練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

カビ対策?

2018年06月09日 08時00分00秒 | 住宅を取り巻く環境

近大/岩前先生のHEAT20におけるパワポ資料の中から一部を抜粋させていただきました。

この時期、気になるアイツの話です。

「カビ イラスト」の画像検索結果

さて、問題です。

①閉め切ってエアコンを稼働する。

②通風を行い、拭き掃除をする。

③閉め切って、ほったらかしにする。

カビの生えやすい順に並べてみましょう。

答えは以下の通りです。

③→②→①

次の問題です。

お風呂を使った後

①窓を開けて、室内に風を入れる。

②窓を閉めて、換気扇のスイッチを入れる。

カビが生えやすいのはどちらでしょうか?

答えは以下の通りです。

①の方が②よりもカビが生えやすい。

皆さんの持つイメージとは違う結果になったかも知れませんね。

カビ対策って、意外に難しいんです。

ある程度の温度・湿度があって栄養になるものがあればすぐに繁殖してしまう・・・。

カビの胞子は空気中に存在します。

室温をカビの生育温度から外すという対策には無理があります。

飛び散った石鹸カスや垢・ふけも栄養になっちゃうし・・・。

湿度を50%程度にコントロールできればいいんですが・・・。

例えば食パンの場合・・・

気温28℃/湿度80%に保った環境であれば、約3日でカビが顕微鏡で確認され、翌日には目視確認できるそうです。

湿度を変動させるのであれば、50%の時間が1日に半分以上あればカビは生えにくくなるようです。

住宅に使われる建材であれば、食パンよりも1週間程度カビの生える時間が長くなるそうですよ。

カビが生えないようしたければ、まずは『窓を開けない』ようにするのが一番のようです。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンクリート、打設しました。 | トップ | 現場見学会の準備をしました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住宅を取り巻く環境」カテゴリの最新記事