練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

マンションって暖かい

2019年05月15日 08時00分00秒 | 断熱改修・リフォーム

今日は水曜日、アセットフォーはお休みです。

バタバタした1週間でした。

いゃー、疲れた・・・。

昨日は、弊社近くの築古マンションの改装をお考えの方とお話する機会も頂けました。

雰囲気の良い店舗だな。

ちよっと話を聞いてみようかな?

と思ってくれたそうです。

ありがたい話です。


問題のお宅は片廊下型のマンション7階にあります。

3方とも部屋と接していません。

つまり、天井と床以外は全て外気に接していることになります。

・・・。

昔の記憶が蘇ってきました。

コレ、以前に私が住んでいた賃貸マンションと同じ環境なんです。

そのマンションは日当たりも悪く、冬の結露が凄かった・・・。

暖房を掛けると壁が結露でビショビショになります。

シングルガラスのサッシもビショビショ。

しかも、壁や窓からの冷輻射でちっとも暖かくなりません。

たぶん同じだと思います。

話を聞いてみると、案の定・・・。

夏の風通しは抜群に良いとの事。

反対に冬は寒くて仕方ない・・・。

でしょうね。

だと思います。

コンクリート壁には断熱材なんて貼ってないし、サッシはアルミ&シングルガラスです。

隙間も多々あるでしょう。

寒くない筈がありません。

マンションは暖かいという話を聞いたことがあると思います。

これ、真実です。

だって一般的な木造住宅に比べて気密性が高いし、上下左右のお宅が同じ時期に暖房を行っているため床・壁・天井が温められています。

イラストのように、最上階や外気に接している端っこでない限り、外気の影響を受けにくいんです。

しかも日射は十分期待できます。

現行の省エネ基準で作られた家と比較しても、十分暖かいです。

新しい木造住宅にマンションから引っ越すと、寒く感じる理由もここにあります。

でも今回のマンションは、外気の影響をモロ受けてしまうんですよね。

壁と窓の断熱強化を図りたいと思います。

予算内でどこまで出来るのか?

やり甲斐のある仕事ですね。

無垢材を使ったインテリアにも拘りたいと思います。

posted by Hoppy Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11 

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分  

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 自然塗料を塗ってみました。 | トップ | へえ〜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

断熱改修・リフォーム」カテゴリの最新記事