練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

木材の敵7

2016年03月26日 08時00分00秒 | 省エネ住宅の基本

 

『木材・腐朽・シロアリ・キクイムシ・腐食並びに防腐・防蟻処理及び耐久性に関する基礎知識』のご紹介、まだまだ続きます。

第7回目も『腐朽』についてのお話です。

建物を腐朽から守る為には、水分を完全に遮断する事が大切です。

また水分が侵入してきても、長時間滞留させないで建物の外に排出する構造を工夫する必要があります。

未知の要因によって、水の滞留の恐れが回避出来ない時は、薬剤による防腐措置を行う必要があります。

土台などは腐りやすい環境にあると言えるでしょう。

構造的な工夫としては、以下のようなものが挙げられます。

1.水平部材については、十分な水返し勾配をつける。

2.水仕舞を完璧にする。特に接合部においては水を滞留させないように水切りの工夫をする。

3.1及び2の構法的配慮をした上で、止むを得ず水掛かりの恐れがある部位の木材は、耐朽性の高い樹種および材料を用いる。

今回はここまでとします。

次回は『シロアリ』についてのお話をさせていただきます。

  

  http://www.assetfor.co.jp
  posted by Asset Red

  東京都練馬区北町2-13-11
     03-3550-1311
 東武東上線 東武練馬駅下車5分


コメント   この記事についてブログを書く
« 木材の敵6 | トップ | そもそも換気とは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

省エネ住宅の基本」カテゴリの最新記事