練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

雨漏りの現実

2020年01月13日 08時00分00秒 | 新聞・雑誌・WEB情報

今日は成人の日、アセットフォーはお休みです。

新年早々、休んでばかりのような気がします。

でも働き方改革のご時世ですから仕方ないですよね。

まずは、こんなデーター見てもらいましょう。

以下2009年10月1日に施工された『特定住宅瑕疵担保責任の履行に確保等に関する法律』の10年経過に先立ち国交省が公表した、『制度施工10年経過を見据えた住宅瑕疵担保履行制度のあり方に関する検討会』報告書からの抜粋となります。

国交省と保険法人の連携による、雨水の侵入に係る事故の低減が会の目的です。

また対策として挙げられているのは、設計・施工基準をわかりやすく解説すること。

より詳細な仕様を明示すること。

施工に当たり留意するポイントを整理して、周知を図ることなど。

そして、実際の雨水の侵入に係る事故の割合は上グラフの通りです。

これによれば、保険事故発生に占める割合は9割を超えています。

さらに部位別に分析すれば、屋根32.1%・外壁24.2%・開口部23.9%。

こんなに事故が多いんだ・・・。

と言うのが率直な感想です。

未だに、追加外装検査を受けていない施工者が多いそうです。

瑕疵保険の現場検査は、以下のタイミングで行われています。

①基礎配筋検査

但し、施工者による自主検査の場合もあります。

基礎図面の通りに施工されているかどうかを確認する検査です。

かぶり厚さや定着長さや余長・継手位置等、耐久性と強度に関わる重要な部分を現場にて確認します。

②躯体検査

柱の種類や位置、耐力壁の仕様と位置等を確認します。

基礎配筋同様に、耐久性と強度に関わる重要な部分の為、保険会社の検査員が必ず確認します。

③追加外装下地検査

外壁防水紙や屋根、バルコニー等の施工の良し悪しを確認します。

必須検査では無い為、実施しない施工者も多いと聞きます。

雨漏りに直接関係する部分を確認する検査なので、必須にした方が良いと思うのですが・・・。

保険会社の方とお話する機会があれば、この点を必ずお願いしています。

聞くところによれば、漏水が多い施工者は、この検査を受けていない事が多いんだとか・・・。

事故ばっかり起こしていたら、恥ずかしくて仕方無い筈ですよね。

でも悪質な施工者は、保険会社を変えて実態を隠しつつ事業を続けているそうです。

保険会社相互の情報共有も出来ていないのが現状との事。

損保のように、事故の多い施工者は保険料を上げて欲しいとさえ思います。

当分実現しないんだろうなぁー。

今回の民法改正をきっかけにして、瑕疵保険も大きく変わらないのかな?

 

http://www.assetfor.co.jp 

posted by  Hoppy Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311 

東武東上線 東武練馬駅下車5分  


コメント   この記事についてブログを書く
« ダクトレス換気 | トップ | 目覚まし時計の代わり⁉️ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

新聞・雑誌・WEB情報」カテゴリの最新記事