練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

外壁工事進行中

2018年08月31日 13時20分45秒 | 外壁・屋根・外構工事

今日は8月31日。

8と3と1で『野菜の日』なんだそうです。

野菜かぁー、意識して食べるようにはしていますが、どちらかと言えば肉食系ですね。

2月9日『肉の日』の方が関係大です。

どうでも良い話はさておき、『FPの家 K邸』では外壁工事が進行しています。

通気胴縁を縦に流し、そこに金物を取付け、サイディングを載せていきます。

サイディングの継ぎ目にはジョイナーを設置、この上にシーリングを施します。

このところ、左官壁が続いたので久し振りに思えます。

以前はサイディングばかりだったんですよね。

まだ外壁の施工が少し残っています。

今回からバルコニーの笠木下地の施工方法を変更しました。

こんな部材を使います。

日本住環境の『笠木天端スペーサーN』です。

一部だけ、取付けてみました。

こんな風に施工します。

こうした施工で、通気層の中の空気をアルミ笠木の中から排出することが出来ます。

もちろん、雨漏りの心配もありません。

強度もあるので、施工中に上を歩いても問題ないそうです。

以前は、防水紙を天端に鞍掛けしサイディングで蓋をしていました。

幸いな事に漏水事故は発生していませんが、聞くところによれば漏水事故の多い納まりなんだとか・・・。

但し、サイディングの場合にしか適用できません。

サイディングの現場が無かったので初めての施工となりました。

施工が終わった段階で、もう少し詳しく報告したいと思います。

破風板の施工は、今のところ全くの手つかずです。

軒天施工も終わり、図面の通りに軒裏換気口が設置されています。

外壁に給湯器を取付けるための下地も、追加してあります。

テープは下地の位置を示しています。

雨等で剥がれないように注意しないと・・・。

間仕切り障子用の専用枠も搬入されました。

こちらも初めての商品なんですよね。

完成が楽しみな障子です。

桐板仕上げの押入床に設けられた『断熱・気密点検口』の蓋部分を撮ってみました。

弊社は床断熱を採用しています。

この床下点検口が重要なんですよね。

断熱層に設ける開口部ですから、ある程度の断熱性能が必要です。

カタログによれば、『熱貫流率(U値)=0.34W/㎡・K』。

U値の逆数が熱抵抗(R値)ですから、グラスウール16Kに換算すると厚さ132mmに相当します。

気密性も確保出来るし、蓋の強度も高いので上に載っても安心です。

600mm×600mmの開口ですから、床下への侵入もラクチンです。

頼りになる断熱・気密点検口だと思いますよ。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

届きました

2018年08月31日 08時00分00秒 | 講演会・展覧会・勉強会

先日参加した『構造塾/改修版』。

手元に当日の資料が届きました。

M's構造設計の佐藤氏のご厚意で、SNS流用もOKとの事。

早速、一部をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは『変だぞ、日本の住まいづくり?』という話です。

日本で現在行われている家づくり、どうもおかしい方向に向かっているようです。

佐藤氏曰く、車づくりと比べればすぐにわかるとの事。

では、比較してみましょう。

あなたが車の購入を考えた時、まず最初にする事はカタログを見ることかもしれません。

車の特徴とだいたいの価格帯がわかるので、便利ですよね。

価格重視の方であれば、間違っても高級車を比較することはありません。

新車であれば多少の価格差はあれど、どこで買ってもある程度の品質を確保する事が出来ます。

もちろん、サービス品質や店舗の近さ等も評価基準ではありますが・・・。

でも、住宅はどうでしょうか?

個々の特徴や価格が不明確ですよね。

注文住宅であれば、尚更です。

出来てみないとわからない・・・。

どこに頼めばいいのかわからない。

作り手・売り手側にも問題があります。

こんな選択を普通に迫っていませんか?

温熱性能ばかりではありません。

耐震強度だって同じです。

「お金を支払うのはユーザーです。」

「キチンと説明して、選択して戴くのは当然です。」

そう思っていませんか?

でも、支払う側はどうなんでしょうか?

「暖かくて燃費性能が高いのは当たり前でしょ!」

「えっ!地震に強いのは当たり前なんじゃないの?」

まさか、燃費性能が悪く地震に弱い家を勧められるとは・・・。

どの位暖かくなくて、どの位地震に弱いかなんてわからないし・・・。

プロなんだから、その位のこと、察してくれるものと思ってた・・・。

そうですよね。

車で言えば、こういう事でしょ?

燃費の悪いプリウスと良いプリウス、どっちを買いますか?

エアバッグ多めのプリウスと少なめのプリウス、どっちを買いますか?

そもそも、そんな設定ないと思いますが・・・。

買いに来るお客様は、当然燃費が良くエアバッグ多めのプリウスしか買わないですよね。

「弊社では、燃費が良く地震に強い家しか売りません。」

「弊社がつくる住まいは、この位の燃費です。」

「そして、この位の地震が来ても壊れません。」

そう、これが正しいあり方だと思うんです。

弊社の場合であれば

HEAT20のG2グレード&耐震等級3が目安となります。

当然、高断熱・高気密住宅です。

自然素材もお勧めします。

性能の低い家は依頼を受けてもお断りです。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

なんだか得した気分です。

2018年08月30日 17時13分12秒 | 注文住宅 その他

残暑が続きます。

とにかく蒸し暑い・・・。

いつまで、この暑さが続くのやら・・・。

『FPの家 Y邸』

いよいよ工事も大詰めです。

ポーチ&階段にタイルを貼っています。

手摺が設置しているので、大変そうです。

家の周りには防草シートを敷き込み、抑えに白砂利を撒きました。

これで、随分と草むしりの手間が減るんですよね。

防草シートを敷き込む事で陽当たりが悪くなり、雑草の生育を邪魔してくれるんです。

でも全く生えない訳ではありません。

シートの上の砂利層に種が落ち、生える場合があるんです。

でもそうした草は根を張ることが出来ないせいか、ヒョロヒョロしていて簡単に抜くことが出来ます。

まめに抜いてもらえば、問題ありません。

防草シート、本当に助かります。


外構工事と前後して、なぜか前面道路の工事が始まりました。

看板を見ると『貯留浸透層工事』とあります。

連日道路に大きな穴を明け、大掛かりな工事を進めていますね。

こんな部材をたくさん埋めているようです。

道路に降った雨水が一時的に溜まり、浸透する設備を更新しているようですね。

えっ

道路の下から大きな古タイヤが出てきたようです。

隣の大きな塊はコンクリート廃材のようですね。

よく見るとスコップの先や、木の根っこもあります。

公共工事だから、もっとちゃんとしていると思っていました。

道路の下って、何が埋まっているのかわからないんですね・・・。

車庫スペースに明日、コンクリートを打設する予定です。

ヨシヨシ。

アレ

駐車場の前で、作業をしている人がいる。

どうやら、前面道路のL型側溝の入替えをしているようですね。

貯留浸透層敷設に伴うアスファルト復旧と同時にL型も新しくしてくれるんだそうです。

仮復旧のアスファルトも、キレイになるようだし・・・。

駐車場コンクリートを打設すると聞いて、慌てて工事に来たとの事。

もちろん、お施主さまの負担は0円です。

なんだか得した気分ですよね。

でもどうせなら、もっと早くに案内が欲しかった。

こんな段階になって、ドタバタと・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

クールで特別な部屋

2018年08月30日 08時00分00秒 | 新商品紹介

昨日・一昨日とお邪魔した岡山。

そこで見ることが出来たのが、クールで特別な部屋。

COLM・neo(クルム・ネオ)

残念ながら、体感は出来ませんでした。

でも、毎日の暮らしを変えるそうですよ。

てっとり早く言えば『住宅用保冷室』、つまり室温を調節できる食品庫なんです。

買ってきた食品やお酒を収納しておけば、冷やす事ができる訳です。

これがあれば、大量のビールやワインがいつでも呑める・・・。

夢のような部屋だと思いませんか?

最大容量は6600リットル。

冷蔵庫×13.2個分に当たります。

設定温度は5~15℃。

食品の種類や使い方によって室温を調節することで、新鮮な食材を長期保存することが可能になります。

なおトマト・ナス・キュウリ・サヤインゲン・サツマイモ・バナナ・グレープフルーツ・レモン・アボカド等、低温障害を起こしやすい食品は取扱いに注意が必要です。

仕組みは簡単です。

壁・床・天井をFPウレタンパネルで囲み、専用の空調設備を設置する。

FPの家のミニチュア版をイメージすればいいんです。

但し、空調設備が特別です。

エアコンのようなものなんですが、とにかく冷える・・・。

電気代もそれなりに掛かります。

試算によれば、1552円/月とのこと。

 

新商品という訳ではありません。

従来の商品を新しくしたんです。

従来のクルムと違い、防火・準防火地域でも使えます。

使ってみたい!

という方、いませんか?

もちろん、リフォーム対応も可能です。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

他所の現場を見せて頂きました

2018年08月29日 06時57分41秒 | 休日・プライベート

今日はアセットフォーの定休日。

岡山のビジネスホテルで朝を迎えました。

昨日は経栄塾。

色々な地域から集まったF Pの家グループ会員さんと2ヶ月に1度会えるのを楽しみにしています。

昨日も色々な刺激を戴きました。

建設途中の建物を見たり、モデルハウスを見たり…。

整理整頓の出来たきれいな現場でしたよ。

ウチも見習わないといけませんね。

ダイキン工業のデシカを設置していました。

除湿・加湿の出来る換気システムです。

冷蔵庫くらいの大きさがあります。

機械室を設けてありましたね。

敷地に余裕があると、いいですよね。

弊社とは違いエアコンとの接続はしていませんでした。

そのせいかダクトが細いんです。

このくらいの太さなら、天井内に収まります。

換気は換気、空調は空調と割り切った方がいいのかもしれませんね。

夏の湿度対策として、デシカは有効です。

でも、高いんですよね。思ったほど冬の加湿が出来ないし…。

もっと安くなればいいのにと思います。

posted by  Hoppy Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

申し訳ありません。

2018年08月28日 08時00分00秒 | 見学会・イベント・お知らせ

今日・明日の2日間、岡山を中心にFPの家を建てている工務店の取組を拝見してきます。

申し訳ありません。

この間の現場ブログはお休みさせていただきます。

工務店の取組に関しては、ブログにてご紹介するつもりです。

ご期待ください。

さあ、そろそろ出掛けなくっちゃ!

岡山かぁー、黍団子ですよね。

シャインマスカットも有名なんだそうです。

もちろん食べたことありません。

遠いなぁー。

吉備って古墳も多いんですよね?

古墳好きの心が躍ります・・・。

1つくらい見て来られるかな・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

ようやく顔を出しました。

2018年08月27日 12時53分02秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

今日も良い天気ですね。

雲ひとつない青空、気持ち良いです。

でも、暑いんですよねー。

練馬の最高気温は36℃を超えるかも・・・

『FPの家 Y邸』

養生期間を終え、朝から型枠を外す作業を行っています。

あれれ?いつもより、作業をする人数が多いようです。

そのせいか、進み具合も相当早いですよ。

あっ、奥さんと3人の兄妹の姿も見えます。

どうやら、家族総出で手伝ってくれているようですね。

なんとなく微笑ましい情景。

社長!アルバイト料、弾んであげてくださいね。

耐圧盤を深く掘り下げた部分は木製型枠を利用しました。

だから型枠大工さんが脱型を手伝っています。

通常の部分は、いつも通りの鋼製型枠。

いつもの段取りでテキパキと作業を進めています。

全ての基礎が顔を出しました。

なんと言っても、総勢7名です。

早い、早い・・・。

この分だと、午前中で終わりそうですね。

基礎の廻りに土を入れ、平らに均して基礎工事完了!

といきたいところなんですが・・・。

基礎の打継部に防水処理を掛ける為、埋め戻しを残して本日の作業は終了です。

防水施工完了後、改めて埋戻しを行います。

それにしても暑いですね。

早くビールを呑みたい・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

カビの話

2018年08月27日 08時00分00秒 | 住宅を取り巻く環境

昨日もカビの話。

夕方近くに弊社OBが弊社を訪ねてくれました。

今年の蒸し暑さの影響か、カビ・エアコンの水漏れに関わる相談が多いように感じます。

弊社OBは夏の室温設定を28~29℃にしている方が多いので、エアコンによる除湿が期待できないんですよね。

換気風量を増やす。

エアコンの温度設定を低くする。

昨日も、そんな話をさせてもらいました。

でも「温度設定を下げると寒い。」という方も多いんですよね。

断熱および気密性能が高くない建物の場合、温度設定を25~26℃にしていることが多いと思います。

仮に空気の温度が26℃になったとしても、体感温度は30℃近くになっていると思われます。

床・壁・天井等の表面温度が空気温度とほぼ同じになっている弊社のOB宅とは大違いです。

「温度設定を下げてみませんか?」

と提案しても、温度を下げたくないと言われます。

除湿機との併用もお勧めするんですが・・・。

「除湿機はうるさいし、裏から熱気が出て室温を高めるし使いたくない。」

「省エネじゃないですよね。」

これを云われると、お手上げなんです。

でもカビって、かなり強敵なんですよね。

微生物を生育可能温度で大まかに分類すると、次のようになるそうです。

0℃近傍を最適温度領域とし20℃以上では増殖できないもの・・・好冷菌。

20~45℃を最適温度領域としているもの・・・中温菌。

45~60℃を最適温度領域としているもの・・・好熱菌。

60~80℃を最適温度領域としているもの・・・高度好熱菌。

90~100℃を最適温度領域としているもの・・・超好熱菌。

えっ!100℃でも大丈夫な菌がいるの?

カビ・酵母及び細菌の生育可能温度と最適生育温度を以下に示します。

カビの生育可能温度は0~40℃、生育最適温度は25~28℃。

酵母の生育可能温度は0~40℃、生育最適温度は27~30℃。

細菌の生育可能温度は0~90℃、生育最適温度は36~38℃。

なんだ、カビは0~40℃なんだ。ホッとしました。

凍結するとカビの増殖は停止するそうです。

0℃近傍では生育速度が非常に遅くなります。

でも、カビ胞子や細菌芽胞などが生存していることを忘れてはいけません。

半年あるいは数年後に目視で観察される程度に生育する低温カビも存在するそうですよ。

しかも温度が戻れば、活動を開始するそうです。

冷蔵保存する場合には特に注意を要するそうです。残念!

高温はどうでしょうか?

カビは通常、菌糸と胞子の状態で存在します。

その胞子には分生子(無性胞子)・子嚢胞子(有性胞子)および接合胞子が存在します。

耐熱性については、それぞれの状態で異なるようですね

麹カビ・青カビの場合の耐熱性は以下の通り。

麹カビ(分生子)・・・熱死滅温度50℃/D値5分

麹カビ(子嚢胞子)・・・熱死滅温度65℃/D値50分

青カビ(分生子)・・・熱死滅温度60℃/D値2.5分

麹カビ(子嚢胞子)・・・熱死滅温度82℃/D値6.7分

D値・・・一定温度で加熱した時、生菌数が1/10に減少させるのに必要な加熱時間(分)

子嚢胞子は最も耐熱性が高く、次いで分生子の順となっています。

菌糸は胞子よりも耐熱性が低く、ほとんどの菌糸が50℃で死滅します。

80℃において、30分程度の加熱処理をすればほとんどのカビは死滅します。

でも乾燥状態での加熱でカビ胞子を死滅させるには、120℃以上で60~120分程度の加熱時間が必要です。

つまり非常に耐熱性が高い。ほぼ無理といってもいいでしょう。

カビの増殖は、
①胞子が浮遊して発生箇所に付着
②菌糸を伸ばして増殖開始(菌糸は透明)
③胞子を形成(胞子は透明でなく有色)

ある日、突然カビが生えたような気がしませんか?

でも実際は、透明な菌糸の状態でカビは存在していたんです。

それがゆっくりと成長し、有色胞子を形成し、見えるようになります。

突然カビが生える訳ではありません。

ちなみにカビの成長速度は以下の通り。

培養温度と成長速度を示したグラフです。

1番成長の速い菌の場合、培養温度30℃付近で55mm/日になっている事がわかります。

すごい成長速度ですよね。

一度発生したカビを完全に無くすことは難しいようですね。

薬剤を利用して殺菌するという手もあります。

でも、人体に対する影響も心配です。

湿度を抑え、おとなしくしてもらうのが精一杯。

生えないようにするのが得策なんですけど・・・。

文科省『カビ対策マニュアル基礎編』から一部転載しています。

転載元は以下のページとなりますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/sonota/003/houkoku/08111918/002.htm

またカビの成長速度グラフは、小峯裕巳氏/室内微生物汚染 ダニ・カビ完全対策/井上書院から転載させていただきました。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

完了検査済証の重み・・・。

2018年08月26日 15時00分26秒 | 注文住宅/設計・図面・現場監理

知人からお盆休みに新築のご紹介を戴きました。

築20年の高断熱・高気密住宅にお住いの方です

8年ほど前に増築もしているとの事。

ちなみに、新築業者・増築業者ともに倒産しています。

ご要望を聞いてみると、既存の地下室を利用したい・・・。

えっ!

既存の地下室を利用する?

それじゃー、新築ではなくて増築ですよね。

詳しい話を聴いてみると、検査済証も取得していないご様子。

幸いなことに、既存部分の図面は残っていました。

これを持って役所の担当者に相談中です。

まだまだ結論は出ませんが、相当難しそうですね。

検査済証があれば、ずいぶんと楽だったのに・・・。

まずは既存の地下室が図面通りに施工されているのかを調査します。・・・①

そして、経年による劣化がないかどうかも調べます。・・・②

もちろん、地盤の状態&補強方法だって調べなければなりません。・・・①

これをクリア出来たとしても、増築時に繋げた基礎の影響や、それを撤去した後の強度を確認する必要もあります。・・・③

そもそも、現在の耐震基準に適合しているかどうかの判定も必要です。・・・④

ホームエレベーターを設置したいので、天井スラブに開口が必要です。

その為の安全確認と補強も必要になるでしょう。・・・⑤


『建物が完成したら、完成検査を受け検査済証を取得する。』

今では当たり前のことですが、当時は未取得のままお引き渡しというケースが多かったようですね。

違反建築だから、検査済証を取得できない建物もあるでしょう。

でもどちらかと言えば、単に取得することを忘れていた場合が多いと思います。

さすがに取得しなければならないという事を理解していなかったとは思えません。

そのツケが回ってきたようですね。

検査済証があったとしても、省略できるのは上記の①位なんですよね・・・。

でも、これが相当大変なんです。

いつも感じる事ですが、行政は増築・改築をさせたくないのかな?

少なくても、今よりは安全になることが多いですよね。

危険で、省エネ・健康でない既存建物を残すよりは、増・改築でより良くした方がいいと思うんですよね・・・。


そもそも、新築工事または増改築工事後に決められた完了検査を受けて『検査済証』が交付された建築物の数ってどの位なんでしょうか?

竣工時期が古いものほど少ないようですね。

国土交通省がまとめた資料によれば、1998年度時点の完了検査率(検査済証交付件数/建築確認件数)は38%だったそうです。

随分と低いですよね。

でもかっては5%〜20%程度だったそうですから、これでも改善しているようです。

2012年度時点では特定行政庁(建築主事)によるものが85%、指定確認検査機関によるものが91%となっています。

それでも1割近くは未取得なんですね・・・。

ちなみに、既存建物は適合建物と不適合建物の2つがあります。

そして不適合建物には『既存不適格建築物』と『違反建築物』の2つがあります。

前者は、それが建てられた時点または増改築工事がされた時点で適法だったものの、その後の法改正などによって現行の法規には適合していない状態のものを指します。

これに対して違反建築物とは、当初から関係法規に適合せずに建築・増改築または用途変更などが行われたものを指します。

当該建物は前者になります。

でも、このまま地下室を残して増築すれば違反建築になってしまう・・・。

既存不適格建築物はあくまでも当時の法規を守って建てられたものであり、新たに増改築工事などをする際には現行規定への適合が求められるものの、建築基準法には一定の緩和措置が設けられています。

また近年においては国土交通省による既存不適格建築物に対する規制の緩和、合理化なども図られています。

色々と大変だけど、諦める訳にはいかないんです。

地域密着工務店の名に懸けて、このまま増築して『違反建築』という看板を掲げる選択だけはできません。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

リフォームの基本?

2018年08月26日 08時00分00秒 | 住宅を取り巻く環境

弊社では新築を中心に地域に密着した営業を心掛けてきました。

でも、最近は断熱改修や耐震改修を含めた設備更新やインテリアリフォームのご依頼を戴くことも増えているんです。

じつに有り難い話です。

別に広告を打った訳ではありません。

何故???


次のグラフを見て、(ナルホド!)と思いました。

東京大学の前研究室がリフォーム実施者に『リフォームの事業者選びの際に重視した項目』を聞いたものをまとめたデーターです。

グラフ中、赤丸で囲まれた項目が工務店を選んだ人が重視したポイントとなります。

1位・・・近所にある

2位・・・担当者の人柄

3位・・・技術力・施工力

4位・・・実績

5位・・・知人からの直接紹介・推薦

店先に掲げた『リフォーム承ります。』の案内が効いているのかも知れません。

幸いなことに、弊社のお隣は地域で有名なパン屋さん。

毎日、たくさんのお客様で賑わっています。

そこを訪れる方に認知して戴ければ、アピールに繋がります。

「工務店があることは以前から知っていました。」

「でも、リフォームを請け負ってくれる工務店かどうか判らなかったんです。」

以前に聴いたお話です。

この地で営業を始めて29年・・・。

まだまだアピールが足りないようですね。

『リフォームも地域密着が基本』

良いことを知ることが出来ました。

㈱住宅あんしん保証の住宅あんしんニュースより、グラフを転載させて戴きました。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

木造住宅の耐震改修

2018年08月25日 18時14分02秒 | 断熱改修・リフォーム

いゃーっ、暑いですね。

35℃超なんて久し振りだと思います。

『スケルトンリフォーム A邸』

只今、既存躯体の補強に取組中!

この建物、新耐震基準以降の建物なんですよね。

でも工事の内容を見ていると、明らかに旧耐震基準さえ満たしていない有様・・・。

検査済証なんて当然ありません。

4号建築物なので、設計者の仕様規定による構造の安全確認はされている筈なんですけど・・・。

スケルトン状態にする際、筋違は全て撤去しました。

30×90のいわゆる『3つ割り筋違』を『びんた伸ばし』で納めてありました。

これを45×90に変更し、端部を所定の筋違金物で納めます。

当然、配置のバランスを考えないといけません。

柱脚・柱頭に掛かる引抜荷重・圧縮荷重を求め、それに見合った接合金物の取付も必要です。

基礎の仕様も確認しました。

布基礎、鉄筋も入っています。

立上り巾は120mm、フーチングの巾は360mm。

追加する布基礎だって鉄筋入りです。

部分的にひび割れが認められます。

よって、基礎の補強も行いました。

土台と基礎の緊結も重要です。

アンカーボルトが異様なくらいに不足していました。

継手部分や仕口部分、土台の端部等の必要箇所にはM12を追加しました。

また引抜荷重が大きい箇所には、M16を追加しています。

火打材は使用せず、1・2階共厚さ24mmの構造用合板を張ります。

また接合部の構造金物は、新築同様としました。

保有耐力/必要耐力が1.0を超えれば、『一応倒壊しない』レベルになります。

1.5以上であれば、『倒壊しない』レベル。

なんとか1.5以上にしたいですよね。

既存建物の耐震改修って、本当に難しいと思います。

確認しなければなない事が山ほどあるんです・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

耐震診断基本データー

2018年08月25日 08時00分00秒 | 耐震・制振

先日の構造塾/改修版でもご説明いただいたデーターをご紹介します。

平成18年4月1日~平成30年6月30日に診断された木耐協の定期報告からの抜粋となります。

詳しくお知りになりたい方は、以下のページをご確認ください。

http://www.mokutaikyo.com/dcms_media/other/tyousa_1808.pdf

対象住宅は、昭和25年~平成12年5月までに着工された木造在来工法2階建て以下の建物となります。

12年3箇月分、26,317件のデ-ターとなります。凄い!


建築基準法では、耐震計算をする際に想定する地震を『大地震』と『中地震』の2段階に分けているそうです。

大地震とは『建物が建っている間に遭遇するかどうかという極めて稀な地震(数百年に1度起こる震度6強クラスの地震)』のこと。

中地震とは『建物が建っている間に何度か遭遇する可能性のある地震(震度5強程度)』となります。

大地震時には『人命を守ること』、中地震時には『建物という財産を守ること』を目標とするのが建築基準法の考え方です。

これに対して耐震診断では、人命を守ることに重点を置き『大地震時に倒壊しない』ための耐震性確保を目標に据えることを明示しています。

まずは、基本データーを見てもらいましょう。

旧耐震基準(昭和25~55年以前)および新耐震基準(昭和56年~平成12年5月以前)に建てられた建物が該当します。

『9割超が現行の耐震基準を満たしていない』という驚きの結果となりました。

倒壊する可能性が高い・・・73.77%(19,415件)

倒壊する可能性がある・・・17.41%(4,582件)


耐震基準は『昭和56年6月』と『平成12年6月』の2度に渡って大きく改訂されています。

木耐協では前者を旧耐震基準住宅、後者を新耐震基準住宅と区分しているようですね。

旧耐震基準住宅に絞った結果はこうなりました。

 

倒壊する可能性が高い・・・84.74%(10,895件)

 

倒壊する可能性がある・・・12.45%(1,601件)

やっぱり・・・。

旧耐震基準ですから仕方ないですよね。

だから新耐震基準になった訳だし・・・。

でも、新耐震基準住宅なら大丈夫ですよね?

結果を見てみましょう。

倒壊する可能性が高い・・・63.30%(8,520件)

倒壊する可能性がある・・・22.15%(2,981件)

えっ!

うそでしょ?

新耐震基準、ヤバイじゃん!

という結果となりました。

2階建て以下の建物というのがミソなんですよね。

3階建ての建物では、こんな結果にならないと思います。

なぜなら、後者は許容応力度計算(構造計算)による安全確認が行われているから。

でも、前者は『4号特例』のため、必ずしも構造計算による安全確認が行われていないんです。

もちろん、設計者による『仕様規定による安全性検討』は行われている筈。

①壁量計算(耐力壁の確保)

②四分割法(耐力壁の配置バランスの確認)

③N値計算(柱の接合方法の確認)

上記3つの簡易計算と

④基礎の仕様

⑤屋根葺き材等の緊結

⑥土台と基礎の緊結

⑦柱の小径

⑧横架材の欠き込み

⑨筋違の仕様

⑩火打材等の設置

⑪部材の品質と耐久性の確認

上記8つの仕様ルールがこれに当たります。

でも、確認申請時に提出の義務は無いんですよね。

これを『構造安全性検討不要』と勘違いしている設計者もいるらしい・・・。

簡易計算による安全確認や仕様ルールを守っていれば、危険な建物を無くせる訳ではありません。

まして、設計者が安全確認を怠っているなんて・・・。

こうした建物の中に、先述の『倒壊する可能性がある、もしくは高い』建物が隠れているんでしょうね。

しかも、建物は経年劣化によって弱体化する場合もあります。

壁内結露・シロアリや腐朽菌による被害、欠陥工事の怖れだってあります。

せめて、設計時の構造安全性だけでも確保したいと思いませんか?

やっぱり構造計算は行うべきだと思います。

えつ、弊社ですか?

もちろん、全棟構造計算による安全確認を行っています。

簡易計算だけでは心配ですから・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

外壁工事進行中

2018年08月24日 18時19分54秒 | 外壁・屋根・外構工事

朝から、雨が降ったり止んだりの繰り返し。

なんだか変な天気でしたね。

とにかく蒸し暑かったし・・・。

それでも雨の合間を縫って作業は続けられています。

『FPの家 K邸』

外壁工事進行中です。

軒天と外壁の取合い部分に取付けられた『オーバーハング水切』

そして・・・。

玄関ポーチの天井には、塗装済みの軒天が張られました。

只今、バルコニー裏を施工中。

通気胴縁の施工もほぼ完了です。

基礎の取合い部分には『土台水切』が取り付けられ、

サイディング下端には『防虫ベンツ』も取り付けられました。

これで、通気層スペースに小さいネズミや蝙蝠・不快昆虫等が侵入することを防ぎます。

コーナー部分を撮ってみました。

中央に出隅役物。

その両端にある銀色の鉄板は『ハット型ジョイナー』です。

そして、コーナー約物の上にある金物は留め金具と言います。

これを躯体に取付け、そこにサイディングを引っ掛けて留めます。

昔のようにサイディング表面から釘を打つ事がないから、美観が良くなるし釘頭の廻りにひびが入ることもありません。

ハット型ジョイナーの凸部に合わせてサイディングを張れば、コーナー部分の施工は終わりです。

後で、ここにシーリングを施します。

施工面積が大きいので、サイディング工事完了はしばらく後になるでしょう。

室内では、無節のオーク床材の施工も始まりました。

1枚張ることに、緑色のスペーサーを挟んで留め付けます。

良い感じに仕上がりそうですね。

天井には石膏ボードが貼られ、点検口も設置しました。

ロフトの天井は、こんな感じです。

少しずつ、雰囲気がわかるようになってきました。

でも、まだまだ掛かります。

完成が待ち遠しいですね。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

台風の影響でしょうか?

2018年08月24日 08時00分00秒 | 住宅を取り巻く環境

雨がだんだんと強くなって来ました。

凄い湿度ですよ。

弊社事務所裏の駐車場の気温&湿度です。

26.3℃、91.3%。

ちなみに24.7℃は露点温度を示しています。

絶対湿度19.8g/㎏DA、不快指数は78.3.

気温は低いのに、とにかくジメジメして気持ち悪い・・・。

これも台風の影響?

異常気象もこのまま普通になってしまうのでしょうか?

昨日は、M’s構造設計の佐藤先生の話を聞いてきました。

構造塾/改修版&伝え方・聴き方セミナー、ためになりました。

廻りを見回せば、自立循環型住宅研究会関東ゼミの面々にFP北関東のメンバーの顔もあります。

やっぱり、改修工事における構造の在り方は気になりますよね。

先生の想いを聞いて、共感することが出来ました。

佐藤先生って、工務店に生まれたんだそうです。

地震に強い家を作りたくって、自社物件の構造設計を始めたそうです。

でも全国に建つ『地震で倒壊する家』の数に比べると、自分が手掛けることの出来る家の数って少なすぎる・・・。

そこで工務店を離れ、構造設計事務所を興します。

社員を雇い、ご自身も頑張り、手掛ける数は飛躍的に増えました。

それでも全体から比べれば全然足りません。

それならと、地震で倒壊しない家づくりを行える人材を育てればいい!

家を求める人への情報発信をすればいい!

こうして現在に繋がっているそうです。

耐震と断熱、方法論は違います。

でも想いは同じだなぁーと感じた訳です。

弊社の手掛けられる住宅は、どんなに頑張っても年間10棟です。

実際には、もっと少ない・・・。

断熱・気密性能を高め、健康な環境で安心して暮らして戴きたい。

もちろん、地震で倒壊することの無い家であることが前提です。

こうした暮らしが出来ていない人がたくさんいます。

こうした暮らしが出来ることを知らない人さえいるんです。

せめて弊社の目指す家づくりを発信し、ヒントにでもしてもらえれば・・・。

これが弊社の想いですから。

色々な話を聞かせていただきましたが、一番面白かったのが次のパワポ画像です。

家づくりを車選びに例えていました。

あなたは自動車を売る営業マンです。

一人のお客様がプリウスを買いに来ました。

プリウスと言えば『省エネ・低燃費』が売りの車ですよね。

そのプリウスに2つのタイプがあったとしましょう。

燃費が良いプリウス。

そして燃費が悪いプリウス。

前者は後者よりも価格が100万円高い設定になっています。

あなたは燃費の悪いプリウスを安いという理由で勧めますか?

それとも、10年乗れば元を取れるはずだからと100万円高いプリウスを勧めますか?

これって、住宅セールスと似ていますよね。

そもそも、プリウスを買いに来た人が燃費の悪いプリウスを買うでしょうか?

プリウス=燃費が良いから選んだと思うんですよね。

さすがに100万円安いプリウスを買わされ、後になって燃費の悪いプリウスだった事を知るなんて事は無いと思います。

でも、住宅の場合は普通にあるんですよね。残念・・・。

では安全性はどうでしょうか?

衝突安全性を高める為のエアバックにグレード設定があったとしましょう。

安全性1.00のプリウス。

安全性1.25のプリウス。

安全性1.50のプリウス。

当然価格も違います。

そう、耐震強度と同じです。

安全性1.50のプリウスだけ作ればいいと思いませんか?

自身とご家族の命を軽く考える人っているのかな?

お金が勿体ないから、安全性を削ってよ!

なんて人がいるとも思えないんですよね。

車と住宅を比較すると、おかしさが良くわかります。

こんなのおかしいですよね。

最後に、先生が講演中に発した一言をご紹介したいと思います。

あらゆる職業には理念があります。

人を尊重し、命を尊重するというのがそのキモとなります。

でも建築に携わる方々には、ご自分のつくる家が人の命を左右するという事実を判っていますか?

その覚悟を持って仕事に取り組んでいますか?

お金を払うのはお客様だから、選択肢を与えれば良いんだ。

選んだんだから、そうした覚悟もお客様に負担してもらおう!

なんて思っていませんか?

こうした基本的な理念を学校では全く教えていないんだそうです。

ナルホド・・・。

そうかもしれない。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

コンクリート、打設しました。

2018年08月23日 11時00分00秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

またしても台風の影響で天気が崩れるようですね。

でも、良かった。

『FPの家 Y邸』

無事、コンクリートの打設が完了しています。

今回も、ポンプ車を使用しました。

とにかく打設時間を短くしたいですから・・・。

生コン車が到着。

早速コンクリートを採取し、コンクリート試験を行いました。

問題無し。

打設に取り掛かります。

規模の小さいお宅です。

今回は立上り部分のコンクリートを打設するだけ。

レミコンの量は3.5㎥でした。

コンクリートを流し込み。

バイブレーターを掛けたり、型枠を叩いたり・・・。

天端を均したり・・・。

あっと言う間に打設完了です。

水が引くのを待ち、天端レベラーを流します。

今回も、いつものコレを使いました。

清水と混ぜ、よく攪拌します。

先程打設したコンクリートの天端に静かに流します。 

流し終わりました。

コンクリート打設完了です。

これで雨が降っても大丈夫。

養生中の雨は、むしろ大歓迎です。

水中養生になります。

作業に加わった皆さん、暑い中お疲れ様でした。

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11  

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)