練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

隙間風が増えた気がする・・・

2020年02月10日 08時00分00秒 | お客様から教えていただくこと

OB宅にお邪魔してお話を聞いていると、こんな事を言われます。

「以前に比べて、隙間風が増えた気がする。」

「お風呂に入っていると、肩の当たりがスースーする。」

こんな場合、大抵は引違いサッシが原因です。

構造上、引違いサッシって隙間が多いんです。

第3種換気システムを採用するケースが多い弊社の場合、建物内は外に比べて負圧になります。

隙間があれば、外気がそこから侵入します。

冬であれば冷たい空気が入ることになります。

本来であれば、自然給気口から入る筈なんです。

でも給気口には厚さ40mmの花粉フィルターが取付けてあるので、空気が入りにくい構造になっています。

そして引違いの隙間から入ることに・・・。

しかも隙間の面積が小さいため、風速が早くなります。

結果、冷たく感じることになってしまいます。

口を窄めて息を吐くと冷たく感じるけど、大きく開けて息を吐いても冷たく感じないのと同じです。

ご入居して1~2年目は、あまりの暖かさに感動するそうです。

でも、いずれ普通に感じてしまいます。

だんだん感覚が鋭くなり、寒さに対して敏感になるんだと思います。

隙間風の冷たさが気になって仕方ありません。

そして、先程のセリフが口から出ることになります。

「おそらく2年目くらいに、隙間風を感じることになると思います。」

お引渡し立ち合いの際に、引違いサッシを指さしてお伝えするようにしています。

「クレセント回りと上下のレールとサッシの取合い部分辺りが冷たく感じる筈です。」

でも、大抵の方は覚えていません。

「そうだったかしら・・・。」

お風呂のケースはあまりありません。

極力、嵌め殺し窓を設置するようにしているからです。

裸に隙間風は堪えるでしょ?

でも網入りガラスを嫌がり、防火シャッターの設置をする方もいるので・・・。

いずれにしても、対策はひとつしかありません。

換気システムの風量を抑えることです。

弊社では、0.5回/h換気を徹底しています。

でも、実際には0.35回/h程度で問題ありません。

「隙間風が冷たく感じる場合は、風量を落としてください。」

これで、大抵は解決します。

 

でもこの手の不満が解決しない家って、意外と多いようですね。

こんなアンケート結果があります。

5年以内に新築した先輩家族1000人に聞いた結果です。

Q.住んでみて不満に感じたことは?

暖かい家を求めて新築した筈なのに、寒さが気になる家が多いなんて不思議ですよね。

でも、暑さ・寒さや乾燥・隙間風は瑕疵に当たりません。

無償是正を求める事は出来ないんです。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分  


コメント   この記事についてブログを書く
« OB宅見学会を行いました。 | トップ | クローゼット扉の不具合 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

お客様から教えていただくこと」カテゴリの最新記事