練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

クローゼット扉の不具合

2020年02月10日 13時13分09秒 | メンテナンス

OB宅にお邪魔して来ました。

今回は建具の不具合を直すのが目的。

「玄関に設けたシューズクロークの扉がスムーズに開け閉め出来ない。」

定期巡回の際に相談されたんですよね。

こちらのお宅ではガイドレールをタイル仕上げの土間に埋め込み、下荷重の折れ戸を吊り込んでいます。

こんな納まりです。

折れ戸を開閉すると、途中で引っ掛かってしまいます。

原因は、すぐにわかりました。

以前にも、他のお宅で同じ症状が出ていたからです。

原因説明の為にイラストを描いてみました。

折れ戸下に取り付けられたガイドピンの写真です。

中央赤丸部分が、開閉の度にレールと擦れるので、摩耗しています。

この写真を見ると、よくわかると思います。

左が新品、右が不具合品です。

イラストのように、摩耗すると先端が下に下がってしまいます。

レールを留めているビス頭に当たってしまい、開閉不良になる訳です。

イラストではビス頭を丸く描いていますが、現場は頭の平らなビスで留め付けています。

それでも、引っ掛かってしまうようです。

まずは、メーカー担当者に電話して、ガイドピンのユニットを4個取り寄せます。

当然、無償にしてもらいました。

脚立を立て、建具を一旦取外します。

外した建具下側に取り付けられたガイドピンユニットです。

取り外すと、こうなります。

ここに新しいガイドピンを挿し込み、もう一度建具を吊り込んで完了です。

建具×2SET、計4個のユニットを交換しました。

すり減ったユニットは、ゴミとして破棄します。

摩耗する部位に、樹脂を使うなんて・・・。

どう考えても設計ミスだと思うんですよね。

まだ、5年しか経っていません。

室内で使う場合と違い、砂が入る事もあるからでしょうか?

砂が入れば、より摩耗が進みます。

それでもガイドピンユニットの無償供給が続くうちは、我慢出来ます。

有償なんて言い始めたら・・・。

猛抗議するしかありません。

交換に要する時間は、10分/本くらいでしょうか。

サービス扱いで対応していますが、交換の手間だってバカになりません。

既に5件ほど発生してるんですよね・・・。

メーカーに改善要求はしているんですが・・・。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分  


コメント   この記事についてブログを書く
« 隙間風が増えた気がする・・・ | トップ | 風邪とインフルエンザ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

メンテナンス」カテゴリの最新記事