練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

西日が差す窓

2019年08月07日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

昨日と今日はアセットフォーの定休日。

連日の蒸し暑さ、堪りません。

先日のことです。

涼しい家の中にいました。

完成間近の高断熱・高気密住宅。

日射遮蔽がきちんと出来ているため、日差しは室内に差していません。

でも2階西側の部屋だけ、窓から西日が差しているんです。

聞いてみると、後日シェードを取付けるらしい。

床に落ちた日差しを見ながら、なんとなく暑さを感じたんです。

でも、温度計は他の部屋と同じ値を示しています。

湿度も一緒です。

床の表面温度が高くなっているようです。

サーモカメラを見ると、日の当たる床・窓ガラスは少しだけ高温を示していました。

そこから発する熱線が、私の身体に当たり体感温度を高めていると思われます。

空気の温度が低くても、表面温度が高ければ涼しくなりません。

知ってはいたけれど、改めて実感した一瞬でした。

全体が快適だからこそ、わずかな暑さを身体が見逃さなかったのかしれません。

この手の体感って、積み重ねが重要です。

色々な体感が知識を裏付けてくれます。

体感が伴うと、説明がわかりやすくなると思います。

意識的にこういった環境をつくり、体感してもらう機会をつくるのもいいですね。

完成現場見学会でやってみようと思いました。

晴れていなければ無理なんですが・・・。

でも寒暖の感性って、個人差があるんですよね。

少し暑いでしょ?

これが日射遮蔽の効果なんですよ!

えっ?充分涼しいと思います。

うちは、もっと暑いし・・・。

こんな事になったりして・・・。

posted by Hoppy Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分 


コメント   この記事についてブログを書く
« 窓で決まります。 | トップ | 高床式の建物に入ってみました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

省エネ住宅の基本」カテゴリの最新記事