練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

玄関が一番問題なんです。

2019年08月11日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

夏休みまで、あと一日。

日曜日とはいえ、バタバタしそうです。

台風か来るかもしれないし、現場廻って安全確認もしておかないとなりません。

今日は、ズバリ書いちゃいます。

日頃から思っていても、中々書けない事を。

家の中で一番寒くて暑いのは玄関です。

コレ、あくまでも一般論です。

でも、弊社の建てる高断熱高気密住宅においても当て嵌まります。

だって玄関ドアって、面積が大きい割に断熱性能が低いんです。

防火設備であれば尚更のこと。

だから熱の移動が大きい。

気密性も頗る低いので、隙間からの漏気を防ぐ事が出来ません。

この写真をご覧ください。

先日撮った、夏の玄関ドアです。

見事にオレンジ‼️

なんと30℃オーバー、灼熱地獄って感じです。

一方、冬の玄関はこんな感じです。

別のお宅です。

15℃くらいになっています。

寒そうでしょ?

日射遮蔽はまあまあ出来ていますが、日射取得が出来ていない玄関って多いですよね?

エアコンの風も届かないし・・・。

それなのに、この体たらく。

毎回残念に思います。

そもそも土間部分って、床に比べると圧倒的に断熱性能低いし・・・。

だから当然、夏暑く冬寒くなります。

勿論、普通の家に比べればかなりマシです。

全然気にならないレベル。

でも、その分光熱費を節約出来ません。

せめて防火木製玄関ドアを採用して欲しいなぁーと、毎回思います。

断熱・気密性能が段違いに良いんです。

例えば一般的な高断熱玄関ドアの場合です。

建物内外の温度差が20℃の時の熱ロスは100ワットです。

これを木製玄関ドアに変えれば、39ワットになります。

漏気分の熱ロスを考えれば、もっと差は大きくなります。

価格はさほど違いません。

問題は、ハンドルも含めたザインかな?

ハイドアも選べませんし・・・。

防犯性は木製玄関ドアの勝ち!

でも電気錠やカードキーの対応は難しい。

メンタナンスもそれなりに必要です。

でもその分、経年美化を楽しむことが出来ます。

こうした違いを、もっとアピールしたいですよね。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分


コメント   この記事についてブログを書く
« 床柱の施工が始まりました。 | トップ | 読書感想文に如何でしょうか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

省エネ住宅の基本」カテゴリの最新記事