練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

木っ端の再利用

2019年11月21日 17時58分41秒 | 木育・住育

無事、福岡から帰って来ました。

最近、弊社事務所の前にはこんな箱が置いてあります。

リフォーム現場で余った木っ端を入れてあります。

写真を撮った時には、シート貼りのトライウッドが入っていました。

しばらく残っていましたよ。

今は長さ600mm程度の集成カウンターの切れ端と、長さ500mm程度のLVL製間柱が置かれています。

現場で余っていたものを拾って来ました。

廃材として処分場に運び、廃棄処分をすれば費用が掛かります。

でも近隣の皆様に再利用して貰えれば、費用は掛かりません。

もちろん、無料で差し上げます。

「ありがとうございます。」

「これ、戴いていいんですか?」

なんて声を掛けて頂けると、うれしいですよね。

リフォーム現場から弊社までの距離は、およそ800m。

その距離を端材を持って歩きます。

遊歩道になっているので、安心だし気持ち良いんです。

車は極力使いません。

良い運動になりますから。

以前は中々捌けなかった端材ですが、最近は割とすぐに無くなっています。

木っ端置き場の存在が、認識してもらえたのなぁー。

お子さんの長期休暇であれば、工作用の材料として喜んでもらえると思います。

ちなみに格子用の化粧材の木っ端は、すぐに無くなりました。

壁付手摺用の丸棒も然り。

最近気がついた事があります。 

大きな部材は、意外と人気ありません。

運ぶのが大変なのかな?

先端が斜めになっていると敬遠される傾向があります。

先端をまっすぐに加工すれば、すぐに無くなるかもしれません。

毎日、少しづつ足していくようにしています。

「こんな材料、ありませんか?」

なんて、声を掛けられる日が来たりして・・・。

お子さんが多いのかなぁー?

そうだ!

冬休みに工作教室を計画してみよう。

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

東武東上線 東武練馬駅下車5分 


コメント   この記事についてブログを書く
« 福岡の朝 | トップ | どう伝えたらいいの❓ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

木育・住育」カテゴリの最新記事