練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

現場監督のウンチク!

2013年02月28日 18時32分19秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

本日、スウェーデン式サウンディング試験を行いました。

建物の四隅と真ん中の位置に測点を設け、ジオカルテⅡという調査機を使用します。

従来の方法は2人の人間が錘を載せたり下したり、ロッドについたハンドルを回したりと大変そうでしたが、この機械は1人の人間が機械の操作をするだけ。随分と楽になったなぁーという感じです。

調査方法の解説は以下の資料をお読みください。

この調査の結果から、地盤補強の有無やその補強方法を決定しますが、

①従来の方法では試験者の経験や感覚で判定結果にばらつきが生じるのに対し、機械による試験は一定の判定結果が期待できる事。

②試験に必要な人数が減らせる事。

③試験時間が短縮出来る事。

等、メリットが大きいそうです。

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by t.arai

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

3月3日(日)板橋区幸町にて完成見学会を行います!

2013年02月26日 23時15分11秒 | 見学会・イベント・お知らせ

以前よりお知らせしておりました完成現場見学会がいよいよ今週末に迫ってきました。

前回のブログでは、クロスを貼る前の写真やパースを掲載しておりましたが、

現場の工事が進みましたので、新しい写真をご覧頂きたいと思います。

 

まずはお客様からのご要望の多い対面キッチン!

南面のダイニングに面しているため、とても明るい空間となっております。

背面にはキッチンの扉と合わせた家電収納と食器棚を設置。

家電収納の奥はパントリーと、奥様の家事コーナーとなっております。

 

次に今回の現場の一番のみどころの屋根なり天井!

下の写真で空いている窓は、お子様の部屋のロフトについている窓で、

LDKを見下ろすことが出来ます。

天井高がある為、シーリングファンを設置しております。

 

この大空間、ぜひ現場でご覧下さい。

 

まだまだ寒い日が続いております。

この寒い時期に、ぜひFPの家の温かさをご体感下さい。

見学会当日ご都合が合わない方は、別日に個別にご案内させて頂いております。

見学をご希望の方は、アセットフォーまでご連絡下さい。

 

ご来場頂いた、先着15組のお客様にお花の苗をプレゼントしております。

みなさまのお越しをお待ちしております! 

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by azusa ooba☆ 

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

板橋区赤塚新町H様邸の施工ギャラリーをアップしました!

2013年02月26日 14時06分38秒 | 注文住宅・完成・お引き渡し

昨年12月にお引渡しを致しました板橋区赤塚新町のH様邸の

完成現場の写真を施工ギャラリーにアップしました。

 

 下屋に瓦を使用した和風のお住まいです。

 

8帖和室の居間を中心にした間取り

紙クロスや漆喰を使用したナチュラルな内装に仕上がっています。

ぜひご覧くださいませ!

 

H様邸 施工ギャラリー↓↓↓

 http://www.assetfor.co.jp/sekou/modelplanInfo.html?id=57

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by M.Iwasawa

東京都練馬区北町2- 13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

現場監督のウンチク!

2013年02月23日 17時59分00秒 | 注文住宅/木工事

本日は好天にも恵まれ、無事建前を完了する事が出来ました。

今回は建前に使用する重機についてウンチクを・・・

建前の時、一般的にはラフターと呼ばれる大きなクレーンのついた車を使用します。エンジン音が大きく、近隣の方々の迷惑になるのではといつもビクビクしながら・・・。

アセットフォーでは「ポターン」という電動クレーンを使用します。

フランス製品ですが、国内で手を加え100ボルト対応になっていますから仮設電気で動かす事ができます。

動く時にほとんど音がしません。とても静かなクレーンです。

ラフターは車の中にいる運転手に、建物から声を掛けて動きを指示しますが、ポターンは建前を行う職人が腰に着けたコントローラーで操作をします。操作性に優れ大きな声を出す必要もありません。

建前風景も段々変わってきました。

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by t.arai

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

 

コメント

現場監督のウンチク!

2013年02月22日 19時34分29秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

明日の建前に備えて、先日土台敷きが行われました。

今日は床束について、ウンチクを少々・・・。

大引と言われる土台から土台に渡された部材があります。これを支えるのが床束です。

従来は木材を使用していました。樹脂製の物もありますが、アセットフォーでは鋼製の物を使います。

鋼製の為、木製や樹脂製に比べて圧縮強度が非常に強く、1本当たり3トン以上もあります。

また白蟻や腐朽菌にも強く、防蟻剤がかかっても劣化しません。

電柱と同じ溶融亜鉛メッキを施しているため錆にも大変強くなっています。

強度が弱いためネジ山の大きい樹脂製と違い、細かいレベル調整も可能で施工も大幅に短縮できます。

普段はあまり目立たない、まさに縁の下の力持ちって感じですかね。

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by t.arai

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

 

コメント

板橋区赤塚2丁目/3月より工事が始まります!

2013年02月21日 16時42分27秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

赤塚2丁目のS様邸。
3月4日より解体工事が始まります!

 

 

今日は午後から解体の担当者と供に、解体着工に向けた現場確認・お打合せを行いました。
現在はリサイクル法やアスベストの飛散防止など、建物を解体するにも様々な手続きが必要です。
お客様の署名が必要な書類も、この場でご確認頂いています。

現場は、昨年6月にお引渡ししたT様邸のすぐご近所です。
T様邸の建築現場をご覧頂いて、
『とてもしっかりした家だったので・・・』 と、構造見学会にお越し下さったS様。

仮住まいへのお引越しも済まされて、あとは着工を待つばかりです!

 

<女性建築士・インテリアコーディネーターと創る体に優しくエコロジーな家づくり>
練馬区と板橋区を中心に高断熱高気密FP工法、省エネルギー、オール電化、
太陽光発電と自然素材を使ったエコロジーな注文住宅を建築する
地域密着工務店です。

 株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by M.Iwasawa 

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

お引渡し物件の施工ギャラリーをアップしました!

2013年02月19日 16時42分25秒 | 注文住宅・完成・お引き渡し

昨年お引渡しを致しました、板橋区高島平のK様邸と、練馬区羽沢のT様邸の

施工ギャラリーをアップしました。

 

K様邸はシアタールームのある3階建ての住まい。

http://www.assetfor.co.jp/sekou/modelplanInfo.html?id=56

 

 

T様邸は4世代同居の2世帯住宅です。

http://www.assetfor.co.jp/sekou/modelplanInfo.html?id=55

 

どちらの家も、階によって床・建具に使う色を変えており、違った雰囲気を楽しめます。

見どころがたくさんある素敵なお住まいです。

ぜひご覧ください!

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by azusa ooba☆

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

練馬区旭町Y様邸/リクルート「東京の注文住宅」取材を行いました!

2013年02月18日 14時07分49秒 | 注文住宅/地盤調査・地盤改良・基礎工事

2010年10月にお引渡しした、練馬区旭町のY様邸。
半地下車庫と、畳敷きのロフトのあるお住まいです。

今日は3月に発売される「東京の注文住宅」の取材にお伺いしました。

ロフトからリビングを撮影する、カメラマンの松田さん。
綺麗な写真が撮れるように、下ではディレクターの永山さんがテキパキと動いています。

「雑誌をつくる」プロの方々には、
「家をつくる」立場の我々とはまた違った目線で、紙面のイメージが浮かんでいるのでしょうね。

どんな雑誌が出来上がるのか、とても楽しみです。                                                                                                                                             

お料理やお菓子作りをよくされているY様。
大型のフラット対面キッチンを入れています。

コーヒーカップや湯飲みなど、ダイニングテーブルで使う細々した物は、
キッチンのダイニング側に使い勝手良く収納されていました。
『回り込んで行かなくていいので、とても楽ですよ』と奥様。



国産の杉でできた建具に合わせて、ブラインドも杉の無垢板です。

 

 こちらも、杉の無垢材(自然塗料仕上)を使用した、階段の窓枠です。
お引越しから3度目を冬を越すところですが、新築当時のように綺麗なままです!
水濡れの跡も全くありませんでした。

「FPの家は結露が無いですよ!」と、日頃からお客様にご説明させて頂いておりますが、
柔らかい杉材の窓枠がこんなに綺麗な様子を目の当たりにして、
改めて「本当に結露がない!!!」という事を実感しました。


Y様邸の掲載された、リクルート発行「東京の注文住宅」は、
3月21日発売予定です!

どうぞお楽しみに ♪

<女性建築士・インテリアコーディネーターと創る体に優しくエコロジーな家づくり>
練馬区と板橋区を中心に高断熱高気密FP工法、省エネルギー、オール電化、
太陽光発電と自然素材を使ったエコロジーな注文住宅を建築する
地域密着工務店です。

 株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by M.Iwasawa 

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

現場監督のウンチク!

2013年02月17日 18時46分58秒 | FP工法/屋根・壁・床断熱材・断熱サッシ

熱伝導率という言葉を知っていますか?

物体の持つ熱の伝わり易さを表し、値の小さいものほど熱を通しにくい事になります。

見付面積が1㎡、厚さ1mの物体の両面の温度差が1℃の時、1時間あたりに伝わり逃げようとする熱量の事を指します。

例えば・・・

①住宅用グラスウール(16k)の場合は0.039W/mk

②住宅用ロックウールの場合は0.034W/mk

③ALCパネル(軽量気泡コンクリート)の場合は0.15W/mk

④木材(松)の場合は0.13W/mk

⑤硬質ウレタンフォーム(FPパネル)の場合は0.023W/mk

断熱性能の順に悪い方から並べると・・・

③→④→①→②→⑤となります。

部材の厚さを熱伝導率で割った値を熱抵抗と言い、値が大きいほど熱を通しにくい事になります。

断熱材の厚さ÷熱伝導率で熱の伝わり具合の比較ができる訳です。

①②③は厚さ100mmが一般的ですから0.1/0.039=2.56・0.1/0.034=2.94・0.1/0.15=0.66

④は柱の太さ105mmと考え、0.105/0.13=0.80

⑤はFP工法の場合厚さ105mmですから、0.105/0.023=4.56

よって⑤と①では1.78倍も違う事になります。

⑤の硬質ウレタンフォームと同等の断熱性能を得る為には

①の場合、厚さ178mm

②の場合、厚さ155mm

③の場合、厚さ690mm

④の場合、厚さ570mm

が必要となる訳です。

ちなみに厚さ50mmの押出しポリスチレンフォーム(1種)の場合は

0.05/0.040=1.25となります。

FPの家が硬質ウレタンフォームを使用する理由のひとつがここにあります。

固い話で申し訳ありませんでした。

次回もウレタンフォームの話を書く予定です。

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by t.arai

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

 

コメント

赤塚A様邸/外部足場が取れました!

2013年02月16日 09時35分09秒 | 外壁・屋根・外構工事

 

 以前ブログでご紹介しました赤塚A様邸の外部足場が取れ、外観がお目見えしました。

 ガルバリウム鋼板の外壁にガルバリウム鋼板の屋根を使っています。

 コーナー部分にアクセントでダークグリーンの外壁を採用いただきました。

 

 完成は3月中旬を予定しております。

 内覧をご希望の方は、弊社までお気軽にご連絡ください。 

 

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by shizuyo suzuki

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

3月3日(日)板橋区幸町にて完成見学会を行います!

2013年02月15日 11時41分53秒 | 見学会・イベント・お知らせ

板橋区幸町で建築中のI様邸にて

3月3日(日)完成現場見学会を行います!

今回の見学会もみどころいっぱいです。

2階のLDKは屋根なり天井になっており、梁や柱があらわしになっている為、

木の雰囲気のある開放的な空間となっております。

天井が高い為、足場を組んでクロスを貼っています。

一番高い部分で4mを超えます。

ぜひ現場でご覧頂きたいと思います。

LDKはこんな感じになる予定です↓↓↓

寒い時期にぜひFPの家の温かさを体感してみて下さい!

(次の完成現場見学会は春になります。この冬最後の完成現場です。)

皆様のお越しをお待ちしております。

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by azusa ooba☆

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

木材・合板博物館

2013年02月14日 19時27分48秒 | 休日・プライベート

昨日休日を利用して、木材・合板博物館に行って来ました。

東京メトロ有楽町線新木場駅から徒歩7分、新木場タワー3階・4階にあります。

材木屋さんの倉庫や事務所・展示場が軒を並べる中、(さすが新木場と納得してしまいました。)一際高いビルの中にありました。

森林から木、木材・合板と地球環境をテーマとした博物館です。模型展示やパネル展示の他にも、丸太をカツラ剥きにして合板用の単板をつくる模様も実際に見る事が出来ます。

シアタールームや図書コーナーやものづくりコーナー等もあり、じっくりと腰を据えて楽しむ事も出来ます。

お近くに寄った際には、足を向けてみてはいかがでしょうか。入場無料です。

お問い合わせはホームページをご覧ください。

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by t.arai

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

板橋区赤塚/A様邸 キッチンの現場打ち合わせ

2013年02月10日 10時23分13秒 | キッチン・IHクッキングヒーター

板橋区赤塚で建築中のA様邸にて、キッチンの打ち合わせを現場で行いました。

今回の打ち合わせは、現場監督の荒井とキッチンメーカーの方とで行います。

ショールームなどで決めたキッチンを実際に現場に入れたとき問題がないかチェックします。

もちろん図面を見て検討をしておくのですが、

施工が進んだ現場を実際に確認し、寸法を測ったりすることで図面上ではわからない部分を確認します。

「この何ミリの隙間をどうするか?」

「巾木をどこまで付けるか?」

などを決め、キッチンの施工をスムーズに行えるようにしています。

キッチンメーカーの方に来ていただく事で、必要な部材などその場で解決できます。

A様邸は1・2階ともクリナップのキッチンを入れているので、

クリナップの清水さんが来てくださいました。

いつもありがとうございます!

キッチンが入りましたら、またブログでご紹介いたします♪

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by azusa ooba☆

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

現場監督のウンチク!

2013年02月09日 14時11分20秒 | FP工法/屋根・壁・床断熱材・断熱サッシ

今回は断熱材についてウンチクを少々・・・。

断熱材に使用温度の範囲があるのをご存じでしょうか?

硬質ウレタンフォーム(FPパネル)の場合、-200℃~130℃あたり

グラスウールでは、20℃~350℃あたり

フォームポリスチレン(外張断熱)の場合は、-80℃から80℃あたりになるそうです。

(保温保冷工業便覧より)

真冬は外気が10℃を下回る事も頻繁にあります。グラスウールに代表される繊維系断熱材は、高温には強くても低温では十分に性能を発揮出来ない事になります。

反対に70℃を上回る夏の屋根の場合、フォームポリスチレンでは高温に弱いため、その性能を十分に発揮出来ません。

その点、硬質ウレタンフォームは低温から高温まで、使用温度の範囲がちょうどいい為、真冬の寒さから夏の屋根の厚さまで、しっかりと断熱してくれる訳です。住宅の断熱材としてぴったりの素材だと思いませんか。

 

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by t.arai

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

北区西が丘O様邸の施行ギャラリーをアップしました!

2013年02月08日 10時59分10秒 | 注文住宅・完成・お引き渡し

先日お引渡しを致しました北区西が丘のO様邸の

完成現場の写真を施工ギャラリーにアップしました。

和室と続き間のLDKや、オープン階段など見どころいっぱいのお宅となっております。

見学会にお越し頂けなかった方、ぜひご覧くださいませ!

 

O様邸 施工ギャラリー↓↓↓

http://www.assetfor.co.jp/sekou/modelplanInfo.html?id=54

 

株式会社 アセットフォー↓↓↓↓
http://www.assetfor.co.jp
posted by azusa ooba☆

東京都練馬区北町2-13-11
03-3550-1311
東武東上線 東武練馬駅下車 徒歩4分

コメント

東武練馬/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)