練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

待ったなしの地球温暖化問題

2018年09月11日 08時00分00秒 | 住宅を取り巻く環境

世界では自然災害の発生により毎年約8万人が命を失い、約2億人が被災しています。

ここ日本でもこのまま温暖化が進めば、30℃以上の真夏日が年間100日を超え、大雨が40%以上増加すると予測されています。

私達の暮らしに訪れようとしている危機、いつまでもほったらかしという訳にはいきませんよね。

待ったなしの地球温暖化問題。

冷暖房の使い過ぎも大きな課題のひとつです。

そろそろ夏も終わりに近づきつつあります。

この機会に、今夏の冷房対策を見つめ直してみるのも良いと思います。

冷房の設定温度と室温は必ずしも同じとは限りません。

いくらエアコンが頑張っても、日射遮蔽が不十分であったり、外皮の断熱・気密性能が不十分であれば室温は下がりません。

まずは、室温をまめに確認してみましょう。

色々なことがわかると思います。

冷房の目安は28℃、もちろん、着衣量や代謝量(運動量)によって違います。

エアコンの温度設定を28℃に設定した時あなたの部屋の温度は何℃になっていますか?

暑くありませんか?

他の部屋との温度差はありませんか?

壁に手を当ててみると、暖かくありませんか?

カーテンを開けると室温は何℃上がるでしょうか?

エアコンの稼働状況はどうでしょうか?

静かな風が出ていますか、それとも勢いよく風を吹き出しますか?

色々な省エネ対策があります。

グリーンカーテン&すだれ・ヨシズによる日射対策

室外機廻りの整理整頓&掃除

扇風機の併用

等々・・・。

エアコンの設定温度を1℃上げるだけで、年間49㎏の二酸化炭素を削減することが出来ます。

日本の全世帯であれば、254.8万トンです。

さて、何から始めてみましょうか?・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11  

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 続報です。 | トップ | 秘密兵器登場! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

住宅を取り巻く環境」カテゴリの最新記事