練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

猫の足跡

2019年11月16日 11時55分14秒 | たわいもない話

駐車スペースの土間にクラックが入ったお宅です。

土間を斫ってみましたが、特に原因はわかりませんでした。

念のため、砕石地業を丁寧に行いました。

そして既存コンクリートにアンカーを打ち込みます。

これで、新しく打った土間が下がることはありません。

水道メーターの蓋等を養生して打設スタートです。

あっと言う間に打設完了です。

この後、浮き水がひくのを待って仕上げます。

一般的なコンクリートは、打ち込み後しばらくするとコンクリー ト内部の水が上方へ浮き上がります。

表面に出てきた水分を浮き水( ブ リーディング水 )と呼ぶんです。

これが発生する間は、鏝で表面を均すことはできません。

そして日照や気温・湿度により、浮き水がひく時間は様々です。

ただ、ひたすら待つしかありません。

目を離していると、ご近所の猫ちゃんが足跡を残す事もあります。

コンクリートの匂いなんですかね?

それとも、コンクリートが固まる時に発する微妙な熱なんでしょうか?

コンクリートを打設すると、必ずと言っていいほど、付近の猫がその上を歩くんです。

人が立ち入らないようにしますが、猫が立ち入らないようにするのは無理だと思います。

このタイミングで見つけたら、すぐに足跡を消します。

でも仕上げて現場を離れた後であれば、どうしようもありません。

運を天に任せるしかありません。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分 


コメント   この記事についてブログを書く
« 嬉しいニュースです。 | トップ | 漏気と気密性 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

たわいもない話」カテゴリの最新記事