練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

台風一過、そして・・・

2019年09月09日 08時00分00秒 | たわいもない話

昨日は蒸し暑かったですね。

そして台風、風が凄かった・・・。

足場を掛けている現場は、心配だったので、念のため昨日のうちにシートを捲くっておきました。

熱中症になりそうなくらい、暑かった・・・。

台風も無事、通り過ぎそうです。

七時過ぎに、捲っておいたシートが電線に引っ掛かったという電話を戴いたくらいです。

早速直してきました。

たいした事無くて、ホッとしています。

後で、シートを戻しておかないといけませんね。

台風一過で暑くならなきゃいいんですが・・・。

ちなみに昨日の東京の熱中症予報は『厳重警戒』でした。

そして今日の東京は『危険』です。

水分補給こまめに行い、休憩をきちんと取らないといけませんね。

 

熱中症は、気温が高い時だけではなく、湿度が高い時にも発生しやすくなります。

汗が蒸発しにくいと体温が上昇するからです。

直射日光や照り返しの当たる場合も注意が必要です。

熱中症の原因となる暑さの要素には、以下の4つがあります。

気温

湿度

輻射(放射)熱

気流

また、これらを総合的に考慮した指数を『暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)』といいます。

 

WBGTが高い時に熱中症が起こりやすいため、この指数が労働現場やスポーツ時、日常生活での熱中症予防の目安として使われています。

湿球温度は湿度

黒球温度は輻射熱

乾球温度は気温を加味した温度です。

また、WBGTは屋外・屋内それぞれを以下の方法で求めます。

屋外:WBGT = 0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度

屋内:WBGT = 0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

日常生活に関するWBGTの指針は、次の通りです。

そして、運動もしくは肉体労働に関するWBGTの指針がこちらです。

私の場合は、こっちですよね。

危険ということは、労働中止を意味します。

無理は厳禁ということでしょう・・・。

体調と相談しながら、作業を進めます。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分


コメント   この記事についてブログを書く
« 洗面化粧台からの漏水 | トップ | 下地を調整します。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

たわいもない話」カテゴリの最新記事