練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

カビ取り剤

2019年09月12日 08時00分00秒 | たわいもない話

そろそろ、夏も終わるのかな?

明け方の涼しさを感じると、期待しちゃいます。

「良いかび取り剤、ありませんか?」

今年も、何回か聞かれました。

そんな時は、自身の体験上、この製品をお勧めしています。

サンデーペイントのかびコロジというかび取り剤です。

以下、メーカーページからの抜粋です。

非塩素系で安心の乳酸かび取り洗浄剤。
【特長】
・発酵乳酸が持つ除菌、抗菌作用を活かしたかび取り洗浄剤。
・非塩素系なので、刺激臭がなく、目や手・肌に優しく安心してご使用可能。
・塩素系の製品と混ぜてもほとんど塩素ガスを発生しない為、『まぜるな危険』の注意がない。
・漂白タイプではないので、誤って衣服に付着してしまっても漂白されない。
【用途】
・浴室、洗面所などのかび落とし、かび防止。
・浴槽の石鹸かす、湯あか落とし、排水口の水あか、ヌメリ落とし。
・タタミ、ビニールクロス、布クロス、カーテン、カーペットの裏などにも利用可能。

木部や籐の椅子などへの使用もOKです。

ヨーグルトや漬け物でおなじみの発酵乳酸のパワーを利用しています。

昔から食品の保存や腐敗防止に利用されてきたように乳酸には除菌・抗菌作用があるんです。

また、乳酸は人間の体内にもある有機酸で、肌の保存や雑菌の繁殖防止にも役立ちます。

ひとにも、環境にもやさしい。

そんなカビ取り剤です。

私の場合は、新居に引っ越してすぐに現れた『畳のカビ』対策として使いました。

同居予定のお袋の為に用意した和室は、お風呂・洗面脱衣室・トイレのすぐ近くにあります。

でも、この部屋をお袋が使うことはありませんでした。

入居前に他界しましたから。

でも、お袋の使っていた布団が入った布団袋だけが押入に入っていたんです。

これが原因だったようです。

袋を開けるとカビだらけの布団・・・。

菌が飛んでいたんでしょうね。

畳表面に、うっすらと白い産毛のようなカビが出たんです。

色々と調べて、かびコロジを使ってみました。

スプレーして、乾いたら乾布で拭き取ります。

1週間程度経ったら、再度これを行います。

3回くらいやったでしょうか?

籐椅子や家具にも同じようにスプレーしました。

これ以降、カビは全く出ていません。

臭いも気にならないし、身体に優しいのがうれしいですよね。

カビに困ったら、是非お試しください。

気軽に使えて、便利ですよ。

 

posted by Asset Red 

住所:東京都練馬区北町2-13-11 

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分


コメント   この記事についてブログを書く
« 里山住宅博 in TUKUBA 2019... | トップ | 建物の周りを堀っています »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

たわいもない話」カテゴリの最新記事