練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

目覚まし時計の代わり⁉️

2020年01月14日 08時00分00秒 | たわいもない話

今朝も地震がありました。

自宅(川口市)付近の震度は3らしい。

もっと揺れたように感じます。

そろそろ起きようかな?

という時間だったので、目覚まし代わりになりました。

でも最近多くないですか?

やっぱり近いのかな?

こんなデーターもあります。

 

上図は今後30年間に震度6弱以上の揺れが起こる確率を示しています。

『世界有数の地震大国』と言われる我が国です。

地震に備える必要を強く感じませんか?

勿論、弊社に来てくれる『家を建てたいと言う方』には必ず地震の話と耐震等級3の話をします。

首都圏におけるМ7クラスの地震は1703年・1855年・1923年に発生しています。

М8クラスの大規模地震は200~400年周期。

その前にはМ7クラスの地震が多発しています。

М7クラスの地震が発生する確率は70%程度と推定されているそうです。

予想される死者数は約23000人。
建物等の被害も、約61万棟と予想されています。
こんな話をしてるんです。。

そして許容応力度計算の話もしています。

熊本地震における木造住宅の建築時期別損傷比率を挙げました。

住み続ける事を前提とすれば、悪くても『一部損傷』程度に留めておきたいところです。

この表だけで判断することはできませんが、耐震等級3の家に大規模半壊以上の被害が出ていない事はわかります。

許容応力度計算を行い、耐震等級3を確保する。

この事を、しっかりとご説明しているんです。

でもあまり乗ってこない気がします。

反応が薄いんですよね。

地震に慣れちゃったのかな?

それでも、訴え続けていく積りです。

地震からご家族を守る家、これって絶対必要だと思います。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分  


コメント   この記事についてブログを書く
« 雨漏りの現実 | トップ | プライマーとボンドブレーカー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

たわいもない話」カテゴリの最新記事