練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

とんだ災難です。

2019年01月11日 14時21分24秒 | メンテナンス

昨年暮れの話です。

築6年超の弊社OB宅の件で、保険会社から連絡が入りました。

どうやら道路側に設置されたウッドデッキに車が接触したらしい・・・。

原状回復の見積をして欲しいという依頼でした。

早速、当時施工をお願いした専門業者に現場確認&見積依頼をしましたが年内は無理との事。

その旨を先方に伝え、新年明けてからの現場確認となりました。

南面道路に面した掃き出し窓の外側に設けたウッドデッキです。

写真ではわかりにくいとは思いますが、道路に対して建物が斜めに接している為、階段状にデッキの出巾を取って設置してあります。

一番手前のデッキは無傷ですが、真ん中のデッキと奥のデッキの一部に損傷が見られます。

恐らく手前から真ん中に当たり、その衝撃が奥のデッキに伝わったんでしょうね。

樹脂製のウッドデッキを採用していました。

ここで残念なことがわかりました。

このデッキ、もう既に廃盤になっていて部材を手配する事が出来ないそうです。

後継品は、色も異なり断面寸法も異なるとの事。

どうやら、壊れた部分のみの修理は出来ないようです。

全て一旦撤去し、新たな部材で作り直す必要があるようです。

そう、全交換です。

再利用できるのは、デッキ下の土間コンと昇り降りのための階段のみとなります。

そしてデッキの上には、エアコンの室外機が2台載っています。

これも一旦配管を外し、他の場所へ移動します。

そしてデッキ修理の完了後、再設置することになります。

その間、エアコンは使えません。

陽当たり良いし、断熱性能も充分高いですから、これは問題ないとは思いますが・・・。

部材寸法が異なる為、原状回復したデッキの平面形状は若干異なることになります。

原状よりも出っ張ったり、へこんだり・・・。

敷地から出ないように注意が必要です。

大事に育てたバラの樹があるんですが、工事の際には邪魔になるんです。

植え替えもしくは切断する事になります。

たくさんある植木も移動するしかありません・・・。

緑化地域の為、再度これらを植えなければならないし・・・。

デッキ下の荷物も、全て移動しなければならないし・・・。

こんな時は、木製デッキにしておけば良かったのかな?

と疑問に思います。

必要な枚数の板を用意して、加工・取付を行い、塗装するだけですから、相当小規模の工事で済みます。

工期もそうですが、費用も随分と変わったでしょうね。

エアコンの室外機だって、少し移動するだけで済んだ筈です。

設置した当初は、初期コストやメンテナンスの事を考えて、この製品を選択した訳ですが、こんな事態になるとは考えてもいませんでした。

メーカーもメーカーですよね。

後継品を作るなら、同じ形状にしてくれればいいのに。

色違いくらいなら、仕方ないと諦められるけど・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 構造現場見学会を開催します。 | トップ | 知って欲しいことがあります。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メンテナンス」カテゴリの最新記事