練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

汚れにくい白壁

2018年03月12日 18時52分46秒 | 外壁・屋根・外構工事

今日は『スィーツの日』。

お菓子の魅力をより多くの人に広めるために数字の読み方の語呂あわせから制定されたそうです。

語呂合わせ?

3(リー)1(チ)2(ー)

かなり苦しい・・・。

スイーツと言えば、やはりケーキなんでしょうか?

「ホールケーキ」の画像検索結果

スィーツ男子の私でも、白い生クリームのイメージは思い浮かびます。

『FPの家 K邸』

真っ白い外壁は、白いケーキみたいにきれいです。

青空に映えるんだろうなぁー。

なんて思います。

でも、白って汚れやすいんですよね・・・。

雨や埃、鳥の糞等々。

そこで、色々な工夫をしています。

例えばサッシの下の水切です。

樹脂サッシは熱を伝えません。

結露やコールドドラフト対策としては実に有効なんですが、欠点もあります。

樹脂で出来ているため、『帯電』します。

そう、静電気を発し空気中の埃を引き寄せる訳です。

引き寄せられた埃は樹脂枠に積ります。

そこに雨が降れば、雨水とともに外壁に流れ『雨スジ』となります。

雨スジとは雨滴中に含まれる砂塵や煤煙等の成分が垂直に設置された塗膜表面にスジ状に付着したもの。

我が家の窓も樹脂窓です。

白い外壁には、うっすらと雨スジが・・・。

こんなことのないように、窓の下に水切を付けてみました。

写真は、外壁施工前のもの。

スイス漆喰を塗ると、こうなりました。

樹脂窓から滴る埃まみれの雨滴は、水切に落ち、先端から下に落ちます。

外壁からある程度の離隔距離を確保出来るため、滴が外壁に落ちることはありません。

これなら、外壁はいつまでもきれいに保てますよね。

そして、もうひとつの工夫が『撥水処理』となります。

こんな材料を使います。

薬液は乳白色でした。

ローラーでスイス漆喰の上に塗布します。

サッシ廻りのような細かい場所は、刷毛で塗ります。

塗り上がりは、塗る前と何ら変わりありません。

特に艶が出たという感じもしませんね。

これを塗ることで、汚れの付着が少なくなるそうです。

早く足場を取って、見てみたいなぁー。

 

 posted by Asset Red

 住所:東京都練馬区北町2-13-11   

 電話:03-3550-1311  

 http://www.assetfor.co.jp 

 東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 伝導のしくみ | トップ | その先の家づくり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

外壁・屋根・外構工事」カテゴリの最新記事