練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

ブローイング工事

2019年05月10日 18時22分38秒 | FP工法/屋根・壁・床断熱材・断熱サッシ

晴れ時々曇りという天気予報の練馬・板橋です。

最高気温は28℃になるらしい。

とにかく暑い一日でした・・・。

『FPの家 S邸』

今日も現場は大賑わい。

車の置き場もないくらいです。

こんな車が横付けしているんだから、仕方ありません。

しかも嵩張る荷物が、すぐ傍に積み上げられています。

コレ、セルロースファイバーです。

原材料は古紙。

繊維状になっていて、ホウ砂が添加されています。

これを25kg/㎥の密度で天井裏に吹き込むんです。

ブローイング工法と言います。

先ほどの車には、セルロースファイバーを吹き込む為の機械が据え付けられています。

この機械にホースを接続し、天井裏まで配管し、吹き込むんです。

こんな風に、施工しています。

天井裏は、こんな感じになっています。

オレンジ色のシートは、気密・防湿シートです。

一般的な建物の天井断熱と言えば、グラスウールによる充填断熱が多いと思います。

でも、施工の不具合による問題も散見されているそうです。

断熱材相互の隙間が、その原因です。

だって天井裏って、思ったほど平らではありません。

野縁もあれば吊木もあります。

おまけに配管・配線だってたくさんあるんです。

正しい施工をするのって、かなり難しいんですよね。

フィルム付きの断熱材であれば、相当の技術と手間が必要だと思います。

折角大工さんが丁寧な施工をしても、他の施工業者が触った際に動いてしまう事だってあるんです。

その点、ブローイング工法は安心です。

専門業者による責任施工です。

たっぷりと断熱材を吹き込むので、天井裏に密着し断熱欠損が生じにくくなっています。

ホウ砂のお陰で不快害虫が近づかないし、火災にも強くなります。

おまけに吸音効果も高まります。

厚く吹けば、断熱性能だって高めることが可能です。

でもその分、お値段は張ります。

費用対効果を考えれば、アリだと思うんですよね。

当然、大工さんによる気密・防湿シートの精度があっての話なんですが・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 外気を導入してみました。 | トップ | 木製建具 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

FP工法/屋根・壁・床断熱材・断熱サッシ」カテゴリの最新記事