練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

何の縁?

2018年10月07日 16時25分51秒 | メンテナンス

静かな日曜日。

世間様は3連休の中日なんですね。

天気も良いし、のんびり出来そうですね。

今日は、お客様の家にお呼ばれしました。

築18年、2×4工法の3階建て専用住宅。

弊社のOBではありません。

しかも、施工エリア外・・・。

お世話になっている『FPの家』グループの工務店で家を建てたお宅なんです。

メンテナンスに困っているそうです。

ホームページを探り当て、弊社に連絡を戴きました。

通常であれば、お断りしています。

車で25分位かかりますから。

でも、同じグループで家を建てたOB宅。

工務店の名前を聞いて、ハハーン、ナルホド・・・。と思いました。

十数年前に倒産した工務店なんです。

こうした場合には、グループ内の工務店が代わりに対応するのがグループの慣習なんです。

そして、一番近い工務店が弊社です。

知らんぷりする訳にもいきません。

実際に、弊社エリア内にある『倒産した元グループ工務店』のメンテナンスも行っています。

最初の電話は、外装リフレッシュの見積依頼でした。

「時期が来たらお願いします。」

と云われたものの、未だに声を掛けてもらえません・・・。

そして2回目の電話は、電気配線のトラブルでした。

電線劣化によるショートです。

工事業者を手配し、すぐに解決。(良かった・・・。)

そして3回目の電話は、水道配管のトラブルです。

キッチン排水から水が漏れてくる・・・。

原因は油汚れによる配管詰まりでした。

工事業者を手配して、無事解決。(これまた良かった・・・。)

そして今日は、キッチンセットの更新に関するご相談です。

まずは、ショールームに行ってもらう事に。

ついでにと云われ、見せられたのがトイレの建具でした。

ドア面材が思い切り凹んでいます。

うっかり蹴っちゃったのかな?

丁番やドアハンドルを見て、建具メーカーを特定しました。

住建産業(現ウッドワン)ですね。

ソフトアートのCB色だと思われます。

ある程度お買い求めの時期も分かるので、製品の特定も可能かと思われます。

メーカーに相談して、同じ建具をつくって貰えればラクチンです。

交換もすぐにできますしね。

建具屋さんに頼むこともできますが、製作費・施工費を合わせると金額が跳ね上がってしまいます。

調べてから、連絡することにしました。

庭に連れてこられて見せられたのが、上の写真です。

穴が開いています。

いきなり開いたそうです。

「以前、井戸がありませんでしたか?」

聞いてみました。

「ありました。」

「隣の団地が建ってから枯れてしまったので、埋めてもらったんです。」

納得です。

砂で埋めたんでしょう。

でも、息抜き管がありません。

息抜きは、井戸は生きている→埋めたら苦しいじゃん→竹を入れて息が出来るように・・

というまさに気休めなことから始まっているようです。

単なる気休めのような気がします。

でも、「中に腐食性ガスが充満して破裂しないようにするのが目的」という話も聞いたことがあるし・・・。

ちなみに弊社では、息抜き管の施工は必ず行っています。

井戸は地下水脈に繋がっています。

地下水位が上下すれば、埋めた土だって、それに合わせて流れてしまうでしょう。

少しづつ埋戻した土が流れていたんでしょう。

表面だけを残していた地面が、ある日パカッと穴を明ける。

たまにある現象です。

説明すると、安心したようです。

埋めるかどうか考えてみるそうです。

別に困っていないそうです。


倒産した工務店の話になりました。

潰れた事もご存知なかったようですね。

「〇〇建設さんのお蔭で、本当に苦労しましたよ。」

「そうか-。潰れる直前だったから、資金繰りが大変だったのかな?」

「下職の入り方が変だったし、意志の疎通が出来ていなかったんだよね。」

「もう、頼りにしないと決めていました。」

「そう、潰れたんだ・・・。」

びっくりした事がひとつあります。

ご主人が北海道に単身赴任した際に、FPの家を知ったそうです。

FPの家を建てたい!

そしてFPの家のホームページを見て、声を掛けたのはナント弊社だったんです。

ご自宅を訪ねた当時の営業マン(当時は営業マンがいたようです。)は元気に言ったそうです。

「すいません、弊社の施工エリアから外れています。」

そしてカタログを手渡し、言ったそうです。

「〇〇建設にご紹介していいですか?」

そして、〇〇建設とのトラブルが始まります。

えっ、きっかけは弊社なの

急に申し訳なくなりました。

なんとか罪滅ぼしをしないと・・・。

こんな事って、あるんですね。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 雨垂れ? | トップ | クイズです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メンテナンス」カテゴリの最新記事