練馬・板橋の注文住宅/アセットフォー日記(http://blog.goo.ne.jp/assetfor)

お打ち合わせ、設計、建築中現場、見学会のことなどアセットフォーの注文住宅家造りの日々を皆様にお伝えいたします。

木材の匂いを嗅ぐと、 免疫力がアップしますか?

2019年01月10日 08時00分00秒 | 健康住宅

作用の仕組みはまだ不明ですが、木材の匂い成分がストレスを軽減し、免疫細胞の働きを向上させると考えられています。

免疫細胞のひとつとしてナチュラルキラー(NK)細胞と呼ばれる細胞があります。

都内で働く30~60歳代の男性を対象とした研究では、ヒノキの匂い成分である精油がNK 活性を上昇させた可能性があるとの報告もあるそうです。

ヒノキ材精油を揮発させた室内に3日間宿泊滞在した前後のNK活性の変化を調べたところ、滞在前に比較して滞在後に有意に上昇していました。

また滞在の前後で、ストレ ス指標である尿中ノルアドレナ リンは有意に低下しています。

ストレスが軽減しそのことがNK活性の上昇につながったのではないかと考えられているようです。

実験状況:男性被験者(12 名)は連続した3日間、ホテルに19時から滞在し、23時から翌朝7時まで就寝。

宿泊室では加湿器を用いてヒノキ精油を蒸散。

1日目の朝(ホテル滞在前)と4日目の朝(3 晩滞在後)に血液を採取してNK活性を検証。

出典/ Li, Q., et al.: Int. J. Immunopathol. Pharmacol., 22, 951-959 (2009)

様々な研究により、ストレスと免疫系の働きには密接な関係 があることが示されています。

たとえば、ストレス時に分泌されるホルモンが、NK細胞の働きを抑制すると報告されています。

ストレス研究の始祖であるハンス・セリエは、ストレスへの抵抗期が長引くとやがて体が疲れ切ってしまい、正常な抵抗 力を発揮できなくなると唱えました。

ストレスを上手にコントロールすることが重要なんですね。

住まいの内装材や家具に木質製品を採用することで、ストレスコントロールが出来ると良いんですけど・・・。

科学的データによる木材・木造建築物の Q&A

木材・木造建築物はどのような効果をもたらしますか?

編集・発行 木構造振興 株式会社

より、一部をご紹介させていただきました。

posted by Asset Red

住所:東京都練馬区北町2-13-11   

電話:03-3550-1311  

http://www.assetfor.co.jp 

東武東上線 東武練馬駅下車5分

ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
« 屋根の上の会話 | トップ | 中間検査、完了です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康住宅」カテゴリの最新記事