と、材料を拡げて作業を開始。

作業を始めると、雨粒が落ちて来ました。

えっ!ウソでしょ?

箱樋部分にドレン用の穴&オーバーフロー管用の穴を明けていました。

雨粒の跡、見えますよね。

立上りと床の取合い部や入り隅部には、面木を取付けました。

ここで、作業は一旦中止です。

防水下地が濡れてしまうと、プライマーを塗ることができないからです。

無理に塗っても剥離しちゃいます。

下地に含まれた水分が蒸発すれば、防水層に気泡が出ることもあります。

だから、雨の日の施工はNGなんです。

幸い、3階部分のバルコニーは庇の下。

廻りをブルーシートで覆っています。

「ヨシ!下地は全く湿っていない。」

作業を続けることにしました。

まずは下地のジョイントに凹凸がないかどうかを確認します。

凹凸があれば、サンドペーパーを使って平らに均します。

そしてケイカル板と手摺壁下地にプライマーを塗布します。

塗布したら、専用のパテでジョイント&ビス頭を埋めていきます。

「あれ、パテ処理って必要なんですか?」

施工マニュアルには、パテ処理が必要とは書いてありません。

「別のメーカーのマニュアルには書いてあるんだよね。」

「だから、一応やっています。」

「やっておけば、ジョイント部分や釘穴が凹むこともないでしょ。」

なるほど・・・。

「他にもやってる人いるの?」

聞いてみました。

「オレと友達の2人くらいかな。」

そうなんだ・・・。

この後、現場を離れました。

でも、いつもの手順で施工しているはず。

①ガラスマットをバルコニー床に合わせて切り、敷き込み、FRP樹脂を塗布してローラーで下地に密着させます。

②この時、専用の脱泡ローラーを使いガラスマットの中の空気を除去しなければなりません。

入り込んだ空気が残ったまま樹脂が硬化すれば、下地と防水層は密着しません。

③これにて、1層目の作業は完了です。

④2層目と密着するように、表面をきれいにケレンします。

⑤2層目のガラスマットを敷き込み、1層目と同様の作業を行います。

⑥1層目同様にケレンを行い、表面を均します。

現場に寄って覗いてみると、ケレンが終わったところでした。

樹脂の下に、パテが透けて見えます。

表面は既に固まっていました。

後は、この上にトップコートを塗って完成です。

屋上の方は、日を改めて施工しなければなりません。

幸い雨も止んでいます。

というか、さっきの雨が直ぐに止んで以降は降っていないんです。

なんだよ・・・。

以前であれば、湿った下地をバーナーで炙って乾かすなんて『荒っぽい職人』もいたそうです。

勿論、弊社の現場ではありません。

危ないですよね。

やめて欲しい。

建築途中の木造住宅に火をつかうなんて・・・。

さすがに最近は、無くなったようですね。

「炙り過ぎて、火事になった現場があったらしいよ。」

えっ!マジで・・・。

秋晴れが続けばいいのに・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

カロリーメイトネタ・・・。

2018年10月23日 08時00分00秒 | 講演会・展覧会・勉強会

『武士は食わねど高楊枝』

昨日の私は、昼食を食べている暇がありませんでした。

でも高楊枝とはいかず、大塚製薬のカロリーメイト(チーズ味)を買って会場に・・・。

昨日の午後は、日本橋でFPの家 南関東グループのセミナーだったんです。

セミナー会場に着くと早速、講師の吉田氏にあいさつをさせていただきました。

そして席に座り、早速カロリーメイトをモグモグ・・・。

まさか、講義の中にカロリーメイトが出てくるとは・・・。

当然、ネタにされてしまいました。

講義ですか?

良かったですよ。

参加できなかった会員工務店の皆さんは、かなり損をしたと思います。

例えば、こんな話題がありました。

電気代は少しづつ上昇しています。

年平均3%の上昇率なんだそうです。

仮に現行省エネ基準相当の家(H28の家)と、FPの家の電気代の差が1万円/月と仮定します。

両者の30年分の電気代の差は、1万円×12か月×30年=360万円となります。

これに3%/年の上昇分を加えると、合計570万円になります。

凄いと思いませんか?

ここで問題です。

このお金は、どこに支払われるでしょうか?

簡単ですよね。

そう、電力会社です。

そして、原油や天然ガス・ウランなどの費用や運搬費用として海外に流れていきます。

地元経済を潤すなんてことは、ほとんどありません。

なんだか勿体ない・・・。

このお金を建物の性能向上に当てることも出来ます。

仮にH28の家とFPの家の建築費が570万円違ったとします。

でも30年間の電気代で、この570万円はチャラになります。

そして『おまけ』として、健康や快適さがついてくるんです。

もっと電気代が上がれば、さらにお得です。

そしてこのお金の大半は、工務店から大工さんや職人さんに渡ります。

国産材を使えば、材料費や加工費も国内で回ります。

それぞれの地域で使われ、地域の経済に貢献することになります。

こっちの方がいいと思いませんか?

でも、このお金がハウスメーカーに渡ると事情は少し変わります。

大部分はメーカーの持つ工場に行ってしまいます。

最近は外国に工場を持つメーカーが多いんですよね。

〇条工務店のように・・・。

当然、お金は外国に流れていきます。

だからこそ、地域密着工務店は頑張らないといけません。

そして、頑張るための方策を教えていただきました。

あとは実行あるのみです。

のんびりしている暇、ないんですよね・・・。

他の地域の方々にも、聞いていただければと思います。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)