練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

調湿効果のあるボード

2019年09月10日 08時00分00秒 | 新商品紹介

昨日の拙ブログでちょっと書かせて戴いた、調湿効果が期待できそうな石膏ボードの事を書きたいと思います。

製品名はタイガーハイクリンスカットボード、吉野石膏の製品です。

別に新しい製品では無いんですよね。

イマサラ・・・、という感じです。

湿度が高い時は吸湿を行います。

そして湿度が低くなると、放湿。

6帖の部屋で、壁・天井にスカットボードを施工した場合の吸湿量は4.5リットルにもなるようです。

本当かな?

実験の詳しい条件がわからないので、勝手に推測して確かめてみたいと思います。

天井高さを一般的な2.4m仮定した時の室容積は、2.73×3.64×2.40≒23.85㎥。

空気の重さはおよそ1kg/㎥ですから、この部屋の空気はおよそ23.85kgになります。

湿度を下げる実験ですから、当然夏ですよね。

室温28℃/相対湿度60%と仮定します。

この時の絶対湿度はおよそ14g/kgDAです。

これを快適湿度の目安12g/kgDAにしようとすれば、その差2g/kgDAの水蒸気を吸湿すればいい訳です。

23.85kgの空気1kg当たりの水蒸気量を2g減らすという事は、その量は47.7gとなります。

4.5リットルと言えば4500gです。

まだ全体量の10%にしか、過ぎません。

楽勝じゃん

でも、吸放湿の境界が示されていないんですよね。

何%位で吸湿と放湿が切り替わるんだろう?

高湿の状態が続けば、いつかは満タンになっちゃうだろうし・・・。

ボードの湿度が空気の湿度よりも高くなれば、放湿するのかな?

6帖間の天井・壁面積の合計は、開口部が無いとすればおよそ40.5㎡です。

内訳は壁30.6㎡、9.9㎡。

それぞれの石膏ボードの厚さは12.5mmと9.5mm。

体積は0.38㎥と0.09㎥、足して0.47㎥になります。

これってリットルに換算すれば47リットルです。

体積の9.5%もの水を、石膏ボードって保持できるのかな?

躯体に影響は出ないの?

もう少し、詳しく聞いてみたいと思います。

あくまでも、エアコンの補助のつもりでいた方がいいのかもしれませんね。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分


コメント   この記事についてブログを書く
« 下地を調整します。 | トップ | 夏の終わりの暑さ対策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新商品紹介」カテゴリの最新記事