練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

色々ありまして・・・。

2018年04月30日 11時39分40秒 | 注文住宅 その他

GW休暇1日目。

色々ありまして、出社しています。

色々のひとつがコレ!

『FPの家 Y邸』です。

5月7日に土台敷き

翌8日に先行足場の架設

そして9日に上棟

の予定となっていますが、その前にやっておかなければならない事があります。

弊社の場合、べた基礎を採用しています。

世間ではコンクリートの『一発打ち』が当たり前になりつつあるようですが、弊社では相変わらず耐圧盤と立上りの2回に分けて打設を行っています。

基礎に出来る『打ち継ぎ部』から水が入るとか、シロアリが入るなどと危惧する方もいますが、その位置は地面から50mm上にあり心配はしていません。

でも、今回は少し勝手が違うんです。

既存のブロックの基礎の関係で、当初の予定よりも地盤面を高くしなければならず、打ち継ぎ部が地盤面よりも下になってしまいます。

急遽、基礎に防水処理を施すことになりました。

防水処理後の写真です。

灰色の防水材のため目立ちませんね。

でも、打ち継ぎ部がなんとなくわかると思います。

写真側は、地盤面が低いため問題ありません。

でも、反対側がまずいんです。

反対側の基礎には水道配管も貫通します。

貫通部分は地盤面の下になります。

折角防水処理をしても配管廻りから水が入ってしまう・・・。

意味ないじゃん!

配管廻りにたっぷりシーリング材を充填し、保温材には防水テープを巻きました。

念のため設けておいた先行スリーブも、防水テープによる止水処理をしました。

これで、基礎内に水が入ることを防げます。

でも、心配事はもうひとつあります。

シロアリです。

念のため『ボレイトシール』を用意し、これを基礎内側の配管廻りに充填しました。

ボレイトシールとは、ホウ酸が混入されたシーリング材です。

気密・防水施工をしながら防蟻処理を施すことができるんです。

ついでに、打ち継ぎ部分にある『巾止め金具』廻りにも充填しておきました。

写真中央の金物がソレです。

耐圧盤と立上りの間に入っている金物です。

基礎の型枠を固定する為に必要な金物ですが、金物の周りに穴が残ってしまいそこから水やシロアリが侵入する場合もあります。

この廻りに充填しておけばシロアリが侵入することを防ぐことができます。

市販されている防蟻シーリング材に混入されているのは農薬(合成殺虫剤)なんだそうです。

時間と共に有効成分が揮発してしまい、その効果は5年程度しか続かないとのこと。

5年経ったら、シロアリの侵入を許すかもしれない・・・。

まずいですよね。

ホウ酸は揮発しないので安心です。

基礎断熱に使われている防蟻断熱材の中にも、こうした農薬入りのタイプとホウ酸混入タイプがあるそうです。

キチンと確認した方が良いと思います。

明日基礎廻りに土を入れ、整地する予定になっているのでこのタイミングでボレイトシール処理をすることになった次第です。

天気が良くてほっとしました。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Hoppy Red 

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

お知らせです。

2018年04月30日 08時00分00秒 | 見学会・イベント・お知らせ

GW休暇のお知らせです。

4/30~5/5の6日間、お休みを戴きます。

5/6から平常営業となりますので、よろしくお願いします。

その間、ブログもお休みいただきます。

(書く事があれば、書くかもしれません・・・。)

頭と身体を休め、リフレッシュを図れればいいなぁー。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

見学会、無事完了しました。

2018年04月29日 18時15分50秒 | 見学会・イベント・お知らせ

暑かったですねー。

『FPの家 M邸』

無事、完成現場見学会終了しました。

外観はこんな感じ。

ウッドデッキは陽当たり良好です。

建物の廻りは防草シート敷き砕石転圧仕上げ。

ご来場者のための養生板が、なんとも情けない限り・・・。

雰囲気づくりの為に設置したテーブルもに座って長時間の打合せに発展する一幕もあったようですね。

小上がりの和室も大好評です。

朝から夕方まで、現場にいましたがリビングや居室に陽が射した時間はありませんでした。

4時頃になって、和室や玄関ドア上の窓に西陽が射したくらいです。

どの部屋も明るく、照明要らずで省エネです。

日射遮蔽と日射取得を考えた窓設計は大成功と言えるでしょう。

お蔭で、1台だけのエアコンで快適でした。

これもパッシブ設計の賜物でしょう。

その辺りの事も精一杯アピールさせていただきました。

会場を快く貸して下さったM様、本当にありがとうございます。

そして見学会の応援をしてくださった設計事務所の皆様、ありがとうございます。

エフピーコーポレーションのスタッフもありがとうございます。

最後にご来場戴いた皆様、ありがとうございます。

説明が足りなかったこと、なかったでしょうか?

posted by Asset Red

 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分



コメント

夏の対策

2018年04月29日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

高断熱・高気密住宅は夏に弱い!

という話を良く聞きます。

たしかに・・・。

例えば、家の中には人間が暮らしています。

当然体温を持っていますから、黙っていても室温を上げる要素になります。

様々な家電が置いてあります。

これらも、常時熱を発しています。

窓からは太陽光が入り、床や壁を暖めます。

これら『自然発熱』や日射の効果で、冬の暖房費用を減らすことが出来るはご存知の通り。

断熱性・気密性を高める事で、建物の保温力を高め熱が逃げることを避けることが可能となります。

でも夏の場合は、若干異なります。

断熱性・気密性を高める事で暑い空気の侵入や外皮からの熱伝達・熱放射を防ぐことは出来ても、自然発熱による温度上昇を防ぐことはできません。

でも上手に換気を行い、日射遮蔽対策を採れさえすれば省エネで快適な生活が送れる筈・・・。

自然風を活かす事が出来ればサイコーです。

これらを最近では『パッシブ設計』と呼んでいます。

エアコンや扇風機を利用した暑さ対策は必要だけど、その利用を極力少なくしたい。

そんな方々に注目を浴びているようです。

でも、狭小地が多い東京では難しいですよね。

窓を開けるのはプライバシー上問題があるし、埃や臭いが入ってくる。

そもそも、窓からの日射や風なんて期待出来ない。

防犯も気にしないと・・・。

色々と問題はあると思います。

でも、出来ることから始めてみませんか?

高断熱・高気密で定評の高い『FPの家』にパッシブ設計を採り入れてみました。

エアコンも1台しか設置していません。

24時間換気システムは、いつものダクト式第3種セントラル換気システムを採用しました。

今日は暑くなるようですね。

『FPの家 M邸』

にて

10~17時の間

完成見学会を開催しています。

もちろん、自然素材もたっぷり使っています。

どんな住環境が実現出来たのか?

是非、ご確認ください。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

どうにか、こうにか・・・。

2018年04月28日 18時40分56秒 | 見学会・イベント・お知らせ

暑かったですね。

空は青く、湿度は低め。

風も強く、いかにも春といった陽気。

『FPの家 M邸』

どうにか、こうにか・・・。

明日の完成見学会を開催出来そうです。

朝から、クリーニング屋さんが美装を行っています。

床の掃き掃除を行い、ガラスを水拭きし・・・。

でも、家具屋さんも入っているんです。

小上がりになった和室の下に設けられた『ムカデ収納』の設置と

キッチン背面の引出扉の取付を行いました。

ムカデ収納は、こんな感じです。

引出しはこんな感じ。

色が違うのは、表面にキヌカを塗っているからです。

米糠が主成分のオイルです。

これをウエスに少量取り、軽く延ばせば塗装完了です。

ムカデ収納の幕板も塗りました。

可動棚も同様です。

家具工事も無事完了し、塗装工事も完了。

クリーニング屋さんに挨拶をして現場を去ります。

いつもであれば最後に床の汚れを天然ソープで拭き取って完了です。

汚れが取れ、艶が出ます。

でも今回は追加工事を頼みました。

最後にキヌカを塗ってもらったんです。

益々艶が長持ちする事でしょう。

夕方、クリーニング屋さんが帰った後に現場に行ってきました。

そう、換気システムを稼働するためです。

掃除が完了するまでは、スイッチを入れる訳にはいきませんから・・・。

たった1台設置したエアコンのスイッチも入れました。

1晩かけて、躯体の熱を冷ましておきたいからです。

こうしておけば、明日は恐らくエアコンを動かす必要はないと思います。

庇が深く、日射遮蔽が出来ていますからね。

窓が大きく、断熱性能はそれほど高くありません。

でも、その分日射取得が多いので冬だって大丈夫だと思います。

燃費性能はまあまあじゃないかな。

念のため、ハニカムスクリーンの設置をお勧めしています。

いつもとは、ちょっと違う建物になりました。

明日の10時~17時の間、現場に待機しています。

是非、遊びに来てください。

見所たくさんだと思います。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

夜行性?

2018年04月28日 08時00分00秒 | 注文住宅 その他

昨夜は日曜日に見学会を行う現場の最後の追い込みに付合い、その後昨日お引渡しを行った現場に行ってきました。

目的は3つ。

①階段の壁に取付けた連続手摺を外す事。

②ミーレ製食洗機の蹴込部分に化粧板を取付ける事。

③照明機器のコントローラーの調整を行う事。

そして現場に残した脚立を回収する事。

現場に到着すると、既に引っ越し業者による内部養生が至る所に行われていました。

壁の芯-芯寸法910mmの間に設けられた階段の有効巾は780mm。

壁付手摺は壁面から出っ張ります。

その寸法はおよそ76mm。

この分を差し引くと、階段の有効寸法は700mm程度になります。

こちらのお宅は5人家族です。

150リットル/人という目安からいけば、冷蔵庫の必要サイズは750リットルになります。

でも、子供さんはまだ小さいし・・・。

4人で計算すれば600リットル、この辺りが適当なのかも。

600リットルの冷蔵庫のサイズは巾750mmなんだそうです。

あれ?階段通らないじゃん。

最近の洗濯機も大きいしね。

キッチン及び洗濯機スペースはともに2階です。

搬入経路の確保をしなければならない・・・。

という訳で、①の作業を行います。

そして、引っ越しが終わったら再度取付に伺います。

巾広階段を採用したお宅以外では毎度毎度の作業なんですよね。

弊社では、連続手摺を採用しています。

イメージ画像はパナソニックから拝借しました。

丸棒手摺が接続金物で連続しているのが特徴です。

「金物がオシャレじゃない!」という方もいらっしゃいますが、そこには拘りがあります。

手摺棒は、昇り降りの際に掴むことで身体の安定を図るのが目的です。

手を壁に当てることが無くなる為、壁の汚れを防ぐという余禄もあります。

バリアフリーを目的にする場合には、必ず必要なアイテムですよね。

でも、ただ付ければ良い訳ではありません。

「壁手摺先端」の画像検索結果

手摺の先端が画像のようになっていると、袖を引っ掛けてしまい危険です。

また廻り部分のように手摺の勾配が異なる場合に、ぶつ切りになった手摺を見掛けることもあります。

こうした手摺は、手摺棒を持ち替える際に身体の安定を失う恐れがあります。

袖を引っ掛ける危険もありますし・・・。

この点を考慮して、敢えて連続手摺に拘りを持っている訳です。

でも取付けたり取外したりする場合は、これが仇になります。

2人いないと施工が面倒なんです。

留め付け用の長い木ネジ(60~120mm)が、とにかく多いんですよ。

工具を使わなければ、腱鞘炎になってしまいそうです。

床も壁も仕上がった状態ですから、丁寧にやらないと落として疵をつける場合もあります。

かと言って、2人で行っていたらコスト馬鹿にならないし・・・。

何か良い対策ないですかね?

②は、単なるうっかりミス。

食洗機の給排水接続の際に蹴込み板があると邪魔になります。

「接続完了後に取付ければいいじゃん。」

うっかり、忘れていました。

施工自体はそれほど難しくありません。

すぐに完了。

③も、説明書を片手にほどなく完了。

作業が細かくて、困りました。

老眼で細かいものが見えなくなっている私にとっては、難しい作業と言えるかも・・・。

脚立も無事回収してきました。

歳取ると色々あります。

うっかりが増えるし、細かい字が見えないし、明るくないと見えない・・・。

困ったものです。涙

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

もう少し、あと少し・・・。

2018年04月27日 21時33分07秒 | 見学会・イベント・お知らせ

あと2日で見学会です。

でも、まだ現場は終わっていません。

ひたすら、最後の猛チャージといったところでしょうか・・・。

進み具合を、少しだけお知らせします。

栃木杉の無垢フロアーです。

表面が凸凹に仕上がっています。

うづくり仕上げと言います。

靴下で歩くと、特徴的な足触りが不思議な感じ・・・。

裸足だと、もっと気持ち良いかも・・・。

リビングに面したウッドデッキです。

越井木材工業の『マクセラムウッド』を採用しました。

港湾のデッキ材や幼稚園のデッキ材として利用されている、木質デッキ材です。

防腐・防蟻処理されたLVL材で、10年間の保証がついています。

裸足で歩いても、ささくれで怪我をしないという理由で幼稚園に採用される事が多いそうです。

 

タモ材を使った階段です。

弊社では珍しい角材を使った手摺が良い感じに仕上がっています。

腰壁上の笠木も、いつもよりオシャレな納まりにしてみました。

タモ突板でつくった建具には自然塗料が塗られ、高級感マシマシです。

畳コーナーには、家具が運び込まれました。

見学会の飾りつけをします。

これも、弊社には珍しい試みとなります。

ついでに、リビングの壁には大型テレビを設置しちゃいました。

見所たくさんの見学会になると思います。

「へぇーっ、こんな家をつくるんだ・・・。」

と感じる方も多いのではないでしょうか?

弊社の新しい挑戦、是非ご覧ください。

今週の日曜日が見学会となります。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

こんな本、見つけました!

2018年04月27日 08時00分00秒 | 休日・プライベート

通勤途中、電車の中で一冊の本を読了しました。

曳家が語る

家の傾きを直す

「沈下修正」

ホントの話

という本です。

曳家岡本の2代目

岡本直也氏の著書

主婦と生活社から出版された本となります。

以前弊社にも遊びに来てくれた気さくな社長です。

FBの友達でもあり、いつも貴重な情報を開示してくれるありがたいお方でもあります。

曳家という技術を使った沈下修正のアレコレや、正しい沈下修正をご教示いただける『良い本』だと思います。

沈下修正ってわかりにくいですよね。

色々な方法があり、それぞれに適した条件があります。

そして金額も大きく違う。

弊社では沈下修正の実績はありませんが、ご相談に見える方は稀にいらっしゃいます。

どんな提案をしたら良いのか?

少しだけわかった気がします。

大切なことは『お施主さまが何を望んでいるのか』を正しく感じ取ること。

そして、それを引き出す事。

現象を捉え、それを物理的に直すだけではなく、その奥にある本音を満足させることが出来るかどうかが重要です。

そして、その内容は家づくりにも通じるように感じました。

工事費1200万円と200万円、どう違う?

沈下修正に伴う、見積金額と工事内容の違いについて本書中に掲載されていますから内容は敢えて書きません。

でも、コレって住宅でも同じですよね。

金額だけでは比較できない工事内容をいかに真面目に説明し、ご理解いただくのか?

こちらの思いが空回りして、充分な説明をすることも出来ず不甲斐ない結果になることも多いですよね。

ご理解戴けなくても仕方ない。

とにかく正しいと思うことを主張し、諦めずにご理解いただこう。

そうは言っても、中々難しいですよね。

それでも正しいと思う仕事をし続けることの重要性を感じました。

諦めてしまったら、先はありませんから・・・。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

暑い日でした。

2018年04月26日 17時37分04秒 | 24時間換気システム・風量測定

暑かったですねー。

こう寒暖の差が激しいと、体調管理が難しくなります。

服装を選ぶのも面倒です。

暑くなるのもいやだけど、寒いのもイヤ!

春や秋などの中間期が楽でいいんだけど、気のせいかだんだん短くなっている気がします。

これも『地球温暖化』の影響なんでしょうね。

『FPの家 K邸』

完了検査の立ち会いをしてきました。

時間にして20分位でしょうか。

間取りの確認

防火設備の確認

換気設備の確認

火災報知器の確認

ざっと見て、完了。

無事合格しました。

その後、換気設備の風量を測定しました。

用意したのは、換気図面と風量測定器。

天井に設置された排気口に

風量測定器を当て、表示される数値を読み取ります。

『強』運転時の風量を測定しました。

その後、『魔法のトンネル』の製造メーカーと販売店の方がお見えになり建物見学会となりました。

1時間程度かけて、快適性を体感。

お二方も満足していたように思えます。

「外皮性能・気密性能ともに高いので、機器の性能を効果的に引き出せるんですね。」

「他の建物も、この位の性能ならば良いのに・・・。」

性能不足による効きの悪い家も多いようですね。

今日も3kwほどの太陽光発電は、ガンガン売電モードで動いていました。

一般的なZEHハウスの太陽光パネルは7~10kwと聞いています。

3kwで光熱費ゼロが達成出来るとすれば、凄いですよね。

換気風量の『中』と『弱』も測定しなければなりません。

明日行うつもりです。

計画換気は、設置すれば良い訳ではありません。

設計通りに換気が行われているかどうかは、建物の気密性能と配管の良し悪しに掛かっています。

どんなに配管施工が良くても気密性能が良くなければ計画換気は行われませんし、反対にどんなに気密性能が高くても配管施工が悪ければ同じ結果となります。

計画換気が機能しているかどうかを確認するには、風量測定を行うしかありません。

でも、コレを行っている施工業者って意外に少ないらしいですよ。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

祝・誕生日

2018年04月26日 08時00分00秒 | たわいもない話

一昨日の24日は、私の誕生日。

えっ、年齢ですか?

秘密です・・・。

横浜で行われた書籍事業の打合せ。

夜は仲間と情報交換を目的に親睦会が行われました。

そこでみなさんに、お祝いの言葉を戴けました。

FBでは、沢山の友人からの祝福メッセージ。

そして昨日は一日遅れの誕生日を家族に祝ってもらい・・・。

天気は荒れ模様でしたが、気持ちが明るくなる2日間となりました。

歳のせいか、食べる量も減りました。

大好きだった脂っこいものも段々と辛くなり、あっさりした物が好きになり・・・。

酒量もだいぶ減ったと思います。

こうなると、『健康』の事を真剣に考えますね。

食事と健康。

睡眠と健康。

温度と健康。

ストレスと健康。

病院(薬・検査)と健康。

住宅と健康は、切っても切り離せません。

『ゼロ次予防』という考え方があるそうです。

病気にならない暮らし方をするのが大切。

そのためにも、健康を維持・推進出来る住宅をつくっていきたいなぁー。

なんて、つくづく感じてしまう今日この頃です。

暖かく、身体に悪い物を使わない住宅に住みましょう。

そして、ご夫婦・ご家族揃って『ピンピン・コロリ』の生活を送りましょう。

 

ご夫婦×2人で90歳まで長生きできれば、合計年金総額は1億円を超えるそうです。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

書籍事業の打合せ

2018年04月25日 13時04分28秒 | 見学会・イベント・お知らせ

アセットフォーの定休日。

今朝はブログを書く時間がありませんでした。

何しろ、昨夜は遅くまで横浜で情報交換会を行っていたので・・・。

以前にもチラッと書かせていただきましたが、この度FPの家グループで書籍を発行する事になりました。

昨日も、その為の打合せだったんです。

FPの家の事ばかり書いても、書籍を購入される皆様に引かれてしまいそうだし・・・。

さりとてあまりアピールしなければ、良さが伝わらないし・・・。

マニアックな話も必要だとは思うけど、マニアック過ぎても敬遠されちゃうと思う・・・。

中々塩梅が難しいですよね。

その辺りの事を、しっかりと見極めなければと思っています。

何か、アドバイスがあればお聞かせください。

年末までには発行される予定です。

決まったらお知らせしたいと思います。

楽しみにお待ちください。

 

 http://www.assetfor.co.jp

 posted by Hoppy Red 

 所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

雨・・・。

2018年04月24日 12時08分20秒 | 注文住宅 その他

気温は平年並み。

でも、雨&風。

練馬・板橋は荒れそうです。

『FPの家 M邸』も荒れ模様。

毎日沢山の業者が出入りして、急ピッチで作業を進めています。

タイルの代わりに、モルタルと墨を混ぜた墨モルを玄関土間に塗ったり・・・。

タモ材で出来た膳板などを自然塗料で仕上げたり・・・。

照明器具やスイッチプレート等を仕上げたり・・・。

 

吹抜けのシーリングファンの取付を終え、急いで足場を撤去します。

製作建具の搬入です。

タモの無垢材と、突板ベニヤで作られて建具なんて、超久し振りです。

そう言えば、こんなにバタバタしてる現場も久し振り・・・。

お恥ずかしい限りです。

ラストスパート、頑張ります。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

voc

2018年04月24日 08時00分00秒 | 健康住宅

昨日のブログで室内環境測定について書かせていただきました。

測定対象は5つの化学物質です。

それらを『VOC』と呼ぶことがあります。

VOCとは揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)の略称です。

塗料・印刷インキ・接着剤・洗浄剤・ガソリン・シンナーなどに含まれるトルエンやキシレン、酢酸エチルなどが代表的な物質です。

VOCと言えばなんとなく『身体に悪いモノ』という気がします。

でも、身体に良いVOCだってあるんです。

例えば『ヒノキの匂い成分』です。

作用の仕組みは判っていません。

でもヒノキの匂いがストレスを軽減し、免疫細胞の働きを向上させることは経験上認められています。

免疫細胞のひとつに『ナチュラルキラー細胞(NK細胞)』があります。

都内で働く30~60歳台の男性を対象とした研究では、ヒノキの匂い成分である精油がこのNK細胞の活性向上に関与していると報告されています。

ヒノキ精油を揮発させた室内に3日間宿泊滞在した前後のNK活性の変化を示したのが下グラフです。

滞在前と比較すると、滞在後のNK活性は有意に上昇しています。

滞在の前後で、ストレス指標である尿中ノルアドレナリンも下グラフのように有意に低下していたとか・・・。

ストレスを軽減し、NK活性を上昇させるヒノキの匂い成分。

これもVOCなんですよね。

こうした良いVOCについてはどんどん活用したいと考えていますが、量によっては問題になることもあるようです。

何事もホドホドが良いようです・・・。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

空気の質

2018年04月23日 18時26分46秒 | 健康住宅

今日の練馬・板橋は、気温が低い割に寒く感じませんでした。

相対湿度が75%程度まで上がっていたからでしょうね。

身体を少し動かすと汗ばむ位でした。

『FPの家 K邸』

空気環境測定を行っています。

こんな測定バッジを使います。

2階リビングに脚立を立て、てっぺんに2つのバッジを固定します。

床から1.2~1.5mが設置高さの目安です。

赤い方はホルムアルデヒド。

緑の方はトルエン・キシレン・エチルベンゼン・スチレンの4品目を対象にしています。

この状態で家を締め切り、8~40時間の間放置します。

弊社では24時間が一般的ですね。

空気中に含まれるこれらの物質を吸着し、その含有量を測定するのが目的です。

自然素材を極力使い、接着剤や塗料の使用を極力控える。

こうした弊社の取組が、如何にクリーンで安全な空気環境を実現できるのかを実証できる測定です。

厚生労働省が発表した化学物質の指針値は以下の通り。

ホルムアルデヒド・・・0.08ppm

トルエン・・・0.07ppm

キシレン・・・0.20ppm

エチルベンゼン・・・0.88ppm

スチレン・・・0.05ppm

パラジクロロベンゼン・・・0.04ppm

1ppmとは、空気1.0㎥あたりの化学物質1㎤の濃度を言います。

%で言えば0.0001%に当たります。

この指針値は『健康な人が、その化学物質による健康被害を受けないであろう値』です。

この数値を上回ると直ちに健康への被害がある訳ではありません。

また、あくまでも強制を伴うものにもなっていません。

FPの家ではこの測定が義務付けられている訳ですが、こうした測定を行っていない家の方が一般的なんですよね。

大した費用も掛からないし、手間だってたいしたことありません。

新築時には、是非測定する事をお勧めします。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

網戸の効果

2018年04月23日 08時00分00秒 | 見学会・イベント・お知らせ

昨日の見学会時に撮影した一枚です。

1階掃出し窓から差し込む日射のサーモ画像となります。

魔法のトンネルのお蔭で床・壁は21℃程度にムラ無く冷やされているのに、窓だけは高い温度になっている事がわかります。

そして、気になるのが床の赤い四角。

日射に直接当たっている窓ガラスよりも、床の方が熱い事がわかります。

あれ?

左右で色が違う。

良く見ると、ガラス自体の色も左右で違います。

これ、窓の外側に取付けられた『網戸』の遮熱効果なんです。

網戸の有無が、これだけの違いになるなんて・・・。

びっくりですよね。

でもこちらの写真を見ると、窓温度にそれほどの差はありません。

真ん中の窓は嵌め殺し窓。

網戸は付いていません。

でも両側の窓はタテスベリ窓のため、網戸が付いている。

先程の写真よりも差が無いですよね。

実は網戸が内側に付いているんです。

網戸が窓の内側にあるか、外側にあるかで遮熱効果に違いがでるようですね。

床に与える影響は先程の場合と同じです。

真ん中の窓の方が赤くなります。

でもガラス自体の温度にはそれほど差が出ません。

やはり日射遮蔽をするのであれば、外側の方が有利なようです。

ちなみに日射取得の場合は、内側の方が有利になるようです。

posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)