練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

冬の暖かさづくりのポイント

2018年10月12日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

雨粒が落ち始めました。

冷たい雨になりそうですね。

『ひと雨ごとに寒くなる。』

あっという間に、冬が来るかも・・・。

さあ!

前回の続きです。

冬の暖かさづくりの基本は、充分な断熱によって『表面温度を下げないこと』なんです。

室温が20℃でも、床・壁・天井や窓の表面温度が低ければ寒く感じてしまいます。

反対に表面温度が高ければ、暖かく感じますよ。

断熱性能ばかりではありせん。

気密性能が低ければ、暖房をすればするほど天井から暖気が逃げてしまいます。

そして床から冷たい外気が侵入し、寒くなる。

こうした温度ムラは、『頭がボーツとするほど暖かく、足元はヒャッとする環境』をつくります。

家は家族を守るシェルターです。

雨風や暑さ・寒さから身を守ってくれます。

そして、その性能を高めるためには『断熱・気密』性能は欠かせません。

高い断熱・気密性能を備えた建物は、快適かつ堅牢です。

次の世代のストックとして、長期に渡り住み続けることだって可能なんです。

まずは表面温度を高めることのできる建物にしましょう。

そうすれば、『室温20℃で充分に暖かい家』になります。

えっ、我が家ですか?

エアコンの温度は19℃、充分に暖かいですよ。

続く・・・。

何回かに分けて、ご紹介しています。

旭ファイバーグラス㈱

体感原理

というパンフレットから、その一部を抜粋・転載させてもらいました。

気が短い方は、ネットで検索してみてください。

見つけられると思いますよ・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 面材耐力壁 | トップ | 鉄筋、組んでいます。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

省エネ住宅の基本」カテゴリの最新記事