練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

OB宅訪問

2020年01月11日 15時02分59秒 | お客様から教えていただくこと

築10年超の弊社OB宅にお邪魔してきました。

当時の標準的なサイディングを張った外壁は、驚くほどキレイでびっくりしました。

高耐久シーリングの採用も検討しましたが、予算の関係で最終的には従来のシーリング施工を行った現場です。

シーリングに異常も見当たらず、まだまだメンテナンスの必要はありません。

割と閑静な住宅地の中にあり、前面道路が狭隘な為車の通行も少ないのが影響しているのかも知れません。

でも、北側の一部に『藻』と思われる緑色が見られました。

参考に別のお宅の写真を挙げてみました。

外壁に苔や藻が生える原因は、風通しと直射日光が関係しています。

風通しが悪かったり、直射日光が当たらない場所ほど苔や藻が発生しやすいんです。

また、サイディングの柄による違いもあります。

横目の場合は縦目に比べて、凹凸に水分が残りにくい為、どうしても苔や藻が発生しやすいんですよね。

今回も、まさにソレでした。

苔や藻をそのまま放置するのは、外壁にとって良くありません。

外壁材の寿命を縮める場合もありますから、早めのクリーングをお勧めします。

ホームセンターで専用クリナーを購入し、ご自分で簡単に行うことが出来ますから・・・。

 

写真のクリーナーは、モルタル・コンクリート・ALC・ブロック・タイル等の表面に発生した藻や苔・黴に効果的です。

発生部に噴霧し、しばらく放置し、水で洗い流せば完了。

割と簡単にできます。

高所作業時には梯子の利用が必要となりますが、通常は低い位置に発生する事が多いと思います。


室内も非常にキレイでした。

無垢の床には、自然オイルが塗られ良い感じに経年美化していました。

カバ桜が飴色になっているんです。

ご主人が、お手入れをしているとの事。

床材も喜んでいると思います。

ウッドチップ入り紙クロス(オガファーザー)の上に塗られたしっくい調塗料もキレイなまま!

帯電しないので、埃汚れも引き寄せません。

横から光が当たった際の陰影がまた、良いんですよね。

猫ちゃんが爪でガリガリしている所以外は、施工当時と変わりませんでした。

「先日来た方には、新築ですか?と聞かれました。」

「友人には、居心地が良いと褒められます。長っ尻で困る事もありますけど・・・。」

OBご夫妻も、大喜びのご様子。

無垢の建具・造作材・家具とアイボリーの内装材が、カフェのような雰囲気を演出していて、ご馳走になったコーヒーもおいしく戴けました。

紙クロスも良いけど、しっくい調塗料もいいですね。

光の反射がやわらかいので、見ていて落ち着きます。

この塗料、匂いも良いんです。

猫ちゃん達の臭いも、全然感じませんでした。

換気システムも機能しているようですね。


実は我が家の内壁にもオガファーザーを採用しています。

予算の関係で、無塗装のまま仕上げました。

でも上塗を掛けるつもりで塗料は購入済なんです。

そろそろ、塗る時期が来ています。

纏った時間が出来たらDIYする積り・・・。

でも家具の移動が面倒臭いんです。

いつになる事やら・・・。


築10年超の建物を見てもらうのも良いですね。

OB宅訪問に採り入れてみようかな?

経年美化と経年劣化の違いを実感してもらえると思います。

「諦めないで良かったと思います。良い色になって来ました。」

そうお話している奥様の嬉しそうな顔を見ていると、お勧めして良かったなと思います。

これだから、OB宅訪問は止められません。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分  


コメント   この記事についてブログを書く
« 湿度に関する質問 | トップ | ダクトレス換気 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お客様から教えていただくこと」カテゴリの最新記事