練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

寒くありませんか?

2019年12月02日 08時00分00秒 | 健康住宅

 

毎朝寒いですね。

あなたの寝ている寝室の今朝の温度は何度になっていますか?

すぐに布団から出ることは可能ですか?

こんなグラフがあります。

冬季の寝室の平均気温を都市別にプロットしたものです。

大半が12℃を下回っています。

深夜から早朝にかけては相当低温になっていることでしょう。

こんなデーターもあります。

温暖地といっても、冬はやっぱり寒いんです。


人体に深刻なリスクが現れるのが16℃、高齢者の低体温症が現れるのが10℃と言われているのをご存知ですか?

寝室の温度は18℃以上が好ましいそうです。

でもこの温度を超えているのは、金沢と札幌くらい・・・。

もはや冬の暖房は必須です。

寒くなったら暖房する、これを間欠暖房と言います。

寝ている間に寒くなったら、どうしますか?

ちゃんとタイマーを活用していますか?

寒い所で暖房する、これを局所暖房といいます。

暖かい部屋と寒い部屋をつくっていませんか?

部屋間温度差をヒートショックと言います。

これ、危ないんです。

家中、ずーっと暖房する、これを全館連続暖房と言います。

健康的には望ましいけど、省エネ的にはどうでしょうか?

断熱性能・気密性能が低い家で、全館連続暖房を図ると増エネになります。

でも断熱・気密性能の高く、正しい日射対策を行った家であれば、健康で省エネ性の高い家も可能です。

すまいの性能向上はご家族の健康に関わる大きな問題になりつつあります。

ご家族の健康を守るのは、あなたの使命です。

寒い家って、重大な人権侵害だと思います。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分 


コメント   この記事についてブログを書く
« 石焼芋の続き | トップ | 建築廃材の処分 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康住宅」カテゴリの最新記事