練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

室温と肩こりの関連

2018年05月12日 08時00分00秒 | 健康住宅

国交省『スマートウェルネス住宅等推進調査事業』第2回中間報告会2018年1月29日からの抜粋・引用となります。

このプロジェクトは慶應義塾大学伊香賀教授が幹事を務めている、建築の専門家と医学の専門家が協力して進める画期的なものです。

2014年に始まりました。

断熱リフォームに半額の補助を行い、改修前後の短期的な健康への影響を継続して調べています。

住宅の状況が改善されることで平均血圧が下がると、医療費や介護費用がどの位軽減されるのか。

今回の中間発表では、そうした根拠も示されました。

血圧だけではありません。

動脈硬化指数や心電図の異常所見を始め、肩こりや腰痛についても『寒さ』との関係で興味深い結果が出ているようですね。

上図は室温と肩こりの関連を示したもの。

温暖群・中間群・寒冷群に分けられたで比較すると、肩こりの有訴割合は

温暖群の1.9倍が中間群

温暖群の3.2倍が寒冷群

となっていて、寒い家ほど肩こりが多くなることを示しています。

コレ、納得です。

肩こりの酷かった私も、今の家に引っ越してからは肩こりがすっかり軽減されましたから・・・。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 建て方の翌日 | トップ | 凄いんです! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康住宅」カテゴリの最新記事